MENU
» 【数量・期間限定】専門家が選ぶおすすめコーヒー通販サイト!

アフリカ大陸で生産されるコーヒーの特徴とは?産地や銘柄もご紹介

アフリカ産コーヒーの特徴は?

アフリカコーヒーの生産量についても知りたい!

こういった疑問や要望にお答えしていきます。

コーヒーの有名な産地としてアフリカを思い浮かべる方は多くいると思います。

しかし、どの国でどんなコーヒーを栽培しているのかということまで知っている方は少ないのではないでしょうか?

今回はアフリカ大陸で生産されるコーヒーの味や銘柄、生産量などをご紹介!

この記事の結論
  • アフリカ産のコーヒーは、フルーティーで酸味の強い銘柄が多い
  • 生産量は少なく小規模農園が多いため、ダイレクトトレードで注目されている
  • アジアではカネフォラ種の栽培が盛んだが、マンデリンなどのアラビカ種も育てている
  • 中米・南米(ラテンアメリカ)コーヒーの生産量が世界一で、バランスの取れた味わいが特徴
本記事を監修する専門家
コーヒー豆研究所 げんた
げんた

コーヒー豆研究所は、日本安全食料料理協会(JSFCA)認定のコーヒーソムリエ、げんた(@topcoffeelab)が監修しています。

それでは早速見ていきましょう!

当サイトのおすすめコーヒーはこちら
  1. 珈琲きゃろっと:世界で1台!自社開発の焙煎機で焙煎した「最高の品質・鮮度・焙煎」のコーヒー豆。今なら初回数量限定53%OFF!
  2. PostCoffeeサブスク大賞2020にて「優秀賞」を受賞!約30万通りの中から最適化された高品質なスペシャルティコーヒーが楽しめる!
  3. チャンバーコーヒー:焙煎後の一番美味しい状態でお届け!プロのコーヒー鑑定士からも高評価。会員満足度驚異の94.8%を獲得!

さらに詳しく知りたい方は「【決定版】コーヒー豆の通販おすすめ人気ランキング17選!専門家が厳選」をチェック!

タップできる目次

アフリカ系のコーヒー豆の特徴

アフリカ系のコーヒー豆の特徴

アフリカの有名な生産地はイエメン、エチオピア、ケニア、タンザニアなどがあります。

それぞれの特徴を味と精選方法から解説していきます。

アフリカ産のコーヒーはフルーティーな香りと酸味が特徴です。

甘い香りが特徴のモカが生産されているのもアフリカ(イエメン・エチオピア)です。

また、酸味が強いことでおなじみのケニアとキリマンジャロもアフリカ産です。

精製方法

アフリカでは、2種類の精製方法が採用されています。

まず、甘い香りが特徴のモカの生産地イエメンとエチオピアでは、収穫後コーヒーチェリーをそのまま乾燥させるナチュラルという精製方法を採用しています。

果実ごと乾燥されることでいい意味で濁った味わいになります。

キリマンジャロの生産地タンザニアやケニアではウォッシュドという精製方法がとられています。

ウォッシュドはコーヒーの果肉を完全に取り除いてから乾燥させるため、クリアな味わいになります

コーヒー専門家

酸味の強いコーヒーが好きな人はアフリカ産コーヒーがおすすめ!

ナチュラル・ウォッシュド製法の違いについては、以下の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
コーヒー豆のナチュラルとは?運命が分かれる3つの処理方法をご紹介 コーヒー豆のナチュラルってどんな意味があるの? コーヒー豆の処理方法について知りたい! こういった疑問や要望にお答えしていきます。 この記事から分かること コー...
あわせて読みたい
【専門家が解説】コーヒー豆のウォッシュドとは?特徴やおすすめもご紹介 ウォッシュドコーヒーはどんな味わい? ウォッシュドコーヒーの他にどのような精製方法がある? こういった疑問にお答えします。 コーヒー好きなら1度は聞いたことがあ...

アフリカ産コーヒーの有名な生産地と銘柄

アフリカ産コーヒーの有名な生産地と銘柄

アフリカでは、キリマンジャロやモカといった人気銘柄が生産されています。

ここでは、アフリカ産の有名な生産地と銘柄について紹介します。

まとめると以下になります。

アフリカ産コーヒーの有名な生産地と銘柄
  1. タンザニア(キリマンジャロ)
  2. エチオピア(モカハラー)
  3. イエメン(モカマタリ)
  4. ルワンダ
  5. ケニア

タンザニア(キリマンジャロ)

キリマンジャロコーヒーとは

強い酸味と甘い香りが特徴のキリマンジャロは、タンザニアで生産されている銘柄です。

タンザニアは、東アフリカに位置しており、アフリカ最高峰の山であるキリマンジャロが有名です。

タンザニアでとれたコーヒーがすべてキリマンジャロとして売れるわけではなく、ブコバ地区以外でとれたアラビカ豆をキリマンジャロとしています。

精製方法はウォッシュドで、すっきりとした味わいが特徴です。

酸味が強く甘い香りのコーヒーが好きな方におすすめです。

スペック

国名タンザニア
銘柄キリマンジャロ
精製方法ウォッシュド
酸味が強くすっきりとした味わい
あわせて読みたい
キリマンジャロコーヒーとは?特徴・淹れ方からおすすめ3選まで紹介 キリマンジャロコーヒーってどんな特徴があるのかな? キリマンジャロコーヒーの美味しい飲み方ってあるのかな? こういった疑問や要望にお答えしていきます。 この記事...

エチオピア(モカハラー)

エチオピアコーヒーの特徴とは?豆の種類から産地まで幅広く解説

モカハラーはエチオピアで生産されます。

モカハラーの生産地エチオピアは、タンザニアよりもやや北に位置する国です。

モカハラーはナチュラルで精製されており、フルーティーな甘い香りが特徴の銘柄です。

エチオピアでは地域によって違った名前のモカがあり、モカハラーの他にモカシダモという銘柄もあります。

フルーティーな味わいが好きな方にはおすすめです。

スペック

国名エチオピア
銘柄モカハラー、モカシダモ
精製方法ナチュラル
甘い香りとフルーティーな味わい
あわせて読みたい
エチオピアコーヒーの特徴とは?豆の種類から産地まで専門家が解説 エチオピアコーヒーってよく聞くけどどんな特徴があるの? ]確かによく聞くよね!かなりシェア率が多そうだよね… こういった疑問や要望にお答えしていきます。 この記事...

イエメン(モカマタリ)

モカマタリはイエメンで生産されています。

イエメンはサウジアラビアの南に位置する国なので、性格には中東に分類されます。

エチオピアのコーヒーとの大きな違いは精製方法で、ウォッシュドで精選されています。

そのため、濁りのあるフルーティーな味わいではなく、すっきりとした味わいになります。

特に日本人に好まれる銘柄で、フルーティーかつすっきりした味わいが好きな方におすすめです。

スペック

国名イエメン
銘柄モカマタリ
精製方法ウォッシュド
甘い香りとすっきりとした味わい
あわせて読みたい
イエメンコーヒーの特徴とは?味わい・銘柄からおすすめまでご紹介 イエメンのコーヒーってどんな特徴があるんだろう。 コーヒーが生まれたのはイエメンって本当? こういった疑問や要望にお答えしていきます。 この記事の結論 イエメン...

ルワンダ

ルワンダは生産量こそ少いですが、高品質なコーヒーで有名です。

レモンのような柑橘系の香りとマイルドな味わいが特徴です。

ルワンダには大規模農園が少なく、小さい農園とダイレクトトレードしているロースターも多いです。

ダイレクトトレードとは、焙煎業者が直接生産者から豆を買い付けること。

シングルオリジンのコーヒーが飲みたい方は、ルワンダの農園からダイレクトトレードしているお店を探してみてください。

シングルオリジンとは、生産国ごとよりもさらに細かい、地域や農園ごとに管理されたコーヒーのこと

スペック

国名ルワンダ
銘柄ルワンダ
精製方法ウォッシュド
柑橘系のような香りとマイルドな味わい
あわせて読みたい
【決定版】ルワンダコーヒーの特徴とは?農園からおすすめまでご紹介 ルワンダのコーヒーってどんな味なのかな。 ルワンダのおすすめコーヒー豆が知りたい! こういった疑問や要望にお答えしていきます。 ルワンダという名前はあまりなじみ...

ケニア

ケニアは強い酸味とフルーティーな香り、柔らかい苦みが特徴のコーヒーです。

ケニアはエチオピアの南に位置する国で、コーヒー豆の品質の高さで各国から注目されています。

同じウォッシュドで精製されているキリマンジャロと比べても、ケニアのほうが香りが上品です。

酸味が強く香り豊かなコーヒーが飲みたい方は、ケニアのコーヒーがおすすめです。

スペック

国名ケニア
銘柄ケニア
精製方法ウォッシュド
強い酸味と豊かな香り
あわせて読みたい
【決定版】ケニアコーヒーの特徴とは?味わいから豆の品種まで徹底解説 コーヒー豆って色々な生産地があるけどケニアコーヒーって美味しいの?その特徴を教えてほしい! コーヒー豆って生産地が違うだけで味も異なってくるって聞いたよ!ケニ...
コーヒー専門家

精製方法や品種の違いによって、同じアフリカでも味が大きく変わってきます。

アフリカのコーヒー生産量

アフリカのコーヒー生産量

国際連合食糧農業機関(FAO)によると、2019年のコーヒー生産量は、エチオピアが世界4位で全体の約5%を占めています。

しかし、他の国は全体の1%にも満たないような国ばかりです。

アフリカは小規模農園が多く、その中には農園ごとにブランドを持っている場合も多いので、ダイレクトトレードが盛んです。

ダイレクトトレードのコーヒーは、普通の銘柄とは少し違った味わいが楽しめるので、近年注目を浴びています。

生産量は少なくても、品質の高いコーヒー豆が生産されているといった特徴があります。

また以下は上位6カ国の生産量データです。

スクロールできます
順位国名地域生産量(t)世界計 構成比累計 構成比
1ブラジル中南米3,009,40230.0%30.0%
2ベトナムアジア16,83,97116.8%46.8%
3コロンビア中南米885,1208.8%55.6%
4インドネシアアジア760,9637.6%63.2%
5エチオピアアフリカ482,5614.8%68.0%
6ホンジュラス中南米476,3454.7%72.7%
国際連合食糧農業機関参照

より詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
コーヒー豆の生産量が多い国トップ10選!種類や味の違いを徹底解説 コーヒー豆の生産量ってどこの国が多いのかな?気になる… それぞれ世界各地の生産地の特徴や種類、味の違いを見てみたいな! こういった疑問や要望にお答えしていきます...

アフリカ産コーヒーの問題

アフリカ産コーヒーの問題

トランシード・グループのレポートによると、アフリカには立場の弱い小規模農園が多いため、仲介人に安く買いたたかれてしまうという問題があります。

これを阻止する2つの方法として、フェアトレードとダイレクトトレードがあります。

フェアトレードとは、立場の弱い農園でも適切な価格かつ継続的に取引できるシステムです。

コーヒー専門家

フェアトレードは学校でも習いましたね!

2つとも、農園のほうに適切な金額が入るというメリットがありますが、もちろんデメリットもあります。

フェアトレードは、継続的に取引が行われる代わりに、必ずしも高品質なコーヒー豆が取引できるとは限りません。

逆に、ダイレクトトレードはロースターが直接取引をするので、コーヒーの質は保証されますが、継続的に取引される保証はないので、不作の場合農園の収入がなくなってしまいます。

あわせて読みたい
【決定版】フェアトレードコーヒーとは?気になる実態から値段までご紹介 フェアトレードコーヒーってどんな特徴があるの? フェアトレードはそもそもどんな意味があるのかな? こういった疑問や要望にお答えしていきます。 一度はフェアトレー...

アフリカ大陸以外のコーヒー豆の特徴

アフリカ大陸以外のコーヒー豆の特徴

アフリカは、フルーティーで酸味の強いコーヒーが多いことが分かりましたが、他の地域のコーヒーにはどんな特徴があるのでしょうか。

ここでは、アジアと南米・中米(ラテンアメリカ)のコーヒーについて解説します。

アジア

アジアでは、インドネシアやベトナムといった東南アジア諸国でコーヒーが生産されています。

ストレートコーヒーでよく飲まれているアラビカ種ではなく、加工品やインスタントコーヒーに使われるカネフォラ種(ロブスタ種等)の生産量が多いことで有名です。

カネフォラ種には少し土臭いような香りがありますが、アラビカ種と上手くブレンドすることによって、香ばしい香りをプラスすることができます。

もちろんアラビカ種も有名で、インドネシアのスマトラ島で栽培されているマンデリンは、強い苦みが特徴の人気銘柄です。

アフリカのようなフルーティーで強い酸味のあるコーヒーとは違い、強い苦みと深いコクのある味が特徴です。

あわせて読みたい
【最新】コーヒー豆のアラビカ種とは?特徴や種類の違いについて徹底解説 コーヒー豆にあるアラビカ種って何? アラビカ種の特徴とか種類について知りたい! こういった疑問や要望にお答えしていきます。 この記事から分かること アラビカ種の...
あわせて読みたい
アラビカ種とロブスタ種の違いとは?コーヒー豆の品種の特徴を解説 アラビカ種とロブスタ種の違いは何があるの? コーヒー豆全体の品種が知りたい! こういった疑問や要望にお答えしていきます。 この記事から分かること コーヒー豆の3大...

南米・中米(ラテンアメリカ)

南米、中米はコーヒーの生産量が非常に多く、特にブラジルはコーヒーの生産量が世界一です。

有名銘柄も多く、コロンビアグアテマラジャマイカで生産されているブルーマウンテンなどがあります。

コロンビアやブルーマウンテン、ブラジルといった銘柄は苦みと酸味のバランスが非常によく、万人に親しまれる味だといえます。

コーヒーの癖がないので、どの地域のコーヒーを買うか迷った場合はラテンアメリカのコーヒーを買うのをおすすめします。

あわせて読みたい
ブラジルコーヒーの特徴とは?豆の種類から美味しい飲み方まで解説 ブラジルコーヒーの特徴が知りたい! ブラジルコーヒーの美味しい飲み方を教えてほしい…。 こういった疑問や要望にお答えしていきます。 この記事から分かること ブラジ...

フルーティーな香りと酸味が特徴のアフリカ産コーヒーを飲んでみよう!

フルーティーな香りと酸味が特徴のアフリカ産コーヒーを飲んでみよう!

いかがでしたでしょうか?

アフリカ大陸で生産されているコーヒーについて解説しました。

まとめると以下の通りです。

この記事のまとめ
  • アフリカ産のコーヒーは、フルーティーで酸味の強い銘柄が多い
  • 生産量は少なく小規模農園が多いため、ダイレクトトレードで注目されている
  • アジアではカネフォラ種の栽培が盛んだが、マンデリンなどのアラビカ種も育てている
  • 中米・南米(ラテンアメリカ)コーヒーの生産量が世界一で、バランスの取れた味わいが特徴

アフリカのコーヒー生産量はあまり高いとは言えませんが、その代わりに品質が高いのが特徴です。

中には、普通のコーヒーとは香りや味が大きく異なるものもあります。

もし、普通のコーヒーに飽きてしまったという方は、アフリカ産のコーヒーを試してみてください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
【概念が変わる?!】数々のグランプリを獲得した世界が認めるコーヒー
珈琲きゃろっと サイドバー
内容量200g×2銘柄
価格今だけ¥1,980(送料無料)※返金保証付き
コスパ 5.0
鮮度 5.0
飲みやすさ 4.5
おすすめ度 5.0

正直、コーヒーは種類がありすぎて迷ってしまいますよね。

そんな方には当サイトで一番人気の「珈琲きゃろっと」を強くおすすめします。

数々の賞を獲得し、味の美味しさはお墨付き。

スペシャルティコーヒーという世界的にも希少な高品質のコーヒー豆を使用。

際立つ香り高い風味と、後味が甘いのが特徴的。

今なら初回数量限定で、53%OFFのコーヒー豆お試しセットが楽しめます。

市販では味わえないような美味しさなので、通販で買うのがおすすめ。

コク
深い
あっさり
甘み
強い
弱い
酸味
強い
弱い
苦味
強い
弱い
香り
強い
弱い

\ 今だけ初回限定53%OFF /

この記事を書いた人

下垣零士のアバター 下垣零士 コーヒー豆研究所 公式ライター/コーヒーインストラクター

甘いものとコーヒーに目がないブロガーです。コーヒーインストラクター2級とコーヒーソムリエの資格を所持しています。コーヒー初心者の方からコーヒーに詳しい方まで、多くの人に楽しんでいただけるような記事を書いていきます。

目次
トップへ
タップできる目次
閉じる