コーヒーの知識

【最新】コーヒーに含まれる栄養素とは?詳しい成分から効果まで解説

コーヒーに含まれる栄養成分とは?驚くべきたくさんの効果があった
コーヒーの栄養ってどのくらいあるの?コーヒーって体に良さそうだけど、よくわからない。
コーヒーって実際どのくらいの効果があるの?コーヒー豆をそのまま食べると良いことあるのかな?

今回はこういった疑問にお答えしていきます。

この記事を読むことで以下のことが分かるようになります。

  • コーヒーの主な栄養素・成分
  • コーヒー豆の栄養素・成分
  • コーヒー豆をそのまま食べた時の栄養素・成分
  • コーヒーを飲むおすすめの時間帯

本記事の信頼性

コーヒー豆研究所(@topcoffeelab)では、コーヒーの専門家が監修しています。コーヒーをこよなく愛し続けて約8年。バリスタとしての経験がありながら、現在はコーヒー豆&粉の専門家として日々活動中です。独自ブランドのコーヒー豆も販売中。

それでは早速見ていきましょう。

当サイトのおすすめコーヒーはこちら
  1. 珈琲きゃろっと:世界で1台!自社開発の焙煎機で焙煎した「最高の品質・鮮度・焙煎」のコーヒー豆。今なら初回数量限定45%OFF!
  2. ドイコーヒー:会員数3万人を超える、超人気のリピート商品!注文を受けてから焙煎するから新鮮。初めてのセットがおすすめ!
  3. カフェーパウリスタ:芥川龍之介やジョン・レノンも絶賛した、農薬・化学肥料不使用のコーヒー。

さらに詳しくおすすめのコーヒーが知りたい方は「コーヒー豆&粉のおすすめ人気通販店11選!安い豆から高級豆まで」をチェック!

コーヒーの栄養素のほとんどは水

コーヒーの栄養素のほとんどは水

結論、コーヒーの栄養素のほとんどは水です。

豊かなコクと苦味、そして芳醇な香りのコーヒーには非常に多くの成分で作られているように感じられますが、実際はそうでもありません。

意外かもしれないですが、コーヒーの主成分のほとんどが水なのです。

98%以上が水分で作られていて、コーヒーの独特の味と香りを作り出している成分・栄養素は、全体の2%にも満たしません。

以下の表は、文部科学省の「日本食品標準成分表」で公開されているコーヒーの主な成分になります。

コーヒーに含まれる主な成分

成分所有量
水分98.6g
炭水化物0.7g
タンパク質0.2g
灰分0.2g
カリウム65mg
リン7mg
カルシウム2mg
ナトリウム1mg
ナイアシン0.8mg
ビタミンB20.01mg
脂質微量
微量

※こちらのデータは、コーヒー粉末10gを熱湯150mlで浸出した場合の成分量になります。

コーヒーに含まれる栄養素・成分の主な効果

コーヒーに含まれる栄養素・成分の主な効果

コーヒーに含まれる栄養素・成分の効果はたくさんあります。

そのため、まずはコーヒーに含まれる主な栄養素をまとめました。そのなかで効果を解説していきます。

コーヒーに含まれる主な栄養素
  • カフェイン
  • クロロゲン酸
  • 香り(栄養素ではないですが、これは大きなコーヒーの効果であるため述べておきます。)

一つ一つ解説していきます。

カフェイン

一番有名な栄養素として挙げられるが、この「カフェイン」ではないでしょうか?

カフェインには脳を活性化させ、大きな覚醒効果をもたらしてくれます。

そのため、集中力を高めてくれるのです。

よくエナジードリンクを飲む方がいますが、実際はパフォーマンスを上げてくれません。

それであれば、コーヒーを飲むことをおすすめします。

また胃酸の分泌を促進して消化を助けてくれ、利尿作用で老廃物を排出しやすくするといった効果も認められています。

仕事に集中できないときは是非コーヒーを飲んでみてはいかがでしょうか?

コーヒーの飲み過ぎはカフェイン摂取過剰になるので、十分にカフェインの効果を得ることが出来ない場合もあります。

ダイエット効果が期待できる

そしてコーヒーの効果について一番興味をそそられるのが、ダイエット効果ではないでしょうか。

コーヒーに含まれているカフェインには、脂肪分解酵素の働きを活発にする効果があります。

また同様に、コーヒーに含まれているクロロゲン酸にも、脂肪の分解を促進する効果があります。

この2つの栄養の効果により、ダイエットにおすすめな飲み物と言っても過言ではないでしょう。

コーヒーの栄養や成分を理解して、コーヒーをダイエットに役立てみましょう。

コーヒーダイエットに関しては「コーヒーダイエットとは?その驚くべき効果と飲むべきタイミング【最新】」の記事をチェック!

コーヒーの成分に含まれるダイエット効果
【最新】コーヒーダイエットとは?効果・口コミからおすすめまで解説コーヒーダイエットについて徹底解説していきます。コーヒーにはたくさんの成分が含まれていますが、その中にはダイエット効果が期待されています。最後には注意点をご紹介しつつ飲むべきタイミングなども細かく解説していくので、悩んでいる方は必見です! ...

クロロゲン酸

クロロゲン酸は、あまり聞き慣れない言葉ですがコーヒーに多く含まれる栄養になります。

クロロゲン酸と聞くと何を思い浮かべますか?

コーヒーだけでなく、お茶などにも多く含まれている栄養成分です。

健康向上効果が期待できる

コーヒーには薬効成分が含まれており、その主な栄養成分が「クロロゲン酸」です。

クロロゲン酸には、糖尿病、がん、動脈硬化などを予防してくれるという研究結果も出ています。

そのため、コーヒーの健康効果は今注目を集めているのです。

コーヒーは抗酸化作用があり、コーヒーが好きな方には肝臓ガンが少ないことも研究結果で出ています。

毎日のコーヒーで、ダイエットや健康向上効果があるというのは、非常に素晴らしいことです。

病気になってからでは遅いため、毎日の予防が大切なのです。

コーヒーに含まれる栄養は、驚きの効果をもたらします。

コーヒー独特の香り

これも一種のコーヒーから享受出来る大きな栄養です。

コーヒーのあの独特の香りは、人間に非常に大きな効果を与えます。

リラックス効果が期待できる

コーヒーの香りには、大きなリラックス効果があります。

皆さんは一度はカフェに行ったことがると思います。

そこで、コーヒーの匂いが心地よく感じたことはありませんか?

バリスタ
バリスタ
確かにそうかもしれない!カフェっていい匂いするよね!

コーヒー豆を挽いてドリップすると、空間にコーヒーの香りが広がります。

コーヒーには、ダイエット効果が期待できる期待栄養成分が含まれていると言われていますが、コーヒーの「香り」成分も、精神的な面で良い効果があります。

コーヒーの香り成分(栄養)には、脳の血流を促進しα波を上昇させる効果があります。

このα波はリラックス効果をもたらします。

つまり、コーヒーの香りを嗅ぐと、自然とリラックス出来るのです。

コーヒーには疲労回復効果もあるため、空き時間や休憩時間にコーヒーは最適な飲み物でしょう。

コーヒー豆に含まれる栄養素・成分

コーヒー豆に含まれる栄養素・成分

コーヒー豆は、その形状が豆のようであることから、呼び名に「豆」と付けられていますが、実はマメ科の植物ではありません。

アカネ科に属する被子植物で、その果実の種を取り出し、乾燥させたものを私達はコーヒー豆と呼んでいるのです。

当然のことながら、「種」には多くの栄養素が含まれています。

多くの生物にとって不可欠な「三大栄養素」とも呼ばれる炭水化物やタンパク質、脂質を多く含んでいます。

  1. 炭水化物
  2. タンパク質
  3. 脂質

具体的な成分

成分所有量
全多糖類50~55%
少糖類6~8%
脂質12~18%
遊離アミノ酸2%
タンパク質11~13%
全クロロゲン酸類5.5~8%
カフェイン0.9~1.2%
トリゴネン1~1.2%
脂肪族酸1.5~2%
無機成分3~4.2%

先程の3つの栄養素をより詳しく解説したのが、上記の表になります。

コーヒー豆のまま食べることも可能!栄養成分も変わってくる

コーヒー豆のまま食べることも可能!栄養成分も変わってくる

コーヒー豆はその抽出液を飲むだけでなく、豆のまま食べることも可能です。

コーヒー豆をチョコレートでコーティングしたお菓子や、砕いて生地に練り込んだケーキやクッキーなどが一般的です。

コーヒー豆をそのまま食べることによって、コーヒーの抽出液にはあまり含まれない以下の栄養成分が摂取できます。

  • 炭水化物
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • 脂質…etc.

味はコーヒーよりもかなり濃厚で、特に苦味&酸味が強く感じられるので、少し食べにくく感じる人も多いです。

コーヒー豆をそのまま食べることのメリット・デメリットをより詳しく書いた記事があるので「コーヒー豆をそのまま食べるとどうなるの?効果・効能と注意点を解説」を参考にしてみて下さい。

コーヒー豆をそのまま食べるとどうなるの?効果・効能と注意点を解説
コーヒー豆をそのまま食べるとどうなるの?効果・効能と注意点を解説今回はコーヒー豆をそのまま食べることどうなるのか、について徹底解説していきます。コーヒー豆にはたくさんの成分が含まれていますが、どのような効果・効能があるのでしょうか?また食べる際などの注意点や量、カロリーもご紹介します!...

コーヒー豆の美味しい食べ方

コーヒー豆の美味しい食べ方としては、焙煎後の豆を砕いて甘いお菓子に混ぜる方法。

歯ごたえがよく、香ばしい風味もあるため食べやすいでしょう。

チョコレートにコーティングして食べるのもおすすめです。

またコーヒー豆に含まれるカフェインは、コーヒーを抽出する時、約80~90%が溶出されます。

しかしコーヒー豆のまま食べた場合、含まれるカフェインを全て摂取することになります。

気付かないうちにカフェインの過剰摂取になっていることもあるので、食べ過ぎには注意が必要。

おすすめのコーヒー豆チョコレートについては「【保存版】コーヒー豆チョコのおすすめ9選!香り立つ大人の贅沢おやつ」の記事をチェック!

コーヒー豆チョコのおすすめ9選!香り立つ大人の贅沢おやつ【保存版】
【保存版】コーヒー豆チョコのおすすめ9選!香り立つ大人の贅沢おやつおすすめのコーヒー豆チョコを9つご紹介します。カリカリっとした食感と芳醇なコーヒーの香りがやみつきになりますよね…。カルディや明治、セブンなどのコーヒー豆チョコもご紹介するので是非参考にしてみて下さい。最後にはカフェインについても解説しますよ!...

コーヒーの栄養素を理解して適度に楽しく飲もう!

コーヒーの栄養素を理解して適度に楽しく飲もう!

いかがだったでしょうか?

コーヒーに含まれる栄養素についてご紹介しつつ、詳しい成分から効果まで解説しました!

今回の記事で重要なことをまとめると以下のとおりです。

  • コーヒーに含まれる主な栄養素は、カフェイン、クロロゲン酸、香り
  • 98%以上が水分で作られていて、コーヒーの独特の味と香りを作り出している成分・栄養素は、全体の2%にも満たない
  • コーヒー豆とコーヒーでは栄養素・成分は変わってくる

あなたが知らないような栄養素や効果がありましたか?

この他にも多くの栄養がコーヒー豆には含まれています。

昔は「悪魔の種」とみなされ、恐れられていたそうですが今ではどこにでも普及しています。

それだけのインパクトがあるということですね。

また現在では、コーヒーのカフェイン成分を使ったボディメイクコーヒーも誕生しています。

詳しくは「カフェテインとは?口コミから効果までの評判を徹底解説【決定版】」の記事をチェック!

カフェテイン
【決定版】カフェテインとは?口コミから効果までの評判を徹底解説痩せない・痩せるなどで話題のカフェテインについて徹底解説していきます。気になるカフェテインの口コミから効果効能まで評判を細かくお伝えします。飲むタイミングや成分についても踏まえつつ、おすすめのポイントをご紹介するので、迷っている方は必見です! ...
ABOUT ME
コーヒー豆研究員
コーヒー豆研究員
コーヒーをこよなく愛し続けて約8年。バリスタの経験を持ち、コーヒー豆&粉の専門家として日々活動中!バリスタの勉強方法や資格知識もありつつ、今は焙煎士に興味アリ。独自ブランドのコーヒー豆も販売中。YouTubeもやっています。このサイトでは毎日"香りから始まるひと時を。"をモットーに、コーヒー豆についての情報や皆様に役立つ情報をブログを通して発信しています。いいなと思ったら是非、拡散よろしくお願い致します。
TVや雑誌で話題のチャコールバターコーヒー

チャコールバターコーヒーなかなかダイエットは習慣化しないですよね…。

そこでおすすめなのが、TVや雑誌などで多数注目を集めている「チャコールバターコーヒー」。

海外セレブも実践する”朝の習慣”は、1杯の香り高いコーヒーが燃焼モードに早変わり!

活性炭入りバターコーヒーで、累計12万セットを突破しています。

今ならキャンペーンで1杯50円で販売中。

Amazonのレビューは800件以上で、星4つと高評価!

圧倒的な手軽さインスタントタイプで毎日手軽
美味しさ香り高い美味しさが特徴
体感があるお腹が空かなくなる、お通じがよくなったなどの意見があった
LINEでの接客LINEで即相談できる
価格¥1,980(圧倒的に安い

» 詳細ページ» 公式サイト

こちらの記事もおすすめ!