MENU
» 【数量・期間限定】専門家が選ぶおすすめコーヒー豆&粉!

ブレンドコーヒーとは?おすすめの組み合わせから豆まで徹底解説

ブレンドコーヒーって何?その意味を知りたい!

ブレンドコーヒーのおすすめが知りたい!配合比が気になる…。

こういった疑問にお答えしていきます。

この記事から分かること
  • ブレンドコーヒーとは何か
  • コーヒーの種類
  • ブレンドコーヒーのメリット・デメリット
  • おすすめのブレンドコーヒー
本記事を監修する専門家
コーヒー豆研究所 げんた
げんた

コーヒー豆研究所は、日本安全食料料理協会(JSFCA)認定のコーヒーソムリエ、げんた(@topcoffeelab)が監修しています。

それでは早速見ていきましょう。

当サイトのおすすめコーヒーはこちら
  1. 珈琲きゃろっと:世界で1台!自社開発の焙煎機で焙煎した「最高の品質・鮮度・焙煎」のコーヒー豆。今なら初回数量限定53%OFF!
  2. BeansExpress:バランスのとれた飲みやすいブレンド!焙煎歴30年のベテラン焙煎士が1つ1つ丁寧に焙煎。ホットでもアイス美味しい!
  3. ドイコーヒー会員数3万人を超える人気のリピート商品!質にこだわったコーヒーが魅力で、注文を受けてから焙煎するから超新鮮。

さらに詳しく知りたい方は「【決定版】コーヒー豆の通販おすすめ人気ランキング13選!専門家が厳選」をチェック!

目次

ブレンドコーヒーとは?

ブレンドコーヒーとは?

そもそもブレンドコーヒーとは、様々な(2種類以上)コーヒー豆を混ぜたものになります。

つまり、複数のコーヒー豆をブレンドして淹れたものが「ブレンドコーヒー」です。

あなたも知っている通り、コーヒー豆には産地や品種などたくさんの種類があります。

そのため、原料の豆によって味は異なり、焙煎具合によって香りや深みなども変わってきます。

「いろいろなコーヒー豆があるから、いろいろ混ぜて美味しい配合比で飲んだほうが良いよね」という意味です。

よく耳にする「ブルーマウンテンブレンド」のように、特定の豆の名前がついたブレンドコーヒーも存在します。

これは特定のコーヒー豆を一定量以上含んでいるブレンドという意味になります。

コーヒーはブレンド・ストレート・レギュラーの3種類

コーヒーはブレンド・ストレート・レギュラーの3種類

大きくわけてコーヒーはブレンド・ストレート・レギュラーの3種類あります。

ブレンドコーヒーについては上記で解説したので、割愛します。

ストレートコーヒー

ストレートコーヒーは、収穫された豆の品名をそのまま使ったコーヒーです。

他のコーヒー豆と合わせて焙煎することはしないので、同じコーヒー豆でもその年で飲み口が少し変わることが多々あります。

ブレンドしていない分、味の深みはあまり期待できませんが、味をストレートに味わえるので一定数のファンがいます。

それぞれのブランドを等級別に区分けしていき、その味の違いを飲み比べる飲み方もおすすめです。

コーヒー専門家

ストレートコーヒーの醍醐味だね!

レギュラーコーヒー

ストレートコーヒーやレギュラーコーヒーと全く別なのがレギュラーコーヒー。

レギュラーコーヒーは焙煎されたコーヒー豆を挽いて粉状にし、お湯を入れて抽出しやすいようにした状態のことを指します。

挽くコーヒー豆は、ストレートコーヒーやブレンドコーヒーの豆を使用します。

挽きたての香りはとても香ばしく、自宅で飲む直前にレギュラーコーヒーに仕上げるコーヒーファンも多いです。

あわせて読みたい
レギュラーコーヒーとは?基礎知識から種類別のおすすめまでご紹介 レギュラーコーヒーってよく聞くけどどういう意味なの? おすすめのレギュラーコーヒーが知りたい! こういった疑問にお答えしていきます。 この記事から分かること レ...

ブレンドコーヒーのメリット

ブレンドコーヒーのメリット

ブレンドコーヒーのメリットはまとめると以下の通りです。

  • 安定した味を楽しめる
  • バランスの取れたコーヒーが味わえる

1つ1つ解説します。

安定した味を楽しめる

コーヒーは農作物であるので、その年の生産高に左右されて美味しさに偏りが出てしまうことがあります。

しかし、ブレンドコーヒーの場合そんな心配は一切無用です。

いつ、どんなときでも安定したコーヒーを楽しむことができます。

バランスの取れたコーヒーが味わえる

ストレートコーヒーは酸味が強いものや苦みが強いものなど、それぞれに特徴があります。

一方、ブレンドコーヒーは基本的に苦味や酸味などバランスが整った味を楽しめるように配合されています。

そのため、どんな方でも美味しいコーヒーを飲むことができるのです。

ブレンドコーヒーのデメリット

ブレンドコーヒーのデメリット

ここではブレンドコーヒーのデメリットをご紹介していきます。

結論、ブレンドコーヒーはコーヒーの種類1つ1つの特徴の違いを楽しむといった飲み方には不向きです。

インドネシアやケニア、ブラジル産コーヒー豆といったように、シングルオリジンには国の違いだけでもかなりの数があります。

またそこに精製方法の違い、農園の違い、品種の違いなどと、一口にコーヒーと言っても様々な違いがあります。

げんた

シングルオリジンとは

こうしたコーヒーの「違い」「ユニークさ」を楽しみたいのであれば、シングルオリジンのコーヒーがおすすめです。

ブレンドコーヒーは、コーヒーの種類1つ1つの特徴の違いを楽しめない。

シングルオリジンとは?

シングルオリジンは、生産国という大きなカテゴリーではなく、農場や生産者、品種や精製方法などの単位で一銘柄のことを表します。

ワインを想像するとわかりやすいでしょう。

同様のフランス産ワインでも、ボルドーやブルゴーニュ、シャンパーニュとあるように、コーヒーも産地などで分けることができます。

おすすめのブレンドコーヒーの組み合わせ

おすすめのブレンドコーヒーの組み合わせ!

ここではおすすめのブレンドコーヒーの組み合わせをご紹介していきます。

是非自分でコーヒーを配合する際の参考にしてみてください。

今回は中心となるベースをあなたの好みに合わせられるように3つの味わいをご紹介します。

  1. 酸味を重視
  2. 香りを重視
  3. コクを重視

1つ1つ解説します。

酸味を重視

酸味を重視するならキリマンジャロやコロンビアがおすすめです。

特にキリマンジャロは酸味だけではなく、深いコクも期待できるため、焙煎の方法によって味を使い分けることが可能。

コロンビアは市販のブレンドコーヒーでも使われることが多いようとされています。

香りを重視

香りを重視するなら、ブルーマウンテンやブラジル、グアテマラなどのコーヒー豆がおすすめです。

ブルーマウンテンは香りが特徴的なので、圧倒的なファンが多いブランドでも知られています。

グアテマラは深い香りやコクが期待できますし、ブラジルは酸味が苦手な方におすすめ。

コクを重視

コクを重視するならモカやトラジャ、コナがおすすめです。

特にモカは甘い香りが特徴で、飲んだあともマイルドな口当たりが魅力。

あわせて読みたい
【厳選】甘いコーヒーとは?種類からおすすめのコーヒー豆&粉までご紹介 ブラックでも甘いコーヒー豆ってあるの?おすすめも知りたい…。 甘いコーヒー豆の種類と特徴どんなものがあるのかな? こういった疑問にお答えしていきます。 この記事...

トラジャは高いコクがありますが、酸味がないコーヒー豆なので少し物足りない方は酸味のある豆を配合するのが良いでしょう。

おすすめのブレンドコーヒー豆&粉3選

おすすめのブレンドコーヒー豆&粉3選

では最後におすすめのブレンドコーヒー豆&粉3選をご紹介していきます。

まとめると以下の通りです。

  1. 極上コーヒーセレクション
  2. スターバックスローストハウスブレンドコーヒー
  3. マウントハーゲン カフェインレスインスタントコーヒー

1つ1つ解説します。

1. マエストロが監修したオリジナルブレンドコーヒー「極上コーヒーセレクション」

2. イタリアを代表するマエストロが監修したコーヒー豆定期便「極上コーヒーセレクション」

最初にご紹介するおすすめのブレンドコーヒーは「極上コーヒーセレクション」。

その中でもおすすめは定期便です。

イタリア屈指のマエストロ監修のコーヒーを毎月お届けしてくれるかなりの優秀コーヒー店。

コーヒー愛好家の方はもちろんのこと、コーヒー初心者の方にも大好評の豊富なラインナップが特徴的!

50種近くのコーヒー豆から厳選しているので、外れる可能性は少ないはずです。

毎月各地の香り高いコーヒーが飲める

「極上コーヒーセレクション」では毎月様々な世界各地のコーヒー豆を選ぶことができます。

生産地の雰囲気を是非感じとってください。

また苦味と酸味のバランスが良く、後味が大好評!

袋を開けた時の香り、コーヒー豆を挽いたときの香り、落ちた際の香りがそれぞれ心地よいのが特徴です。

淹れたての一杯はまさに至福のひととき。

是非、定期便で購入してみてはいかがでしょうか?

定期便の詳細

定期サイクル月1回
定期購入価格¥2,700(税込)
送料無料

2. コストコで大人気「スターバックスローストハウスブレンドコーヒー」

1. コストコのコーヒー豆ならこれ「カークランド スターバックスロースト ハウスブレンドコーヒー」

名前に「スターバックスロースト」と入っていることから分かるかと思いますが、実はこのコーヒー豆は「スターバックス」とのコラボレーション商品です。

コーヒー豆の産地はペルーのみ。

しっかりとした苦味に加え、濃い味わいが特徴的。

ココアのような風味も特徴

こちらのコーヒー豆はココアのような風味と、少し濃いめのブラックティーのようなコクもあります。

そのため、ミルクやチョコレートを一緒に入れてカフェモカ風にアレンジしても美味しいでしょう。

907g×2パックで、¥4,120とコスパ抜群です。

created by Rinker
Starbucks(スターバックス)
¥4,550 (2021/09/24 05:43:20時点 Amazon調べ-詳細)

3. カフェインを避けたい方におすすめ「マウントハーゲン カフェインレスインスタントコーヒー」

10. オーガニックのカフェインレスコーヒー「マウントハーゲン オーガニックフェアトレード」

妊娠中の方や授乳中の方、何らかの理由でカフェインを抑えたい人におすすめのブレンドコーヒーです。

スティックタイプのコーヒーなので、簡単にパパッと作れる手軽さが魅力です。

特別な方法でカフェインを除去しているため、深い味わいと豊かな香りはそのまま感じられるのが特徴。

100gで¥1,159です。

お気に入りの配合比でブレンドコーヒーを楽しもう!

お気に入りの配合比でブレンドコーヒーを楽しもう!

いかがだったでしょうか?

ブレンドコーヒーについてご紹介しつつ、おすすめの組み合わせから豆まで徹底解説しました。

ブレンドコーヒーは、様々な(2種類以上)コーヒー豆を混ぜたものになります。

基本的に初心者はブレンドコーヒーを飲んで楽しむ方が良いでしょう。

1つ1つコーヒーの特徴をストレートで味わうのもいいですが、最初はブレンドコーヒーの醍醐味を感じみてください。

また今回ご紹介したおすすめのブレンドコーヒーを参考にしつつ、お気に入りの配合比でブレンドコーヒーを楽しみましょう!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる