種類・飲み方

【決定版】コーヒーカクテルとは?おすすめレシピから注意点まで解説

コーヒーカクテルを飲む際の注意点
コーヒーカクテルって何?おすすめのレシピが知りたい!
コーヒーカクテルは大人のほろ酔いが楽しめる?かっこいいよね。

今回はこういった疑問にお答えしていきます。

この記事を読むことで以下のことが分かるようになります。

分かること
  • コーヒーカクテルとは何か
  • コーヒーカクテルをより美味しく飲む方法
  • おすすめレシピ3選
  • 飲む際の注意点

本記事の信頼性

コーヒー豆研究所では日本安全食料料理協会(JSFCA)認定のコーヒーソムリエ、げんた(@topcoffeelab)が監修しています。コーヒーをこよなく愛し続けて約8年。バリスタとしての経験がありながら、現在は独自ブランドのコーヒー豆も販売中。

それでは早速見ていきましょう。

当サイトのおすすめコーヒーはこちら
  1. 珈琲きゃろっと:世界で1台!自社開発の焙煎機で焙煎した「最高の品質・鮮度・焙煎」のコーヒー豆。今なら初回数量限定45%OFF!
  2. BeansExpress:バランスのとれた飲みやすいブレンド!焙煎歴30年のベテラン焙煎士が1つ1つ丁寧に焙煎。
  3. ドイコーヒー:会員数3万人を超える人気のリピート商品!注文を受けてから焙煎するから新鮮。

さらに詳しく知りたい方は「【決定版】コーヒー豆の通販おすすめ人気ランキング13選!専門家が厳選」をチェック!

コーヒーカクテルとは?

コーヒーカクテルとは?

コーヒーカクテルとは、コーヒーを副材料として使用したお酒のことをさします。

コーヒーにもお酒にも体を温める効果があるように、コーヒーカクテルは飲むと元気が湧いてきます。

栄養ドリンクの主な成分はカフェイン、アルコール、糖分です。

アルコールが血管を広げカフェインと糖分が一気に体内を回ることで元気がみなぎってくるように作られています。

コーヒーカクテルの人気は上昇中

最近では、エスプレッソマティーニと呼ばれるコーヒーとお酒を掛け合わせてグラスに注いだコーヒーカクテルが国内、海外問わず大人気です。

皆さんはコーヒーカクテルを飲んだことがありますか?

カルーアミルクでお馴染みのコーヒーリキュール・カルーアを使用したカクテルは、一番メジャーなコーヒーカクテルと言えるでしょう。

今回は市販の材料を使用して簡単にプロバーテンダー級の美味しいコーヒーカクテルが作れる秘密のレシピまで公開いたします。

自分の好きな濃さ、甘さで好きなだけコーヒーカクテルを堪能できたら最高ですよね!

この記事を読めばカルーアのようなコーヒーリキュールを自作する方法から、アレンジレシピまで様々知ることができます。

コロナが落ち着いたらオリジナルコーヒーカクテルでパーティーをしてみてはいかがですか?

ぜひ最後までお楽しみください。

コーヒーカクテルのジャンル

コーヒーカクテルのジャンル

さてコーヒーカクテルには3つのジャンルがあります。

まとめると以下の通りです。

  1. 抽出したコーヒーをお酒と割った作り方
  2. コーヒー味のお酒での作り方
  3. コーヒーの粉などを振りかけた作り方

1つずつみていきましょう。

1. 抽出したコーヒーをお酒と割った作り方

この方法で一番有名なカクテルは、アイリッシュコーヒーではないでしょうか?

アイリッシュコーヒーの基本的なレシピは、以下の通りです。

ホットコーヒー100ml、Jameson ウイスキー15mlに砂糖をお好みで混ぜグラスに注いだら、上にホイップした生クリームをのせます。

寒い時に体を温めるには最適のカクテルです。

2. コーヒー味のお酒での作り方

こちらは先ほど紹介したカルーアミルクのように、コーヒー味のリキュールを使用したカクテルです。

アルカディアというカクテルがあるのですが、そちらは卵黄、コーヒー、メロンリキュールを加えたカクテルになります。

材料の組み合わせは衝撃的ですが、大人のミルクプリンのようでなかなか美味しいですよ!

3. コーヒーの粉などを振りかけた作り方

冬になるとティラミスラテといった飲み物が人気ですね。

こちらは通常のラテにマスカルポーネチーズクリームをのせたドリンクになります。

カクテルにする際には牛乳60ml、ウォッカ10mlに直接マスカルポーネチーズを加えよく混ぜ合わせると、ティラミスベースができます。

その上からコーヒーの粉をかけてあげるととても美味しいです。

もちろんコーヒーをベースに加えてもいいですが、コーヒーの粉だけでコーヒー味を作るのもまた違った楽しみです。

こうしたコーヒーカクテルが家で作れると普段のコーヒーライフがもっと楽しくなります。

それではコーヒー豆研究所限定、オリジナルコーヒーカクテルレシピをご紹介いたします。

コーヒーカクテルのおすすめレシピ3選

コーヒーカクテルのおすすめレシピ3選

カクテルと聞くとシェイカーなど持っていないよと思うかもしれませんが、家にあるものでも全く問題ありません。

シェイカーは冷やすと混ぜるを同時に行うことで早くお客様に提供するためのものです。

おうちで作る際にはシェイカーなどで混ぜた後に、氷で冷やしてあげれば効果は同じです。

通常家で使うカップは200mlくらいですが、カクテルに使うグラスはたった90mlのグラスです。

カクテルは量を飲むためのものではなく、繊細な香りと味を少量楽しむものですので、できればワイングラスなど少量で映えるものにいれて作ってみてください。

それではオリジナルカクテルです。

1. 味の変化が楽しめる「エスプレッソアロママティーニ」

エスプレッソアロママティーニ

こちらは国内、海外問わずかなり人気があるのでレシピはかなりの数が出てきますが、家でも簡単に作れる私のオリジナルの作り方を紹介いたします。

材料は以下の通り。

  • インスタントコーヒー3gを水20gで溶いたもの
  • GIN20ml
  • オレンジジュース20ml
  • シュガーシロップ2つ

具体的な作り方

  1. 上の材料を全てをミキサーにいれます。
  2. 材料が混ざったら一度大きめなカップに注ぎ、氷をいれます。この時お箸やスプーンなどで軽く回して冷やしましょう。
  3. よく冷えたら氷が入らないようにスプーンで抑えながらカクテルグラスに移しましょう。

GIN(ジン)に含まれる爽やかなオレンジの香りをオレンジジュースでより膨らませた柑橘系のカクテルになります。

この記事を読んでいるあなたは既に浅煎りコーヒーの虜になっているかもしれません。

インスタントコーヒーの代わりに浅煎りコーヒーを使えば、プロが出している味そのものを作り出せます。

2. 甘さ際立つコーヒーカクテル「自作カルーア」

自作カルーア

カルーアミルクは好きだけど、ちょっと甘いよねという方は自分でカルーアを作ってしまいましょう。

作り方は2種類いたって簡単です。

コーヒー豆を直接漬け込む

1つめはラム酒を買ってきてコーヒー豆を直接漬け込んでいきます。

分量はラム700gに対しお好きなコーヒー豆70g、大体10%程度のコーヒー豆をいれておけば大丈夫です。

この方法をインフューズと呼びますが、2日目で味が出てきます。

1週間経つとより濃い味が出るので、味の濃さはご自身でお選びいただけます。

このレシピではお酒を焼酎、ブランデー、ウォッカ何に変えても楽しめます。

より詳しい情報は「コーヒー酒とは?種類から美味しい作り方・飲み方まで完全解説【最新】」の記事をチェック!

より美味しいコーヒー酒を楽しむ方法
【最新】コーヒー酒とは?種類から美味しい作り方・飲み方まで完全解説コーヒーとお酒の相性は良く、昔から親しまれていますよね。そこで今回はコーヒー酒について徹底解説していきます。気になる種類から美味しい作り方、飲み方まで幅広く解説します!コーヒー好きだけでなく、カクテルや日本酒が好きな方も必見です。...

コーヒーとラムを1:1で混ぜる

2つめの方法は抽出したコーヒーとラムを1:1で混ぜ合わせるだけです。

特には以前、コーヒー豆研究所でもご紹介したラテベース特集、お好きなラテベースを混ぜれば濃い目のコーヒーリキュールが作れます。

お好きなバランスでコーヒーリキュールと牛乳を加えてください。

コーヒー豆で作る時や無糖ラテベースの時は甘味が入っていないので、お好みでシュガーシロップを加えましょう。

ラテベースについては「ラテベースのおすすめ7選!無糖からカフェインレスタイプまでご紹介」の記事をチェック!

ラテベースは一度試してみる価値アリ!
ラテベースのおすすめ7選!無糖からカフェインレスタイプまでご紹介ラテベースのおすすめを7つご紹介していきます。ラテベースは種類がたくさんありますが、無糖からカフェインレスタイプまで幅広くご紹介します!冒頭でラテベースの選び方をお伝えしつつ、最後には美味しい作り方を公開するので、悩んでいる方は必見です。...

3. ドイツビールの究極のコク「ブラックビール」

ブラックビール

ビールが好きだけど近くのコンビニにあまり美味しい黒ビールが売ってないなぁと思っている方はいらっしゃいませんか?

あのコクと甘味はなかなか良いものを見つけるの大変ですよね。

そこでそのコクと甘味を簡単に再現する方法が、普通のビールに濃いコーヒーを加える方法です。

材料は以下の通り。

  • 普通の缶ビール1本
  • インスタントコーヒー3g

具体的な作り方

  1. インスタントコーヒー3gを少量のビールで溶かします。
  2. 泡立ちやすいので気をつけながらゆっくり残りのビールを注ぎ入れます。

これで完成です。

1つ目の工程の段階で、シュガーポーションを加えれば甘味がさらに増し、より黒ビールに近くなります。

もちろん自分で淹れたコーヒーでも大丈夫ですよ。

コーヒーカクテルを飲む際の注意点

コーヒーカクテルを飲む際の注意点

ここではコーヒーカクテルを飲む際の注意点をご紹介します。

結論、コーヒーカクテルの飲みすぎには注意が必要です。

コーヒーカクテルはそもそも、コーヒーとカクテルでできています。

1つずつ詳しく解説します。

コーヒー

コーヒーの効果には、主に覚醒効果があります。

そのため、飲みすぎるとその覚醒効果が続いてしまい、寝れなくなってしまう可能性があります。

そのため、なるべく飲みすぎは避け、1日3杯までにとどめておきましょう。

コーヒーの飲みすぎについては「コーヒーの飲み過ぎは危険?その症状と具体的な対処方法をご紹介【最新】」の記事をチェック!

不調を感じたらコーヒーを飲むのは控えて飲み過ぎを防ごう!
【最新】コーヒーの飲み過ぎは危険?その症状と具体的な対処方法をご紹介コーヒーの飲み過ぎに潜む危険性とその対処方法について徹底解説。今回の記事で挙げる症状が見られたら、あなたはコーヒーの飲み過ぎかもしれません!コーヒーを飲むことのリスクや逆に良い効果についてもご紹介。気持ち悪さや頭痛などを減らしたい方は必見です。...

カクテル(アルコール)

カクテルは、結論、アルコールです。

そのため、アルコールの過剰摂取で、酔いだけではなく、肝疾患などの病気にも繋がる可能性があります。

飲酒を続け、アルコール性肝炎やアルコール肝線維症になると、発熱や腹痛の自覚症状が出始めます。

それでも飲酒を続けると肝障害の末期である肝硬変になる危険性があるのです。

コーヒー専門家
コーヒー専門家
何事にも適量が大切だね!

コーヒーカクテルでひと味違った楽しみ方を経験しよう!

コーヒーカクテルでひと味違った楽しみ方を経験しよう!

いかがだったでしょうか?

今回の記事ではコーヒーカクテルの魅力、家での楽しみ方を紹介いたしました。

今回の記事で重要なことをまとめると以下のとおりです。

  • コーヒーカクテルは、コーヒーを副材料として使用したお酒のこと
  • コーヒーカクテルには3つのジャンルがある
  • 飲みすぎには注意が必要

コーヒーは豆の産地、焙煎段階、抽出器具によって何倍もの味の違いを引き出せます。

そのコーヒーの楽しさを知っているあなたは、更にこのコーヒーカクテルでまた何十倍ものアレンジを思いついてしまったことでしょう。

コーヒーはこの美味しさだけではなく、脂肪燃焼効果や脂肪の蓄積を防ぐダイエット効果や、心疾患などの生活習慣病予防にも役立ちます。

飲み過ぎはもちろん厳禁ですが、コーヒーもアルコールも少量を楽しむ分には体にとってとても有益です。

ぜひ普段のコーヒーをより楽しく彩ってみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
manager_sugaya
コーヒーが全く飲めないところから、ある時飲んだたった一杯のコーヒーに衝撃を受けてバリスタに転身。3rd Wave Coffee有名店で店長を勤める。あらゆるコーヒーの楽しみ方を模索し、1kgの焙煎機を自作しローストを研究。現在は更なるコーヒーの可能性を探し、バーテンダー兼マネージャーとして都内バーに勤務中。
【数々のグランプリを獲得】世界が認めるコーヒー
珈琲きゃろっと サイドバー

正直、コーヒーの種類がありすぎて迷ってしまいますよね。

そんな方には当サイトで一番人気の「珈琲きゃろっと」がおすすめ。

スペシャルティコーヒーという世界的にも希少な高品質のコーヒー豆を使用。

今なら初回数量限定で、45%OFFのコーヒー豆お試しセットが楽しめます。

市販では味わえないような美味しさなので、通販で買うのがおすすめ。

際立つ香り高い風味があり、後味が甘いのが特徴的。

鮮度
甘み
コク
酸味
苦味
香り
価格今だけ¥1,980(送料無料)

» 詳細ページ» 公式サイト

こちらの記事もおすすめ!