MENU
» 【数量・期間限定】専門家が選ぶおすすめコーヒー通販サイト!

コーヒー豆は冷蔵庫に入れるのがいい?おすすめ保存場所や容器も紹介

コーヒー豆は冷蔵庫に入れた方がいいの?

どんな容器に入れて保存したらいいのかな?

こういった疑問や質問にお答えしていきます。

買ったばかりのコーヒー豆は冷蔵庫で保存した方がいいと聞いたことはありませんか?

未開封と開封後の保存方法は異なるのか気になる方も多いと思います。

本記事では、コーヒー豆の冷蔵庫で保存する方法の是非をわかりやすく解説しています。

この記事の結論
  • コーヒー豆は鮮度が命
  • コーヒー豆の保存は管理は冷蔵庫がおすすめ
  • コーヒー豆の保存容器は機能面を重視しよう
本記事を監修する専門家
コーヒー豆研究所 げんた
げんた

コーヒー豆研究所は、日本安全食料料理協会(JSFCA)認定のコーヒーソムリエ、げんた(@topcoffeelab)が監修しています。

それでは早速見ていきましょう。

当サイトのおすすめコーヒーはこちら
  1. :世界で1台!自社開発の焙煎機で焙煎した「最高の品質・鮮度・焙煎」のコーヒー豆。今なら初回数量限定53%OFF!
  2. サブスク大賞2020にて「優秀賞」を受賞!約30万通りの中から最適化された高品質なスペシャルティコーヒーが楽しめる!
  3. :焙煎後の一番美味しい状態でお届け!プロのコーヒー鑑定士からも高評価。会員満足度驚異の94.8%を獲得!

さらに詳しく知りたい方は「【決定版】コーヒー豆の通販おすすめ人気ランキング17選!専門家が厳選」をチェック!

タップできる目次

コーヒー豆は冷蔵庫に入れて保存するのがいい?

コーヒー豆は冷蔵庫に入れて保存するのがいい?

コーヒー豆は冷蔵庫に入れて保存した方がいいのかどうか迷いますね。

結論、冷蔵庫に入れて保存した方がいいです。

実はコーヒー豆は生鮮食品で、鮮度が命だと言われています。

コーヒー豆はデリケートな生鮮食品

コーヒー豆はデリケートな生鮮食品です。

コーヒー豆は乾物のように見えることから「放っておいても大丈夫」と思われる方もいるかもしれません。

しかし実際のところ、コーヒー豆はとてもデリケートな食品であることをご存じでしたか。

デリケートな食品であるゆえに、開封後に長期間放置しておくのは厳禁。

ですので、いったん開封した後は、冷蔵庫に保存する方法をおすすめします。

結露に注意

コーヒー豆を開封した後は、断然、冷蔵庫に保存した方がいいです。

ではいっそのこと、冷蔵庫ではなく冷凍庫へ保存するというのはどうでしょう?

結論、冷凍庫への保存はあまりおすすめできません。

理由は、コーヒー豆を冷凍保存した場合「結露」が絡んでくるからです。

開封したコーヒー豆を冷凍庫に入れて保存したとします。

冷凍保存されたコーヒー豆を取り出し、そまま常温で放置すると、結露が発生。

この場合の結露は、袋の表面が白っぽくなる状態を指します。

コーヒー豆に結露が発生する流れ
  1. 冷凍庫でキンキンに冷えた状態のコーヒー豆を冷凍庫から取り出す
  2. 冷凍されたコーヒー豆が周辺の空気中の温度を下げようとする
  3. 空気中にある水蒸気が水になり、コーヒーの表面に付着する
  4. 結露となって表れる(袋の表面が白っぽくなる状態)

冷凍保存する際はコツを知っておく必要があります。

こちらの記事でご紹介しているので「冷凍保存してみよう」と思われる方はぜひトライ!

コーヒー豆を冷蔵庫に入れて保存できる期間

コーヒー豆を冷蔵庫に入れて保存できる期間

コーヒー豆は、冷蔵庫で保存するのがおすすめ。

ここでは、コーヒー豆の開封前と開封後で目安となる保存期間について解説していきます。

コーヒー豆が未開封状態の保存期間

コーヒー豆が未開封状態の保存期間は1カ月が目安です。

先ほどもお伝えした通り、コーヒー豆は生鮮食品なので、可能であれば早く飲みきった方がいいです。

ただし、開封前であれば、絶対に1カ月で飲みきらないといけないわけではありません。

これは、コーヒー豆の焙煎方法、包装などが取り扱う店によって異なるからです。

お店によっては、未開封状態であれば1年は持つとしている所もあります。

スーパーなど市販で買う場合は、賞味期限が印字されているので確認してください。

コーヒー直売所などで買う場合は、店員さんに聞いて賞味期限を確認するといいでしょう。

未開封の場合は1カ月から1年は保存できる!

コーヒー豆を開封した後の保存期間

コーヒー豆を開封した後の保存期間は、未開封状態より早まります。

いったん封を切り、開封してしまった後は、保存期間は例外なく1カ月が目安です。

開封後は、賞味期限ではなく、むしろ消費期限と捉えた方がいいかもしれません。

開けてしまったコーヒー豆は、未開封状態よりも鮮度が落ちるので、早く飲みきる必要があるからです。

そして、開封後の常温保存は注意することがいくつかあります。

もちろん、常温保存がダメだということではありません。

コーヒー豆開封後は、冷暗所(冷蔵庫、直射日光が当たらない場所など)で保存します。

これは直射日光や湿気が多い場所を避けるためです。

開封後は保管場所に注意を向けながら、管理してください。

コーヒー豆の管理は、直射日光、湿度のほか、酸素、温度も重要な要素です。詳しくは以下の記事をチェック!

コーヒー豆の保存を怠るとカビが生える?

コーヒー豆の保存を怠るとカビが生える?

「コーヒー豆の保存を怠るとカビが生える?」などと少し怖いお話をします。

それもそのはず、コーヒー豆は生鮮食品ゆえに、保存管理を怠ればカビが生えることもあるのです。

もちろん、保存方法を誤らず、正しく保存すればカビが生えることはないのでご安心ください。

コーヒー豆には「マイコトキシン」というカビ毒が潜んでいます。

カビ毒は人間の脳に炎症を起こさせることもあるので、細心の注意が必要です。

こちらで詳しく解説しているので参考にしてみてください。

げんた

コーヒー豆を正しく保存すれば、カビを恐れる必要はないよ!

コーヒー豆はどんな容器に入れて保存したらいい?

コーヒー豆はどんな容器に入れて保存したらいい?

コーヒー豆を開封した後は容器に入れてきちんと保存することが大切です。

コーヒーを入れる容器は「コーヒーキャニスター」とも言われます。

プラスチック、ガラス、陶器、木製など、素材も色々なものがあります。

では、どんな容器に入れて保存するのがいいのでしょうか。

コーヒーを容器を選ぶためのコツについてご紹介していきます。

密封性はどうか?

コーヒー豆の鮮度を保つ上で密封性はとても重要です。

密封性が高いほど、酸素や湿気が容器内に入るのを防ぐことができます。

単に蓋を回しながら取り付けするタイプのもの、フックタイプもあります。

フックタイプであれば、通常より密閉性を強化することができるのでおすすめです。

コーヒー専門家

密閉性選びはとても大切なんだよ!

遮光性はどうか?

コーヒーが直射日光に当たらない工夫をすることが、コーヒー豆を守る上では大切です。

直射日光に当たらない場所で保存するのがマストですが、素材にもこだわれば完璧。

内部に光を通さない素材は、陶器、ホーロー、金属が該当します。

これらはガラスや木材などに比べて重たいですが、遮光を叶えてくれます。

以上、コーヒーキャニスターを選ぶ際は、密閉性や遮光性で選ぶことが大切です。

げんた

直射日光からコーヒー豆を守ろうね!

コーヒー豆の保存容器おすすめ5選

コーヒー豆の保存容器おすすめ5選

コーヒー豆の保存容器は種類もデザインも様々あります。

今回は売れ筋や機能性などを総合的に判断し、「これだ!」と思ったものを厳選して5つご紹介します。

表にまとめると以下のとおりです。

スクロールできます
商品名材質サイズ本体重量価格
KKC コーヒー豆 保存容器 800ML 2個セットガラス10 x 10 x 13 cm980g4,150円
コーヒーキャニスター 1500ml コーヒー豆 ステンレス鋼16.2 x 13.8 x 13.4 cm540g2,753円
Airscape コーヒーストレージキャニスターステンレス鋼‎13.9 x 13.6 x 12.7 cm490g4,676円
カリタ Kalita コーヒー キャニスター Lサイズステンレススティール‎16.5 x 8.8 x 8.8 cm230g2.980円
ZEROJAPAN コーヒーキャニスター200 ホワイト CO-200 WHステンレススティール18.01 x 11.61 x 10.9 cm730.28 g2,420円

新しくコーヒーキャニスターをお探しの方、初めて購入される方に向けてお伝えしていきます。

1. KKC コーヒー豆 保存容器 800ML 2個セット

KKC コーヒー豆 保存容器800ML 2個セット
出典:Amazon

ガラス保存瓶が2個セットになった保存容器です。

2個セットなので、好きなコーヒー豆を2種類入れることができます。

コーヒー好きなら、飲みたいコーヒーも日によって変わるもの。

軽いのに丈夫、蓋にはパッキンが付いているので、密閉性が高いです。

傷がつきにくいガラス素材、大口径でお手入れがとてもしやすいのが嬉しい。

商品名KKC コーヒー豆 保存容器 800ML 2個セット
材質ガラス
サイズ10 x 10 x 13 cm
本体重量‎980 g
価格4,150円

2. コーヒーキャニスター 1500ml コーヒー豆 

2.コーヒーキャニスター 1500ml コーヒー豆
出典:Amazon

高品質のステンレス鋼素材のコーヒーキャニスターです。

錆びにくく、鮮度がより長持ちする設計になっています。

蓋部分に通気口があり、コーヒー豆を保存期間を設定できます。

エアバルブの交換方法が詳しく記載されているのも嬉しい。

強化鋼リングがあるので、シーリング性能もバッチリです。

商品名コーヒーキャニスター 1500ml コーヒー豆 
材質‎ステンレス鋼
サイズ‎16.2 x 13.8 x 13.4 cm
本体重量540g
価格2,753円

3. Airscape コーヒーストレージキャニスター

3.Airscape コーヒーストレージキャニスター
出典:Amazon

ステンレス製のキャニスターです。

キャニスターボディは臭気を防いでくれます。

内側のAirscapeリッドは気密性もバッチリ。

蓋を押し下げることができるので、空気に触れる部分を最大限減らしてくれます。

商品名Airscape コーヒーストレージキャニスター
材質ステンレス鋼
サイズ‎13.9 x 13.6 x 12.7 cm
本体重量490g
価格4,676円

4. カリタ Kalita コーヒー キャニスター Lサイズ

4. カリタ Kalita コーヒー キャニスター Lサイズ コーヒー豆 200g
出典:Amazon

コーヒー器具専門メーカー、Kalitaのコーヒーキャニスターです。

他のコーヒー器具と一緒に、キャニスターもKalitaで揃えたい方におすすめ。

木製の蓋にパッキンが付いているので、本体と蓋の密閉度が高いです。

非常に軽いので、アウトドアなど外への持ち運びも負担がありません。

げんた

Amazonで限定で売られていますよ!

商品名カリタ Kalita コーヒー キャニスター Lサイズ
材質ステンレススティール
サイズ‎16.5 x 8.8 x 8.8 cm
本体重量230g
価格2.980円

5. ZEROJAPAN コーヒーキャニスター200 ホワイト CO-200 WH

5. ZEROJAPAN コーヒーキャニスター200 ホワイト CO-200 WH
出典:Amazon

ZEROJAPANキャニスターはメイドインジャパン。

販売年数30年以上で、累計1000万個以上の売り上げを誇ります。

陶器製なので光を通さず、金属の留め具やパッキンで高い密閉性をキープ。

長期保存にも耐えうるだけでなく、デザイン性もバッチリです。

商品名ZEROJAPAN コーヒーキャニスター200 ホワイト CO-200 WH
材質ステンレススティール
サイズ‎18.01 x 11.61 x 10.9 cm
本体重量730.28 g
価格2,420円
created by Rinker
ZERO JAPAN(ゼロジャパン)
¥2,420 (2022/07/02 10:24:39時点 Amazon調べ-詳細)
コーヒー専門家

おすすめのコーヒーキャニスターを見つけてみてね!

あわせて読みたい
コーヒー豆のおすすめ保存容器7選!おしゃれで高機能なものをご紹介 コーヒー豆の保存容器の選び方で大切なことってなに?おすすめが知りたいな! コーヒー豆っていろんな保存容器があるけどどんなものを選んだほうがいいの? こういった...

コーヒー豆を冷凍庫で保存する際はぬかりなく!

コーヒー豆を冷凍庫で保存する際はぬかりなく!

いかがでしたか。

コーヒー豆を冷蔵庫保存すべきかどうかも含め、コーヒーキャニスターについてお話してきました。

この記事で大切なことをまとめると次の通りです。

この記事のまとめ
  • コーヒー豆は生鮮食品!
  • コーヒー豆の保存を怠るとカビが生える!
  • コーヒー豆開封後はできる限り早く消費する!
  • コーヒーキャニスターは密閉性や遮光性で選ぼう!

好みのコーヒー豆を買って、お気に入りのコーヒーキャニスターで保存しましょう。

またおすすめのコーヒーキャニスターをもう一度まとめると以下のとおりです。

  1. KKC コーヒー豆 保存容器 800ML 2個セット
  2. コーヒーキャニスター 1500ml コーヒー豆
  3. Airscape コーヒーストレージキャニスター
  4. カリタ Kalita コーヒー キャニスター Lサイズ
  5. ZEROJAPAN コーヒーキャニスター200 ホワイト CO-200 WH

コーヒー豆の保存をぬかりなく行えば、いつでも美味しいコーヒーが飲めますよ。

あわせて読みたい
【最新版】コーヒー豆の適切な保存方法とは?鮮度を保つための注意点4つ コーヒー豆の正しい保存方法が知りたい! 挽いた後のコーヒー豆ってどのように保存したら良いのかわからない…。 こういった疑問や要望にお答えしていきます。 この記事...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
【概念が変わる?!】数々のグランプリを獲得した世界が認めるコーヒー
珈琲きゃろっと サイドバー
内容量200g×2銘柄
価格今だけ¥1,980(送料無料)※返金保証付き
コスパ 5.0
鮮度 5.0
飲みやすさ 4.5
おすすめ度 5.0

正直、コーヒーは種類がありすぎて迷ってしまいますよね。

そんな方には当サイトで一番人気の「珈琲きゃろっと」を強くおすすめします。

数々の賞を獲得し、味の美味しさはお墨付き。

スペシャルティコーヒーという世界的にも希少な高品質のコーヒー豆を使用。

際立つ香り高い風味と、後味が甘いのが特徴的。

今なら初回数量限定で、53%OFFのコーヒー豆お試しセットが楽しめます。

市販では味わえないような美味しさなので、通販で買うのがおすすめ。

コク
深い
あっさり
甘み
強い
弱い
酸味
強い
弱い
苦味
強い
弱い
香り
強い
弱い

\ 今だけ初回限定53%OFF /

この記事を書いた人

池田早織のアバター 池田早織 語学と食のエバンジェリスト

仕事を通じて世界20カ国の人々と関わってきた経験をフルに生かしながら、語学を教え、バールマンとして飲食店で接客しつつ、Web・コピーライターとして企業様の販促にも携わっています。コーヒーについては深煎りから浅煎りまで、日本ではなかなか手に入らない世界中のテイストを愉しむのが好き。個人経営で焙煎所を所有している店主から話を直接伺ったことがきっかけでコーヒー世界にどっぷり深入りするようになりました。コーヒー好きのユーザーに寄り添った、読んで役立つ美味しい記事を精一杯お届けします。

以下実績。
・フードアナリスト3級
・UCCコーヒーアカデミー ベーシックコース修了

目次
トップへ
タップできる目次
閉じる