MENU
» 【数量・期間限定】専門家が選ぶおすすめコーヒー通販サイト!

【最新】コーヒーロースターとは?焙煎の基礎知識からおすすめまでご紹介

そもそもコーヒーロースターとは、どんな意味があるの?

コーヒーロースターの種類やおすすめが知りたい!

こういった疑問や要望にお答えしていきます。

コーヒーの風味や味わいは豆の種類だけではなく、コーヒーロースターを用いた「焙煎(ロースト)」という工程で変化させることができます。

そこで本記事では、その焙煎方法や焙煎の度合いによって風味や味はどのくらい変化するのかなど、焙煎について解説していきます。

この記事の結論
  • そもそもローストとは、コーヒー豆を加熱し煎っていく作業のこと
  • ロースト段階は8段階ある
  • コーヒーロースターとは、焙煎業者の他に焙煎をするための機器のことも指す
本記事を監修する専門家
コーヒー豆研究所 げんた
げんた

コーヒー豆研究所は、日本安全食料料理協会(JSFCA)認定のコーヒーソムリエ、げんた(@topcoffeelab)が監修しています。

それでは早速見ていきましょう!

当サイトのおすすめコーヒーはこちら
  1. 珈琲きゃろっと:世界で1台!自社開発の焙煎機で焙煎した「最高の品質・鮮度・焙煎」のコーヒー豆。今なら初回数量限定53%OFF!
  2. PostCoffeeサブスク大賞2020にて「優秀賞」を受賞!約30万通りの中から最適化された高品質なスペシャルティコーヒーが楽しめる!
  3. チャンバーコーヒー:焙煎後の一番美味しい状態でお届け!プロのコーヒー鑑定士からも高評価。会員満足度驚異の94.8%を獲得!

さらに詳しく知りたい方は「【決定版】コーヒー豆の通販おすすめ人気ランキング17選!専門家が厳選」をチェック!

タップできる目次

そもそもロースト(焙煎)とは?コーヒーロースターの前に知っておこう

そもそもロースト(焙煎)とは?コーヒーロースターの前に知っておこう

ロースターについて知る前に、まずコーヒーのロースト(焙煎)について知っておきましょう。

ローストとは、コーヒー豆を加熱し煎っていく作業のことを指しています。

一般的にコーヒー豆と言えば茶色の状態を想像するかも知れません。

しかし、その様な姿になる前のコーヒー豆はくすんだ緑色をしているのです。

その状態の豆は『生豆』と呼ばれています。

この生豆と言う状態では、あの甘く香ばしい芳香や味わいが無くそもそも飲用する事が出来ません。

生豆をローストする事で豆が化学変化を起こし、コーヒー特有の苦味や酸味、香りが引き出されます。

コーヒーを飲むためにローストは、決して欠かせない工程なのです。

焙煎は8段階

コーヒー豆 焙煎度合い
※焙煎8段階

コーヒーの味わいは産地や精製方法によっても変化しますが、中でも焙煎はその味わいを決めるのに大きな役割を果たします。

焙煎の度合いは大まかに分けると浅煎り、中煎り、深煎りの3段階です。

しかし実際はもっと細かく8段階まで分かれている事をご存知でしょうか。

ここではその焙煎度合いを段階ごとに解説していきます。

浅煎り

浅煎りの特徴は、酸味が強くフルーティーさが際立つ味わいである事です。

ローストを開始して豆に色がつき始めると、化学反応により豆の中にギ酸や酢酸が発生します。

その結果として酸の総量が増え、酸味が目立つ様になるのです。

あわせて読みたい
【最新】浅煎りコーヒーの特徴とは?美味しい淹れ方からおすすめまで紹介 浅煎りコーヒーってどんな特徴があるの?美味しいのかな? 浅煎りと深煎りコーヒーの違いって何?美味しいコーヒーが飲みたい! こういった疑問や要望にお答えしていき...
ライトロースト

焙煎時間が短く、色も緑からやや黄色に変化し始めたぐらいの状態をライトローストと呼びます。

まだ香りや味わいもほぼ無く生豆の青臭さがまだ残っており、渋みや酸味が強い状態です。

焙煎が進むと豆本来の味わいがわかりづらくなる為、ライトローストは主にカッピングテスト用として使用されています。

今までは余り販売される事の無かったライトローストですが、近年はサードウェーブの流行によりライトローストを取り扱う店が少しずつ出てきている様です。

シナモンロースト

読んで字の如く、シナモン色まで焙煎した状態のローストです。

シナモンローストくらいまで焙煎が進むと、生豆の持つ渋みが酸味に変化してきます。

この段階まではまだ苦味は少なく、味わいとしては爽やかな酸味が特徴です。

コーヒーのフルーティーさを存分に味わいたい人にお勧めなのがこのローストですが、ライトロースト同様流通が余りありません。

あわせて読みたい
【自家焙煎】シナモンローストとは?特徴から淹れ方・おすすめまでご紹介 シナモンローストってどんな味? 焙煎のコツは? こういった疑問や要望にお答えしていきます。 あなたはどの焙煎度合いのコーヒーが好きですか? 浅煎り?それとも深煎...

中煎り

酸味と苦味のバランスが良いローストであり、飲みやすさが特徴です。

主にレギュラーコーヒーで飲まれる事が多く、日本人に好まれます。

この辺りから色合いもよく知ったこげ茶になり始めます。

あわせて読みたい
中煎りコーヒーの特徴とは?おすすめの中煎りコーヒーもご紹介 中煎りコーヒーの特徴ってどんなものがあるの? おすすめの中煎りも気になる! こういった疑問や要望にお答えしていきます。 この記事から分かること 中煎りコーヒーの...
ミディアムロースト

ミディアムローストはアメリカンローストと呼ばれる事もあり、アメリカンで飲むのに最適な軽い味わいのローストです。

この段階ではまだ酸味がしっかり感じられるものの、コーヒーの持つ苦味が少しずつ出始めます。

色は明るい茶褐色で、生豆の水分がまだ少し残っています。

そのため、丁寧に水抜きを行わないと、生豆の渋みが出てくるため注意が必要です。

コーヒー豆の特徴が残りやすいローストの為、高品質な豆に適しています。

あわせて読みたい
【浅煎りコーヒー】ミディアムローストの味は?焙煎のコツも紹介! ミディアムローストって何? ミディアムローストの特徴は? こういった疑問や要望にお答えしていきます。 あなたは浅煎りのコーヒーは好きですか? 酸味が強く香りが良...
ハイロースト

中煎りに分類される中で、シティローストと並んで日本人に好まれるのがハイローストと考えられます。

酸味と苦味のバランスが良いローストで、クセがないのが特徴です。

ここから段々苦味が出始めますが、ハイローストの苦味はまろやかです。

悩んだ時は、まずハイローストで飲んでみるのも良いでしょう。

あわせて読みたい
【決定版】ハイローストとは?美味しいいれ方からおすすめまでご紹介 ハイローストって聞いたことがあるけど、どんな特徴があるの? ハイローストの挽き方やコツが知りたい! こういった疑問や要望にお答えしていきます。 この記事の結論 ...
シティロースト

シティローストはハイローストより更に焙煎が進んだ状態ですが、こちらもハイロースト同様大変バランスの取れた味わいです。

色はしっかり焦げ茶に近づき、コーヒーらしい見た目をしています。

ハイローストよりも焙煎が進んでいる分、バランスを取りつつも苦味がしっかり感じられます。

ハイローストの苦味と比べてコクが強いのが特徴です。

香ばしいアロマが楽しめるローストでもあります。

あわせて読みたい
【決定版】シティローストとは?美味しいいれ方からおすすめまでご紹介 シティローストって聞いたことがあるけど、具体的な特徴がわからない…。 シティローストに合うおすすめの豆や粉が知りたい! こういった疑問や要望にお答えしていきます...
フルシティロースト

フルシティローストは中深煎りとも呼ばれ、強い焦げ茶色の見た目です。

ここまで焙煎すると、豆の持つ酸味が段々少なくなりほのかに残る程度になります。

味わいとしてはしっかりとした苦味や甘さが感じられます。

コクが強くアイスコーヒーやエスプレッソに使用する場合もある様です。

あわせて読みたい
【最新】フルシティローストとは?美味しいいれ方からおすすめまでご紹介 フルシティローストって言葉は聞いたことがあるけど、どんな特徴があるの? フルシティローストのおすすめコーヒー豆が知りたい! こういった疑問や要望にお答えしてい...

深煎り

深煎りまでローストが進むと、見た目も黒に近づき始め苦味がメインになってきます。

そのものが非常に強いため、ミルクなどでアレンジしたり氷を入れる事で薄まりやすいアイスコーヒーなどに向くローストです。

あわせて読みたい
【厳選】深煎りコーヒーの特徴とは?浅煎りとの違いからおすすめの豆まで 深煎りってどんな意味があるの?浅煎りや中煎りコーヒーとの違いも知りたい! 深煎りコーヒーのおすすめ豆が知りたい!深煎りコーヒーが気になる… こういった疑問や要望...
フレンチロースト

フレンチローストまで焙煎すると、豆の表面に油分が出てツヤツヤとした見た目になり始めます。

酸味はほぼ無くなり、強い苦味と油分を感じる様なコクがあるローストです。

主にエスプレッソやアイスコーヒーに使用されます。

コーヒーのパンチが欲しい時におすすめです。

あわせて読みたい
【決定版】フレンチローストとは?美味しいいれ方からおすすめまでご紹介 フレンチローストって何?聞いたことがあるけど、どんな特徴があるのかわからない…。 フレンチローストに合うおすすめのコーヒー豆が知りたい! こういった疑問や要望に...
イタリアンロースト

焙煎の最終段階がこのイタリアンローストで、焦げるか焦げないかぐらいの状態です。

見た目もかなり黒に近く、酸味は全くと言って良いほどありません。

スモーキーで独特な香りと、非常に強い苦味が特徴です。

また、豆の油分が多く出る為フレンチローストよりも更にコクが強く感じられます。

ミルクにも負けない味わいがある為、エスプレッソとして使用しカフェラテなどにアレンジするのに向いています。

あわせて読みたい
【最新】イタリアンローストとは?美味しいいれ方からおすすめまでご紹介 イタリアンローストとフレンチローストの違いって何? イタリアンローストってそもそも何?美味しい飲み方とかあるのかな? こういった疑問や要望にお答えしていきます...

コーヒーロースターとは?

コーヒーロースターとは?

コーヒーロースターとは、焙煎業者の他に焙煎をするための機器のことも指します。

ロースターは業務用の非常に大型な物から家庭用の小さな物まで、その種類は様々です。

コーヒーは焙煎してから3日後が一番味わいが安定すると言われ、焙煎後14日目からは香りが抜け始めます。

つまり、焙煎後のコーヒーは生鮮食品同様、品質が劣化しやすいと言えるのです。

そのため、焙煎後2週間以内に消費するのが理想ですが、店で購入すると量が多くて飲みきれないこともあります。

品質や鮮度に拘るのであれば、家庭で飲み切る分だけを焙煎するのがベストと言えるでしょう。

具体的な飲み頃や賞味期限については「コーヒー豆の賞味期限はどのくらい?適切な保存期間と保存方法を解説」の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
コーヒー豆の賞味期限はどのくらい?適切な保存期間と保存方法を解説 コーヒー豆って賞味期限あるの? 賞味期限があるとしたらどのくらいなの? こういった疑問や要望にお答えしていきます。 この記事から分かること コーヒー豆の賞味期限...

コーヒーロースターの種類

コーヒーロースターの種類

家庭用のコーヒーロースターには大きく分けて3つあります。

  1. 手動式
  2. 電動式
  3. 自動式

ここではそれらの特性について見ていきましょう。

手動式

手網や陶器で出来たフライパンの様な形をした物が多く、1番安価で手軽な焙煎方式と言えます。

仕組みも非常に単純で、網などに生豆を入れたら火の上で振りながら加熱をしていくだけです。

しかしこの方法は焼きムラが起きやすく、方法自体は簡単ながら美味しく仕上げるにはコツが必要となります。

手動で行う方法にはもう一つあり、それがドラム型の回転タイプです。

コーヒー豆の投入部がドラム型になっており、手動でハンドルで回しながら加熱する事が出来ます。

やや値段が上がりますが、こちらの方が焼きムラが起きにくく安定した仕上がりになります。

電動式

熱源の上に置いてスイッチを入れると、ドラムが自動的に回転するのが電動式ロースターの特徴です

機械により一定のスピードで回転する為、手動で行うよりも均一に加熱してくれます。

この方法は、豆の状態を見ながら火力調整や時間のコントロールが出来るのが大きなメリットです。

自分の拘りを入れながら安定したロースティングを行いたい方にピッタリな方法と言えるでしょう。

自動式

事前に加熱時間や加熱温度を自身で設定する事が可能で、後は全自動で焙煎してくれるのがこの自動式ロースターです。

その豆の特性に合った焙煎具合や自身の好みをしっかりと把握しておけば、1番ムラなく仕上がる便利な方法と言えます。

しかし、便利な分高価な物が多いため注意が必要です。

購入前には良く情報収集をする様にしましょう。

コーヒーロースターの熱源方式

コーヒーロースターの熱源方式

コーヒーロースターは、その熱源方式に大きく分けて3つあります。

  1. ガス
  2. 電気

それらのメリットやデメリットを把握して熱源を選択しましょう。

ガス式

ガス式の最大のメリットは、とにかく細かい調整が可能と言うことです。

豆の状態や香り、音などから自身の判断で火力をコントロール出来る為、拘りがある方には大変向いています。

また、非常に趣がある為コーヒー好きな方にとっては過程そのものが楽しめる方法と言えるでしょう

しかし、ガス式はコツが必要で安定した味が出しにくいのがデメリットです。

しばらくは練習が必要になるかもしれません。

焙煎方式としては、直火式や半熱風式の熱源としてガス火が使用されます。

電気式

電気式のメリットは、とにかく安定した仕上がりになりやすいことです。

コツが特に必要無い為、いつも鮮度の高いコーヒーが飲みたいと言った方には正にうってつけです。

しかし、簡単故にローストする楽しさが半減してしまうのがデメリットと言えるかもしれません。

電気式のロースターは海外製品が多い為、変圧器が必要な場合もあると言う事を購入時には留意しておきましょう。

焙煎方式としては、熱風式の熱源として電気が使用されます。

炭火を熱源としてローストし、炭焼きコーヒーとして提供しているお店も見受けられます。

赤外線効果で内部からふっくらと加熱されるのが大きな特徴です。

また、炭による香ばしい風味がある為好きな人はとても好きな方式と言えるでしょう。

酸化を遅らせる効果がある為、劣化しにくいこともメリットです。

しかし火力調節がしづらく、ここまで上げてきた中で1番難しい方法なのがこの炭火焙煎でもあります。

【場面別】コーヒーロースターのおすすめ3選

【場面別】コーヒーロースターのおすすめ3選

ロースターの種類や熱源によって、向いている場面や場所が存在します。

ここではそれぞれの場面にピッタリのコーヒーロースターを紹介します。まとめると以下の通り。

  1. LITHON (ライソン) ホームロースター KRRY-002
  2. ユニフレーム(UNIFLAME) 焚き火ロースター
  3. KALDI(カルディ) フォティス コヒロスタ 焙煎機

順番に解説します。

1. 【自宅編】ボタン1つで簡単「LITHON (ライソン) ホームロースター KRRY-002」

LITHON (ライソン) ホームロースター KRRY-002

焙煎度は中煎りと深煎りの二種類から選択出来て、後は自動的に温度と風量を調節してくれます。

熱風式の焙煎でムラなくローストしてくれる上に、冷却も可能です。

家庭で手軽に安定した味を楽しみたい方にはピッタリです。

2. 【キャンプ編】コーヒー好きのアウトドアマンにはたまらない「ユニフレーム(UNIFLAME) 焚き火ロースター」

ユニフレーム(UNIFLAME) 焚き火ロースター

近年流行しているキャンプですが、外で飲むコーヒーはまた格別ですよね。

折角外で火を使うのであれば、一緒にロースティングをしてみてはいかがでしょうか。

荷物が多くなりがちなキャンプでは、これぐらい手軽な道具が良いでしょう。

この商品は収納袋がついており、ハンドルが折り畳めてコンパクトになるのもポイントです。

created by Rinker
ユニフレーム(UNIFLAME)
¥3,900 (2022/05/16 19:04:39時点 Amazon調べ-詳細)

3. 【カフェ編】大型の業務用に引けを取らない「KALDI(カルディ) フォティス コヒロスタ 焙煎機」

KALDI(カルディ) フォティス コヒロスタ 焙煎機

一度に焙煎出来る量は600gで、近年のコンパクトな店舗に丁度良いサイズ感です。

価格は変わりますが、直火式と半熱風式が選択可能となっています。

温度計もセットになっており、気になるチャフは別売りのチャフコレクターをセットする事で対処できます。

小型ながら大型の業務用に引けを取らない程機能が充実しており、本格的な焙煎が楽しめます。

より詳しくおすすめを知りたいという方は「【完全版】コーヒー焙煎機のおすすめ11選!自宅で本格的に楽しめる」の記事をチェック!

あわせて読みたい
【完全版】コーヒー焙煎機のおすすめ11選!自宅で本格的に楽しめる おすすめのコーヒー焙煎機を教えてほしい! 業務用から家庭用まであるけど何がおすすめなの?自動式と手動式もあるよね。 こういった疑問や要望にお答えしていきます。 ...

飲みたいコーヒーの種類に合わせてローストの度合いを選ぼう

飲みたいコーヒーの種類に合わせてローストの度合いを選ぼう

コーヒーの飲み方によっておすすめのローストは変わってきます。

購入や焙煎の際に、どの様な飲み方をするのか考えて参考にしましょう。

今回は以下の3つの飲み方に分けてご紹介します。

  1. カフェラテ
  2. アイスコーヒー
  3. アメリカンコーヒー

カフェラテ

カフェラテでコーヒーを飲む際はフレンチロースト〜イタリアンローストなどの極深入煎りがおすすめです。

これらのローストはミルクで割っても負けない強い味わいや苦味を持っています。

また、豆の持つ油分がミルクのまろやかさとマッチする為牛乳の甘味を楽しむのにも向いています。

アイスコーヒー

アイスコーヒーに使用するのであれば、フルシティロースト〜フレンチローストが良いでしょう。

フルシティローストには甘い香りや僅かな酸味が残っており、爽やかなアイスコーヒーに仕上がります。

フレンチローストは香ばしい香りと強いパンチ感が楽しめ、氷で薄まっても残る様な味わいの強さがあります。

スモーキーさを味わいたいのであればイタリアンローストもオススメです

ミルクやシロップを使用するのであればフレンチローストやイタリアンローストが向いています。

フルシティローストのアイスコーヒーはブラックで楽しむのが良いでしょう。

おすすめのアイスコーヒーが知りたい方は「【2022】アイスコーヒー用のおすすめコーヒー豆10選!本当に美味しい」の記事をチェック!

あわせて読みたい
【2022】アイスコーヒー用のおすすめ人気コーヒー豆ランキング23選 アイスコーヒー用のおすすめコーヒー豆を教えてほしい!人気なのはどれ? ついでに美味しいアイスコーヒーの淹れ方も教えて下さい! こういった疑問や要望にお答えして...

アメリカンコーヒー

アメリカンコーヒーは軽やかな味わいとスッキリとした酸味を楽しむ飲み方です。

ローストはミディアムローストが1番適しています。

ミディアムロースト別名アメリカンローストとも呼ばれる程、さっぱりとした味わいが特徴です。

豆の持つ風味が出やすい為、なるべく高品質のものを選ぶと良いでしょう。

あわせて読みたい
【保存版】アメリカンコーヒーとは?違いから美味しい淹れ方まで徹底解説 アメリカンコーヒーとは何?よくわからないから教えてほしい! おすすめの淹れ方を教えてほしい! こういった疑問や要望にお答えしていきます。 この記事の結論 アメリ...

コーヒーロースターを上手に利用して美味しい豆を焙煎しよう!

コーヒーロースターを上手に利用して美味しい豆を焙煎しよう!

いかがでしたでしょうか?

コーヒーロースターについて、焙煎の基礎知識からおすすめまでご紹介しました。

本記事で重要なことをまとめると以下の通りです。

  • ロースト(焙煎)度合いは、合わせて8段階ある
  • コーヒーロースターは、焙煎業者の他に焙煎をするための機器のことも指す
  • ロースターの熱源方式は「ガス」「電気」「炭」の3つ

コーヒーの味わいに大きく影響するローストは、非常に奥深い世界です。

豆や飲み方は勿論、飲む人の好みの数だけ最適な焙煎度合いは変わってきます。

今まで購入時に意識していなかったのであれば、是非これを機に次回購入時の参考にしてみてください。

家庭用コーヒーロースターで自家焙煎を始めてみるのも良いでしょう。

今まで以上にコーヒーの世界が楽しくなること間違いなしです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
【概念が変わる?!】数々のグランプリを獲得した世界が認めるコーヒー
珈琲きゃろっと サイドバー
内容量200g×2銘柄
価格今だけ¥1,980(送料無料)※返金保証付き
コスパ 5.0
鮮度 5.0
飲みやすさ 4.5
おすすめ度 5.0

正直、コーヒーは種類がありすぎて迷ってしまいますよね。

そんな方には当サイトで一番人気の「珈琲きゃろっと」を強くおすすめします。

数々の賞を獲得し、味の美味しさはお墨付き。

スペシャルティコーヒーという世界的にも希少な高品質のコーヒー豆を使用。

際立つ香り高い風味と、後味が甘いのが特徴的。

今なら初回数量限定で、53%OFFのコーヒー豆お試しセットが楽しめます。

市販では味わえないような美味しさなので、通販で買うのがおすすめ。

コク
深い
あっさり
甘み
強い
弱い
酸味
強い
弱い
苦味
強い
弱い
香り
強い
弱い

\ 今だけ初回限定53%OFF /

この記事を書いた人

松岡美由紀のアバター 松岡美由紀 食品衛生責任者/IIAC エスプレッソイタリアーノテイスター

福岡で男児2人を育児中のパート主婦。結婚を機に務めたコーヒー屋で苦手だった筈のコーヒーに目覚める。特にエスプレッソ抽出の楽しさにのめり込み、自身でもエスプレッソマシンを購入し抽出を行なったり様々な店でエスプレッソの飲み比べを行う。とあるイタリアンバールのサービスとエスプレッソに衝撃を受け、自身もいずれイタリアでのバリスタ修行を志している。キッチンカーや屋台、トゥクトゥクも好きで、将来それらを使用してコーヒー屋を開業したいと言う野望を持つ。

IIACのエスプレッソイタリアーノテイスターの資格を取得。いつ何処でコーヒーを出しても良いように食品衛生責任者の資格も持っています。

目次
トップへ
タップできる目次
閉じる