MENU
» 【数量・期間限定】専門家が選ぶおすすめコーヒー通販サイト!

【最新】スペインで定番のコルタードとは?その味わいや作り方を徹底解説

コルタードってよく聞くけど、どんな特徴があるの?

コルタードの作り方がわからない…。

こういった疑問や要望にお答えしていきます。

コルタードと聞くとちょっと耳馴染みのない名前かもしれませんが、エスプレッソ好きにはぜひ試してもらいたいドリンクです。

そこで本記事は、コルタードの味わいや作り方、飲めるお店に至るまでを徹底的に解説していきます!

この記事の結論
  • コルタードとはスペイン発祥の飲み方で、エスプレッソに同量・もしくは半分ほどの少なめのスチームミルクを入れる
  • コーヒーが濃厚で、ミルクが加わりややまろやかな味わいが特徴
本記事を監修する専門家
コーヒー豆研究所 げんた
げんた

コーヒー豆研究所は、日本安全食料料理協会(JSFCA)認定のコーヒーソムリエ、げんた(@topcoffeelab)が監修しています。

それでは早速見ていきましょう!

当サイトのおすすめコーヒーはこちら
  1. :世界で1台!自社開発の焙煎機で焙煎した「最高の品質・鮮度・焙煎」のコーヒー豆。今なら初回数量限定53%OFF!
  2. サブスク大賞2020にて「優秀賞」を受賞!約30万通りの中から最適化された高品質なスペシャルティコーヒーが楽しめる!
  3. :焙煎後の一番美味しい状態でお届け!プロのコーヒー鑑定士からも高評価。会員満足度驚異の94.8%を獲得!

さらに詳しく知りたい方は「【決定版】コーヒー豆の通販おすすめ人気ランキング17選!専門家が厳選」をチェック!

タップできる目次

コルタードとは?

コルタードとは

コルタードとは、エスプレッソに少量の温めた牛乳を加えるスペイン発祥の飲み方です。

牛乳とエスプレッソの比率は1:1もしくは1:2という割合で、濃厚でややまろやかな味わいが特徴。

エスプレッソの味がしっかりと感じられる飲み方であることから、近年こだわりのコーヒーを提供するカフェでも見られるようになってきたメニューです。

そんなコルタードについて詳しくみていきましょう!

あわせて読みたい
エスプレッソとは?おすすめのマシンから美味しい飲み方までご紹介 エスプレッソってよく聞くけど何かよくわからないな…。 エスプレッソを飲むためのおすすめのマシンが知りたい! こういった疑問や要望にお答えしていきます。 この記事...

コルタードの由来

コルタード(cortado)とはスペイン語で「切る」「細かく刻む」といった意味合いがあります。

エスプレッソを牛乳で割って飲むことからこの名前がついたのだそう。

ちなみにスペインではコーヒーはエスプレッソで抽出されることが多く、エスプレッソは「カフェ・ソロ」と呼ばれています。

しかし店でカフェ・ソロが注文されることはあまり無く、多くの人が今回ご紹介しているコルタードか、後述するカフェ・コン・レチェを頼むそうです。

国によって呼び方が違う

コルタードには国や地域によって様々な呼び方が存在します。

そこで、それぞれの地域ごとの呼び方について以下の表にまとめました。

カタルーニャTallat
バスクEbaki
ポルトガルPingo、Garoto
フランスnoisette
キューバcortadito
アメリカ(西海岸)Gibraltar
コルタードの呼び方

コルタードの別称として特に有名なGibraltar(ジブラルタル)という呼び名は、サンフランシスコが発祥です。

ブルーボトルを始めとした焙煎所がジブラルタルというグラスでコルタードの提供を始めたことから、西海岸周辺ではコルタードをジブラルタルと呼ぶようになりました。

コルタードの味わい

コルタードの味わい

コルタードはエスプレッソの濃厚な味わいや苦味はありつつも、それを少量のミルクがまろやかにしてくれており、コーヒーとミルクの味わいがしっかりと感じられます。

特にミルクの温度にこだわることで、ミルクからの甘みがしっかりと感じられるようになりチョコレートを食べているかのような味わいになります。

またスペイン現地では、店でコルタードを注文する際に好みのミルクの温度も一緒にオーダーすることが多いのだそうです。

コーヒー専門家

一般的にミルクが1番甘みが1番強く感じられるのは43〜57度と言われているよ!

コルタードはその他のコーヒーと比べてもエスプレッソの割合が多く、豆の味わいや風味を感じやすい飲み方であるため、ぜひともコーヒー豆にはこだわりたい飲み方でもあります。

げんた

ミルクチョコのフレーバーを持つようなコーヒー豆でコルタードを作るのも良いかも知れませんね!

あわせて読みたい
エスプレッソ豆のおすすめ人気ランキング9選!通販で買えて美味しい おすすめのエスプレッソ豆をランキング形式で知りたい! 通販で買えて手軽なエスプレッソ豆を教えてほしい…。 こういった疑問や要望にお答えしていきます。 エスプレッ...

コルタードの作り方

コルタードの作り方

コルタードの作り方は、エスプレッソに同量もしくは半分程度のスチームミルクを注げば完成です。

しかし、家で本格的なエスプレッソマシンを用意するのは中々難しいですよね。

そんなときはマキネッタと100円ショップでも買えるようなミルクフローサーを準備しましょう。

温めた牛乳をミルクフローサーで少しだけ泡だて、マキネッタで抽出したエスプレッソに注げば自宅でもコルタードが楽しめます。

コーヒー専門家

口当りやまろやかさが加わるため、ミルクはぜひ泡立てて注ぎましょう!

げんた

でもあんまり泡立てすぎるとカプチーノになってしまうから注意!

そもそものエスプレッソの作り方から知りたい方は、以下の記事をチェック!

あわせて読みたい
【専門家監修】エスプレッソの飲み方とは?本場イタリアの楽しみ方も紹介 エスプレッソの正しい飲み方ってどんなものがあるの?気になる…。 エスプレッソと言えばイタリアだけど、本場イタリアの楽しみ方は何かな? こういった疑問や要望にお答...

コルタードに似たドリンクとその違い

コルタードに似たドリンクとその違い

ここまでコルタードについて解説してきましたが、中には「あれ?あのドリンクに似てる…」と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

事実、コルタードには似ているドリンクが多数存在しています。

そのためここでは、コルタードと似ているドリンクの違いについて詳しく解説していきます!

コルタードと似ているドリンクまとめ
  • カプチーノ
  • カフェマキアート
  • カフェラテ
  • カフェ・コン・レチェ
  • フラットホワイト

カプチーノ

カプチーノ

カプチーノもコルタードと同じくエスプレッソとミルクを合わせたドリンクですが、その違いはミルクの量とふわふわとしたフォームドミルクにあります。

カプチーノはエスプレッソに対してスチームミルク(液体)とフォームドミルク(泡)が同量入る飲み方です。

そのため飲み口は非常にまろやかで、コルタードよりも牛乳の風味が強く感じられるようになります。

カフェマキアート

マキアート

カフェマキアートはその作り方や味わいも非常にコルタードによく似たレシピですが、コルタードよりも更にミルクの量が少なくなります。

もともとマキアートはイタリア語で「シミ」のことで、エスプレッソの上にミルクでシミをつけるといった意味合いでつけられた名前なのです。

そのため使用する牛乳も非常に少量。

また、提供も主にエスプレッソカップで行われます。

カフェラテ

カフェラテ

カフェラテとコルタードの1番の違いは、エスプレッソとミルクの割合です。

カフェラテを作る際のミルクとエスプレッソの割合は1:9もしくは2:8と、ミルクの割合の方がかなり多めになっています。

そのため非常に飲みやすく、日本でも定番の飲み方です。

色もミルクの量が多いため、クリーム色に近い色合いとなります。

また、カフェラテはカプチーノともよく似ていますが、カプチーノよりもスチームミルクの割合が多めなのも特徴です。

あわせて読みたい
【決定版】カフェオレ・カフェラテ・カプチーノ・カフェモカの違いとは? カフェオレとカフェラテの違いはなに?気になる…。 カプチーノ・カフェモカっていう名前を聞いたいことがあるけど、その違いも知りたい! こういった疑問や要望にお答え...

カフェ・コン・レチェ

ハニーミルクラテ(ハニーカフェコンレチェ)

カフェ・コン・レチェとは、スペイン版のカフェオレのこと。

濃いめのコーヒー、もしくはエスプレッソに、同量程度のミルクを合わせたものがカフェ・コン・レチェと呼ばれます。

コルタードと比べると牛乳の割合が多く、カフェラテと比べるとややコーヒーが強めの味わいです。

スペインでは豆にこだわらない代わりに、ミルクの量や温度に対して非常にこだわりが強く、カフェ・コン・レチェも例外ではありません。

少しだけコーヒーが少なめのものをオーダーするときは「コルト・デ・カフェ」、少しだコーヒーが多めのものをオーダーするときは「ラルゴ・デ・カフェ」というのだそうです。

フラットホワイト

フラットホワイトとは?

フラットホワイトはカフェラテとコルタードの中間くらいに位置します。

特徴としてはスチームミルクの割合が非常に多く、フォームドミルクはうっすらと乗るだけであること。

コルタードはミルクに対してエスプレッソの量は同量、もしくは倍量となりますが、フラットホワイトの場合はエスプレッソに対して牛乳の量が2倍ほどになります。

そのためカフェラテよりもコーヒーが強く、コルタードよりもミルクが強い味わいです。

フラットホワイトも近年スターバックスを始めとしたカフェで提供される機会が増えています。

あわせて読みたい
【最新】フラットホワイトとは?カフェラテとの違いから作り方までご紹介 最近よく聞くフラットホワイトとは何ですか?なぜ人気が出てきたの? フラットホワイトの美味しさや特徴を教えてください。カフェラテとはどう違うの? こういった疑問...

どの飲み方が1番濃い?

提供されるお店によって多少の違いはあるものの、コルタードを含む上記で紹介したレシピは、おおよそ以下のような順番でコーヒーが強くなっています。

カフェラテ<カプチーノ≦カフェ・コン・レチェ<フラットホワイト<コルタード<カフェ・マキアート

上記を参考にして、お好みの飲み方を見つけてみてくださいね!

コーヒー専門家

こうして見るとエスプレッソには色んな楽しみ方があるんだね!

コルタードはスターバックス リザーブ ロースタリー トウキョウでも飲める

コルタードはスターバックス リザーブ ロースタリー トウキョウでも飲める

コルタードは近年コーヒースタンドなどのこだわりの店で提供されることが増えつつありますが、実はスターバックスでも飲むことが出来ます。

提供店舗は今の所スターバックス リザーブ ロースタリー トウキョウに限られていますが、今後増えていくと嬉しいですね!

商品情報

コルタード(HOT)748円(税込み)68cal(ミルクの場合)
げんた

行く機会があったらぜひ試してみましょう!

コルタードでいつもと違うエスプレッソを楽しもう

コルタードでいつもと違うエスプレッソを楽しもう

いかがでしたでしょうか?

徐々に日本でも知られつつある、コルタードについて詳しくご紹介致しました。

今回のまとめは以下のとおりとなります。

  • コルタードとはスペイン発祥の飲み方
  • コルタードは「切る」という意味合いがある
  • エスプレッソに同量・もしくは半分ほどの少なめのスチームミルクを入れる
  • 地域や国で呼び方が違う
  • アメリカ西海岸では提供グラスにちなんで「ジブラルタル」と呼ばれる
  • コーヒーが濃厚で、ミルクが加わりややまろやかな味わいとなる
  • 似ているドリンクがいくつか存在する
  • スターバックス リザーブ ロースタリー トウキョウでも提供されている

エスプレッソは牛乳の量や温度によって大きく味わいが変化します。

コルタードもそんなエスプレッソの魅力を味わえるレシピの1つ。

エスプレッソをしっかりと味わってみたいけど、そのままでは苦すぎるといった方にとってもおすすめの飲み方です。

あなたもコルタードで、新しいエスプレッソの魅力に触れてみませんか?

またエスプレッソと非常に親しみのあるスペインのコーヒー事情について知りたい方は、以下の記事をチェック!

あわせて読みたい
【最新】スペイン産コーヒー豆の特徴とは?グレードからおすすめまで紹介 スペイン産のコーヒー豆の特徴ってなに? グレードやおすすめを知りたい‼! このような疑問や要望にお答えします。 この記事の結論 スペインではコーヒーに入れ...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
【概念が変わる?!】数々のグランプリを獲得した世界が認めるコーヒー
珈琲きゃろっと サイドバー
内容量200g×2銘柄
価格今だけ¥1,980(送料無料)※返金保証付き
コスパ 5.0
鮮度 5.0
飲みやすさ 4.5
おすすめ度 5.0

正直、コーヒーは種類がありすぎて迷ってしまいますよね。

そんな方には当サイトで一番人気の「珈琲きゃろっと」を強くおすすめします。

数々の賞を獲得し、味の美味しさはお墨付き。

スペシャルティコーヒーという世界的にも希少な高品質のコーヒー豆を使用。

際立つ香り高い風味と、後味が甘いのが特徴的。

今なら初回数量限定で、53%OFFのコーヒー豆お試しセットが楽しめます。

市販では味わえないような美味しさなので、通販で買うのがおすすめ。

コク
深い
あっさり
甘み
強い
弱い
酸味
強い
弱い
苦味
強い
弱い
香り
強い
弱い

\ 今だけ初回限定53%OFF /

この記事を書いた人

松岡美由紀のアバター 松岡美由紀 食品衛生責任者/IIAC エスプレッソイタリアーノテイスター

福岡で男児2人を育児中のパート主婦。結婚を機に務めたコーヒー屋で苦手だった筈のコーヒーに目覚める。特にエスプレッソ抽出の楽しさにのめり込み、自身でもエスプレッソマシンを購入し抽出を行なったり様々な店でエスプレッソの飲み比べを行う。とあるイタリアンバールのサービスとエスプレッソに衝撃を受け、自身もいずれイタリアでのバリスタ修行を志している。キッチンカーや屋台、トゥクトゥクも好きで、将来それらを使用してコーヒー屋を開業したいと言う野望を持つ。

IIACのエスプレッソイタリアーノテイスターの資格を取得。いつ何処でコーヒーを出しても良いように食品衛生責任者の資格も持っています。

目次
トップへ
タップできる目次
閉じる