MENU
» 【数量・期間限定】専門家が選ぶおすすめコーヒー豆&粉!

コーヒードリッパーのおすすめ7選!おしゃれに最高の1杯を淹れよう

おすすめのコーヒードリッパーを教えてほしい!

おしゃれで機能性の高いコーヒードリッパーを買いたい!

今回はこういった疑問にお答えしていきます。

この記事から分かること
  • コーヒードリッパーの選び方
  • おすすめのコーヒードリッパー
  • コーヒードリッパーを代用する方法
本記事を監修する専門家
コーヒー豆研究所 げんた
げんた

コーヒー豆研究所は、日本安全食料料理協会(JSFCA)認定のコーヒーソムリエ、げんた(@topcoffeelab)が監修しています。

それでは早速見ていきましょう。

当サイトのおすすめコーヒーはこちら
  1. 珈琲きゃろっと:世界で1台!自社開発の焙煎機で焙煎した「最高の品質・鮮度・焙煎」のコーヒー豆。今なら初回数量限定53%OFF!
  2. ドイコーヒー会員数3万人を超える人気のリピート商品!質にこだわったコーヒーが魅力で、注文を受けてから焙煎するから超新鮮。
  3. BeansExpress:バランスのとれた飲みやすいブレンド!焙煎歴30年のベテラン焙煎士が1つ1つ丁寧に焙煎。ホットでもアイス美味しい!

さらに詳しく知りたい方は「【決定版】コーヒー豆の通販おすすめ人気ランキング14選!専門家が厳選」をチェック!

目次

コーヒードリッパーの選び方

コーヒードリッパーの選び方

ではまずコーヒードリッパーの選び方について解説していきます。

これからご紹介するポイントを知っておけば、自分が好きなドリッパーが明確になるはずです。

選ぶポイントは合わせて3つあります。

  1. 形で選ぶ
  2. フィルターの種類で選ぶ
  3. 作られた素材で選ぶ

1つ1つ解説していきます。

形で選ぶ

形状で選ぶという方法です。

この形状はコーヒードリッパーに2つ存在します。

  1. 台形
  2. 円錐形

これも詳しくご紹介します。

台形

台形のコーヒードリッパーは、お湯が広い範囲にしっかりと浸透してからコーヒーが抽出されるので、コクが深いのが特徴。

一般的に1〜3個の穴が設けられていて、穴の数もコーヒーの味わいを左右するポイントと言えるでしょう。

コーヒー専門家

穴の数が少ないと濃いめに、多いと薄めのコーヒーに仕上がるよ!

コーヒードリッパーの内側に設けられたリブ

またリブと呼ばれるコーヒードリッパーの内側に設けられた溝も大切なポイントです。

リブがお湯の流れを調節するので、コーヒーの抽出時間に関わってきます。

すっきりとした味わいを楽しみたい場合はリブなし、しっかりとした味わいならリブがあるタイプをチェックしてみましょう。

円錐形

続いては円錐形です。

お湯がストレートに流れて落ちるので、すっきりとした味わいになるのが特徴。

コーヒー粉の厚みができるため、しっかりと成分を抽出できるのも魅力的です。

また円錐形の形状を生かして、お湯が落ちやすいというメリットもあります。

それによってあっさりとした味わいに仕上がりやすいのです。

フィルターの種類で選ぶ

フィルターには種類が2つあります。

  1. ペーパーフィルター
  2. ステンレスフィルター

これも1つ1つ解説していきます。

ペーパーフィルター

ペーパーフィルターは一番身近にある、使い捨てで手軽に使えるフィルターになります。

紙にコーヒーの油分が染み込むため、ステンレスフィルターよりもすっきりとした味わいになるのが特徴。

ステンレスフィルター

ステンレスフィルターは使用後に洗うことによって、何度でも繰り返し使うことができます。

ゴミが出ないのでエコでありますし、フィルターを買う手間がないのも大きなメリットでしょう。

ステンシルなどが人気でスタイリッシュなデザインもおしゃれ。

げんた

僕もこのステンレスフィルターを使っているよ!

作られた素材で選ぶ

続いては素材で選ぶ方法。

大きく分けて4つあります。

  1. 陶器製
  2. プラスチック製
  3. ガラス製
  4. 金属製

これも1つ1つ解説していきます。

陶器製

一番普及していて、お手頃価格で入手しやすいのが特徴です。

耐久性が高いため長期間使えるのに加えて、程よい重みがあるため使用時の安定性にも 人気があります。

プラスチック製

軽量で割れる恐れもないので、一番気軽に扱えるのがポイント。

価格がとにかく安いので、初心者の方にはエントリーモデルとして使うのもアリでしょう。

ガラス製

ガラスならではの繊細&美しいデザインが楽しめます。

耐久性も優れているので、長期間の使用にも向いています。

割れやすい素材なので取り扱いには注意が必要です。

金属製

熱伝導率がかなり高く、一定の温度でコーヒーを抽出できる点が人気のポイント。

ハンドドリップで蒸らしを行うときにも本体が冷めにくいため、コーヒーをより美味しくが淹れられるのもメリットです。


それでは早速おすすめのコーヒードリッパー7選をご紹介していきます。

まとめると以下の通り。

  1. ハリオ V60透過ドリッパー02クリア VD-02T
  2. ニトリ JMNS-007BR
  3. カリタ ウェーブドリッパー155
  4. 無印 磁器ベージュ ドリッパー 02797188
  5. メリタ アロマフィルター AF-M 1×2
  6. ハリオ V60オリーブウッドスタンドセット
  7. カリタ HA102 #02010

1つ1つ解説していきます。

1. 世界中でプロに愛用されているコーヒードリッパー「ハリオ V60透過ドリッパー02クリア VD-02T」

ハリオ V60透過ドリッパー02クリア VD-02T

最初にご紹介するおすすめのコーヒードリッパーは「ハリオ V60透過ドリッパー02クリア VD-02T」。

円錐タイプのロングセラー商品として高評価のコーヒードリッパーになります。

世界中でプロに愛用されているドリッパーで、初心者から上級者まで幅広い人におすすめできる商品となっています。

そのシンプルで洗練されたデザインから2007年にはグッドデザイン賞を受賞しています。

げんた

デザイン性もあっておしゃれだね…。

コーヒー豆の旨味と香りをしっかり抽出できる

こちらのドリッパーは円錐タイプのためコーヒー粉の層ができます。

これによって注いだお湯が円錐の頂点へと流れ、コーヒー豆の旨味と香りをしっかり抽出できるのが魅力的。

お湯の注ぎ方次第では、味わいや濃さを調節で来ます。

らせん状の「スパイラルリブ」がペーパーフィルターとコーヒードリッパーの間に絶妙な空間を作るため、粉がしっかりと膨らみスムーズに抽出可能。

プラスチック製で、食洗機にも対応しているのでお手入れも簡単です。

サイズは1〜4杯用になっていますが、他にも2杯用や6杯用なども提供されています。

価格は¥358〜とかなり安いです。

2. 一人暮らしにぴったりの飴釉コーヒードリッパー「ニトリ JMNS-007BR」

ニトリ JMNS-007BR

続いてご紹介するおすすめのコーヒードリッパーは「ニトリ JMNS-007BR」。

ニトリはコーヒードリッパーとしても人気を博しています。

一人暮らしにぴったりの飴釉(あめゆう)ドリッパーで、抽出時間が早い3つ穴タイプになります。

※飴釉とは鉄釉の一種で、酸化焼成で褐色になる釉薬になります。 酸化鉄が5~8%含まれており、それ以上増えると黒釉になります。

げんた

マグカップも併せて購入してみても良いかもね。

価格は¥370でコスパ抜群。

3. ステンレス製でアウトドアにもぴったりなコーヒードリッパー「カリタ ウェーブドリッパー155」

カリタ ウェーブドリッパー155

続いてご紹介するおすすめのコーヒードリッパーは「カリタ ウェーブドリッパー155」。

リブなしタイプの円錐型コーヒードリッパーになります。

専用のウェーブペーパーフィルターと一緒に使うことで、お湯が均一に馴染みやすくなります。

これによって味ムラの少ないコーヒーを堪能できるのが特徴です。

ステンレス製で頑丈なため、アウトドアにもぴったりでしょう。

カリタ独自の3つ穴式

円錐タイプでありながらも、こちらのコーヒードリッパーはカリタ独自の3つ穴式を採用しています。

これにより雑味の少ないコーヒーを淹れられることが可能になったのです。

またコンパクトなサイズとなっていて1〜2人用。

価格は¥1,855と少々お高めですが、買う価値はあります。

4. 磁器を素材にしたコーヒードリッパー「無印 磁器ベージュ ドリッパー 02797188」

無印 磁器ベージュ ドリッパー 02797188

続いてご紹介するおすすめのコーヒードリッパーは「無印 磁器ベージュ ドリッパー 02797188」。

磁器を素材にしたコーヒードリッパーで、お手頃価格なのがおすすめのポイントです。

シンプルでおしゃれなデザイン性もさることながら、サイズもかなり大きいのです。

フィルターがはみ出ないようにと無印さんのこだわりを感じます。

是非購入してみてください。

価格は¥790と安い!

5. 台形タイプの人気コーヒードリッパー!価格も安い「メリタ アロマフィルター AF-M 1×2」

メリタ アロマフィルター AF-M 1×2

続いてご紹介するおすすめのコーヒードリッパーは「メリタ アロマフィルター AF-M 1×2」。

台形タイプの大人気コーヒードリッパーです。

プラスチック製のため気軽に取り扱えるうえに、価格もかなり安いのでハンドドリップがはじめての人にもおすすめできます。

毎回好みの味わいに仕上げることが可能

メリタ独自の1つ穴方式によって、いつも正確な時間でコーヒーを抽出できるのも嬉しいポイント。

これによって毎回自分好みの味わいを再現できますよ。

またコーヒー粉をしっかりと蒸らせるように、穴の位置が高めに設計されているのも魅力的。

コーヒー専門家

より深くコーヒー豆の香りを引き出せるね!

サイズは2〜4杯用となっていて、杯数の目盛りが記されています。

抽出するときに、ペーパーフィルター越しに目盛りを参考にすることによって正確な量のコーヒーを淹れることも可能でしょう。

価格は¥532。

6. 天然木がおしゃれなコーヒードリッパーセット「ハリオ V60オリーブウッドスタンドセット」

ハリオ V60オリーブウッドスタンドセット

続いてご紹介するおすすめのコーヒードリッパーは「ハリオ V60オリーブウッドスタンドセット」。

天然の木で作られたこちらのコーヒードリッパーは、風合いがおしゃれなセットになります。

オリーブウッドの美しい木目がなんとも言えない雰囲気を醸し出しており、ナチュラルなコーヒーが楽しめます。

インテリアとしても映えるコーヒードリッパーなので、毎日のコーヒーが楽しくなること間違いなしです。

コーヒー器具をまとめて揃えられるセット

コーヒードリッパーとスタンドの他にも、サーバーやペーパーフィルター、スプーンが付属して購入可能です。

コーヒードリッパー・サーバーはスタイリッシュなデザインの耐熱ガラス製で、安心して使う事ができます。

サイズは一般的な1〜4杯用。

コーヒー専門家

デザイン性に優れたコーヒードリッパーを探している方は是非購入してみてください!

価格は¥7,709と少々お高めですが、買う価値はあります。

created by Rinker
HARIO(ハリオ)
¥7,709 (2021/10/21 15:11:10時点 Amazon調べ-詳細)

7. 陶器のコーヒードリッパーなら!おしゃれ&ロングセラー「カリタ HA102 #02010」

カリタ HA102 #02010

最後にご紹介するおすすめのコーヒードリッパーは「カリタ HA102 #02010」。

陶器のコーヒードリッパーならこちらのドリッパーがおすすめです!

「カリタ」と「波佐見焼」のコラボレーションから生まれたカリタ式三つ穴ドリッパーになります。

全てホワイトで統一されたデザインは洗練されていながらおしゃれ。

げんた

ロングセラー商品としても有名だね!

安心安全の日本産

ドリッパーの性能を左右する底部のリングは水平精度が高いため、サーバーやマグの上でもがたつくことはありません。

また3つ穴の抽出口を均質に配置することによって、理想的な濾過速度を発揮してくれます。

くっきりと刻まれた「MADE IN JAPAN」の刻印がクオリティの証です。

コーヒー専門家

思わずコーヒーが飲みたくなるね!

価格は¥1,830とコスパ抜群です。

コーヒードリッパーを代用する方法

コーヒードリッパーを代用する方法

ではここでコーヒードリッパーを代用する方法についてご紹介します。

あなたもドリッパーがなくなってしまって途方に暮れた経験はありませんか?

今回はおすすめの代用方法についてお伝えします。

大きく分けて2つあります。

キッチンペーパーで代用

キッチンペーパーを代用するときは、できるだけ固めの素材を選ぶのをおすすめします。

水に溶けやすいものや薄すぎるものは、水を注いでいる途中で破れてしまう可能性があるからです。

キッチンペーパーはエンボスタイプの他に「フェルトタイプ」があります。

こちらは厚手ですが表面がふわっと柔らかく、水や油をよく吸収するのが特徴的です。

茶こしで代用

続いては茶こしで代用する方法です。

コーヒーフィルターの金属タイプのイメージを持つと良いでしょう。

茶こしをティーカップまたはドリッパーにセットしつつ20秒ほど蒸らした後、中心に向かってお湯を丁寧に注ぎましょう。

抽出液には微粉やコーヒーオイルが含まれるため、旨みの強いフレンチプレスのようなコーヒーに仕上がります。

お好みで使い分けましょう。

お気に入りのコーヒードリッパーを見つけよう!

お気に入りのコーヒードリッパーを見つけよう!

いかがだったでしょうか?

コーヒードリッパーのおすすめを7つご紹介しました。

もう一度まとめると以下の通りです。

  1. ハリオ V60透過ドリッパー02クリア VD-02T
  2. ニトリ JMNS-007BR
  3. カリタ ウェーブドリッパー155
  4. 無印 磁器ベージュ ドリッパー 02797188
  5. メリタ アロマフィルター AF-M 1×2
  6. ハリオ V60オリーブウッドスタンドセット
  7. カリタ HA102 #02010

今回お伝えしたコーヒードリッパーのほかにも、おすすめしたいドリッパーはたくさんあります。

是非手軽に買えるものばかりなので、積極的に購入してみてください。

自分のお気に入りのコーヒードリッパーを見つけて、充実したコーヒーライフを送ってください!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる