MENU
» 【数量・期間限定】専門家が選ぶおすすめコーヒー豆&粉!

【初心者必見】簡単にできるコーヒーの入れ方とは?手軽で美味しい

簡単に淹れることができるコーヒーってどんなものがあるの?

手軽で美味しいコーヒーが飲める方法ってないかな?

こういった疑問にお答えしていきます。

この記事の結論
  • 簡単にできるコーヒーの入れ方として、最もおすすめなのはコーヒー機能付きウォーターサーバーを利用すること
  • コーヒードリップも比較的簡単。手入れもしやすい
  • コーヒードリップで用意するものはコーヒーとフィルターとドリッパーのみ
本記事を監修する専門家
コーヒー豆研究所 げんた
げんた

コーヒー豆研究所は、日本安全食料料理協会(JSFCA)認定のコーヒーソムリエ、げんた(@topcoffeelab)が監修しています。

それでは早速見ていきましょう!

当サイトのおすすめコーヒーはこちら
  1. 珈琲きゃろっと:世界で1台!自社開発の焙煎機で焙煎した「最高の品質・鮮度・焙煎」のコーヒー豆。今なら初回数量限定53%OFF!
  2. BeansExpress:バランスのとれた飲みやすいブレンド!焙煎歴30年のベテラン焙煎士が1つ1つ丁寧に焙煎。ホットでもアイス美味しい!
  3. ドイコーヒー会員数3万人を超える人気のリピート商品!質にこだわったコーヒーが魅力で、注文を受けてから焙煎するから超新鮮。

さらに詳しく知りたい方は「【決定版】コーヒー豆の通販おすすめ人気ランキング13選!専門家が厳選」をチェック!

目次

簡単にできるコーヒーの入れ方は「コーヒードリップ」

簡単にできるコーヒーの淹れ方は「コーヒードリップ」

家でも美味しくて本格的なコーヒーを味わいたいという人におすすめな入れ方が、「コーヒードリップ」です。

少し時間はかかりますが、その分美味しいコーヒーを飲むことができますよ。

ドリッパーから最初に落ちる1滴は1番美味しいコーヒーであるとされ、特別だという意味を込めて「ファーストドリップ」と言います。

逆にコーヒーは抽出時間が長くなればなるほど苦味や雑味が出てしまうので、最後の1滴まで落とすのは避けるのがベターです。

げんた

コーヒーを入れる方法はいろいろあるけど、コーヒードリップは素人でも簡単だよ。

本格的なコーヒーメーカーを使ってももちろん美味しいコーヒーは飲めますし、最近はインスタントコーヒーのクオリティも上がってきています。

ですが、手軽さと美味しさのバランスが1番取れていると言っても過言ではないのが「コーヒードリップ」です。

初期費用が抑えられて手入れもしやすく、コーヒー本来の味・風味・コクを楽しめますよ。

ドリップコーヒーについてはより詳しい知りたい方は「【極みの一杯】ドリップコーヒーとは?その種類からいれ方からまで解説」の記事をチェック!

あわせて読みたい
【極みの一杯】ドリップコーヒーとは?その種類からいれ方からまで解説 ドリップコーヒーとは何ですか?美味しいんですか? ドリップコーヒーには、どんな種類があるんですか?美味しいドリップコーヒーの淹れ方を基本から教えてください! ...

簡単にできるコーヒーの入れ方「コーヒードリップ」で用意するもの

簡単にできるコーヒーの淹れ方「コーヒードリップ」で用意するもの

「コーヒードリップ」を試してみたいと思っても、何から準備すれば良いか分からないとなかなか始められないですよね。

どのようなものが必要なのでしょうか。

コーヒー粉(1人分)

まず必要なのはコーヒー粉です。

コーヒー豆とはコーヒーチェリーの種子のことをいいますよね。

それに対してコーヒー粉とは、コーヒー豆を挽いたもののことを指します。

「コーヒードリップ」ではこのコーヒー粉を使いますよ。

コーヒー豆から挽くのであれば、入れる直前に挽くことをおすすめします。

というのも、コーヒー豆は焙煎した直後からどんどん酸化が進んでいき、味が劣化してしまうし、香りも飛んでしまうからです。

せっかく飲むなら美味しいコーヒーが良いので、もしコーヒー豆から挽くのであれば1度に大量に挽くのではなく、自分が飲む量だけ挽くようにしましょう。

あわせて読みたい
【決定版】コーヒー豆の通販おすすめ人気ランキング13選!専門家が厳選 コーヒー豆や粉を通販で買えるおすすめの人気サイトが知りたい! 激安なコーヒー豆から高級なコーヒー豆まで買えるお店を教えてほしい…。コスパ抜群な商品は? こういっ...

ペーパーフィルター

「コーヒードリップ」に欠かせないアイテム、2つ目はペーパーフィルターです。

次に説明するドリッパーにこのペーパーフィルターをセットし、その上にコーヒー粉をのせてお湯を注いでコーヒーを入れます。

ペーパーフィルターには台形型と円錐型の2種類があります。

台形型はコーヒー粉にむらなくお湯を注げる設計になっていて、雑味を吸収していつでも同じ味の美味しいコーヒーが飲めますよ。

円錐型はコーヒーの成分をより多く抽出できて、余分な油分を吸い取ってくれるのですっきりとした味わいのコーヒーが好きな方におすすめです。

色も特徴がある

また、色も茶色と白の2色あり、それぞれ特徴があります。

茶色のペーパーフィルターは無漂泊のもので、原材料である木の匂いがコーヒーに移る可能性がありますが、その分安価で経済的です。

これに対して漂白したものが白色のペーパーフィルターで、木の匂いが移りにくいですが、取り扱っているお店が少ないという難点があります。

漂白には酸素が使われていて、人体に有害な影響を与えないので安心してください。

あわせて読みたい
コーヒーフィルターのおすすめ6選!種類から美味しい淹れ方まで解説 おすすめのコーヒーフィルターが知りたい! コーヒーフィルターの種類がよくわからない…。 今回はこういった疑問にお答えしていきます。 この記事から分かること コーヒ...

ドリッパーもしくは茶こし

フィルターをセットするために使うのがドリッパーです。

フィルターに合わせて台形タイプと円錐タイプがあり、入れるのが簡単なのが台形、コーヒーの味を毎回変えられる円錐と、用途に合わせて選べますよ。

ドリップ部分に開いている穴も、1つや3つなど種類があります。

1つだと味が濃くなり、3つだと味が薄くなるので、こちらも好みで選んでください。

材質も、安価だけれど劣化しやすいプラスチック製、丈夫な金属製など、種類があるので自分の使用頻度や飲みたいコーヒーに合わせて用意しましょう。

また、ドリッパーはお茶を入れる時に使う茶こしでも代用できます。

こちらだと、目が細かいものを使えばフィルターの役割も果たしてくれますよ。

コーヒー専門家

最初は茶こしでコーヒー?ってちょっと疑問だったけど、意外と美味しかった!

あわせて読みたい
コーヒードリッパーのおすすめ7選!おしゃれに最高の1杯を淹れよう おすすめのコーヒードリッパーを教えてほしい! おしゃれで機能性の高いコーヒードリッパーを買いたい! 今回はこういった疑問にお答えしていきます。 この記事から分か...

簡単にできるコーヒーの入れ方「コーヒードリップ」のやり方

簡単にできるコーヒーの淹れ方「コーヒードリップ」のやり方

「コーヒードリップ」の手順を以下に紹介します。

コーヒードリップのやり方
  1. コーヒーカップの上にドリッパーを置く。
  2. ドリッパーにペーパーフィルターとコーヒー粉をセット。
  3. お湯を数回に分けて注ぐ。

やり方自体はシンプルで簡単です。

より美味しく入れるためのポイントも紹介していきます。

STEP
温める

まず、お湯を沸かした段階でドリッパーやコーヒーカップにもお湯を注いで温めておきましょう。

そうすることで冷めにくくなるので、コーヒーの美味しさが長続きしますよ。

STEP
蒸らし

1回目は10~20mlほどの少量のお湯をコーヒー粉全体に行き渡るように注ぎ、30~40秒ほど待って蒸らします。

この蒸らしを行うことで、豆の個性を存分に引き出した美味しいコーヒーが飲めますよ。

STEP
3,4回に分けて蒸らす

蒸らした後も少量ずつ3~4回に分けてお湯を注いでください。

この時使うお湯の温度は、沸騰してから少し冷ました95℃前後がベストです。

十分な量のコーヒーができたら、ドリッパーを外して完成です。

上でも述べましたが、最後の1滴まで抽出しないように注意が必要ですよ。

出来上がったコーヒーをよくかき混ぜて飲めば、まるでお店で入れてもらったかのような美味しさを味わえます。

コーヒー専門家

一工夫するだけで美味しいコーヒーにありつけるね。

最も簡単にコーヒーを入れたい場合はウォーターサーバーがおすすめ

最も簡単にコーヒーを入れたい場合はウォーターサーバーがおすすめ

ウォーターサーバーがあれば、いつでも新鮮な水とお湯を使うことができますよね。

ドリッパーをコーヒーカップにセットしてフィルターとコーヒー粉を入れて、後はウォーターサーバーからお湯を注ぐだけで良いので、お湯を沸かす手間も省けます。

新鮮なお湯で入れたコーヒーは、格別の味がしますよ。

そこで、「コーヒードリップ」をする際におすすめのウォーターサーバーを2つ紹介します。

1. おしゃれで美しいデザイン「フレシャス スラット+カフェ」

プレシャス スラット+カフェ
出典:公式HP

オリジナルモデルである「スラット」の特徴をそのまま活かして、カフェ機能が追加された「フレシャス スラット+カフェ」

コーヒーだけでなく紅茶や緑茶を入れるのにも適しているので、幅広く楽しめますよ。

朝の忙しい時間でも、夜の疲れた時間でも、いつでも美味しい水とドリンクが飲めます。

カプセルを使って手軽に飲むのも、専用のフィルターを使ってお好みのコーヒー豆を使って飲むのも自由自在です。

夏はアイスコーヒーを飲むこともできるので、1年中大活躍してくれますね。

商品スペック

商品名スラット+カフェ
大きさ(cm)幅29×奥行35×高さ111
容量水タンク1.5ℓ お湯タンク1.5ℓ
水温冷水4~10℃ 温水80~85℃ エコモード70~75℃ リヒートモード90℃
価格月額料金:1,247円〜

\ 最大16,500円キャッシュバック /

2. 注文ノルマや追加料金なしの安心な料金体系「アクアクララ アクアウィズ」

アクアクララ アクアウィズ
出典:アクアクララ公式HP

こちらは「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」「ネスカフェ ドルチェ グスト ジェニオ アイ」に対応した一体型のウォーターサーバーです。

このマシンが1台あれば水・お湯・ドリップコーヒーだけでなく、さまざまなカフェメニューも楽しめますよ。

アクアクララは源水から3回ろ過を行うことで、酸素をほとんど含まない美味しい水を出すことに成功しています。

水の宅配サービスや、利用人数に合わせた月々の利用金額の計算なども行ってくれるので、費用が分かりやすいのがありがたいですよね。

抗菌仕様・チャイルドロック式なので、1人で使うのはもちろんどんなご家族でも使いやすいのがポイントです。

商品スペック

商品名アクアクララ アクアウィズ
大きさ(cm)幅32×奥行32×高さ13
容量水タンク3.3ℓ お湯タンク1.6ℓ
水温冷水5~10℃ 温水89~95℃(省エネモード時70~75℃)
価格月額料金:2,200円

\ キャッシュバックあり /

よりウォーターサーバーについて詳しい知りたい方は「コーヒー機能付きウォーターサーバーのおすすめ2選!値段も徹底比較」の記事をチェック!

あわせて読みたい
コーヒー機能付きウォーターサーバーのおすすめ2選!値段も徹底比較 コーヒーが飲めるおすすめのウォーターサーバーがほしい! 「フレシャス スラット+カフェ」って人気だけど、どんな特徴があるの? 今回はこういった疑問にお答えしてい...

簡単にできるコーヒーの入れ方「コーヒードリップ」を極めてプロの味を目指そう!

簡単にできるコーヒーの入れ方「コーヒードリップ」を極めてプロの味を目指そう!

いかがだったでしょうか?

簡単にできるコーヒーの入れ方について徹底解説しました。

本記事の内容で重要なことをまとめると以下のとおりです。

  • 簡単にできる、最もおすすめなコーヒーの淹れ方はコーヒー機能付きウォーターサーバーを利用すること
  • コーヒードリップも比較的簡単
  • コーヒードリップをする際に用意するものは「コーヒー」「フィルター」「ドリッパー」のみ

簡単にできるコーヒーの入れ方「コーヒードリップ」を極めてプロの味を目指しましょう!

毎日忙しい、時間がないという方は是非ウォーターサーバーを使ってみてください。

あまりの便利さに驚くはずです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる