ダイエット

アイスコーヒーにダイエット効果はある?おすすめ市販コーヒーも紹介

アイスコーヒーはダイエット効果が期待できる
ダイエット中にアイスコーヒーを飲んでもいいの?
アイスコーヒーでダイエットをするにはいつ飲むのが効果的?そもそもダイエット効果はあるの?

こういった疑問にお答えしていきます。

ダイエットをしたくても食事制限や運動を習慣づけするのは難しいですよね。

この記事では、アイスコーヒーでのダイエットに効果的なコーヒーの成分や、適切なタイミングを専門家が徹底解説!

さらに、自宅で手軽に作れる機能性表示食品のアイスコーヒーをご紹介します。

この記事の結論
  • アイスコーヒーにはダイエットに効果を期待できる成分が含まれている
  • ダイエットに効果を期待できるクロロゲン酸は浅煎りコーヒーに多く含まれている
  • 機能性表示食品「UCC 珈琲生活水出しアイスコーヒー」が食後の血糖値対策におすすめ
げんた
げんた

本記事を監修する専門家

コーヒー豆研究所では日本安全食料料理協会(JSFCA)認定のコーヒーソムリエ、げんた(@topcoffeelab)が監修しています。コーヒーをこよなく愛し続けて約8年。バリスタとしての経験がありながら、現在は独自ブランドのコーヒー豆も販売中。

それでは早速見ていきましょう。

当サイトのおすすめダイエットコーヒー
  1. スリムコーヒー:楽天ランキング第1位!日本一の焙煎士が監修しており、味も非常に美味しい。初回50%OFF&いつでも解約OK!
  2. エクササイズコーヒー:コーヒー習慣でスマートにダイエットをサポート!今なら初回約74%OFFで30袋入り980円。
  3. チャコールバターコーヒー:超時短!わすか10秒で作れるから手軽に毎日続けられる。累計販売総数はなんと400万杯を突破!

さらにおすすめのダイエットコーヒーが知りたい方は「【厳選】ダイエットコーヒーのおすすめランキング9選!市販でも買える」をチェック!

アイスコーヒーはダイエット効果が期待できる

アイスコーヒーはダイエット効果が期待できる

普段飲んでいるアイスコーヒーが、ダイエットに役立ったらいいなと思いませんか?

朝食のドリンクや食後のお口直しによく飲まれるアイスコーヒーですが、飲み方やコーヒーの種類を選べば、アイスコーヒーにはダイエット効果があります。

ダイエットしたい、体作りをしたいと思っていても、いきなり運動の習慣づけや厳しい食事制限をするのはハードルが高く感じてしまいますよね。

今回は、アイスコーヒーのダイエット効果を期待できるコーヒーの成分や、機能性表示食品のアイスコーヒーを実際に飲んでみた感想をご紹介します。

ダイエット効果が期待できるアイスコーヒーの成分とは?コーヒーインストラクターが解説

ダイエット効果が期待できるアイスコーヒーの成分とは?コーヒーインストラクターが解説

コーヒーといえば、リラックスや目覚ましの目的で飲む方が多いかと思います。

実は、コーヒーにはダイエットにも効果があると言われています。

げんた
げんた
コーヒーといえばカフェインのイメージが強いよね。

コーヒーには目覚ましに効果的なカフェインだけでなく「クロロゲン酸」という、ダイエットに効果を期待できるポリフェノールも含まれているのです。

ここでは、クロロゲン酸とカフェインのダイエット効果を解説します。

クロロゲン酸

クロロゲン酸は、糖尿病や肥満防止のサプリメントに含まれているほど、ダイエット効果を期待できるポリフェノールです。

コーヒー専門家
コーヒー専門家
クロロゲン酸は主に、コーヒー豆やじゃがいもに含まれているよ。

食後の糖の分解や、脂肪の吸収を抑える作用が報告されています。

クロロゲン酸には糖質を分解する酵素を、阻害する作用があるのです。

クロロゲン酸と聞くと、聞き慣れないですがコーヒーに含まれ、ダイエットに効果的なポリフェノールなのです。

Chlorogenic acids in green coffee bean extract reduce blood pressure in spontaneously hypertensive rats and humans.

引用元:The blood pressure-lowering effect and safety of chlorogenic acid from green coffee bean extract in essential hypertension

カフェイン

カフェインといえば、エナジードリンクで有名ですよね。

実はカフェインは覚醒効果だけでなく、ダイエット効果も期待できると言われているのです。

カフェインは脂質の代謝を高めることが、近年の研究でわかりました。

カフェインを摂取すると体内のリパーゼという酵素が活性化され、脂肪はエネルギーに活用されやすい酸に変化します。

コーヒーに含まれるカフェインを摂取することで、眠気覚ましになるだけでなく脂肪の代謝を高めることもできると言われているのです。

ーfat loss with aerobic exercise can be increased when caffeine is ingested prior to the training sessions.

引用元:The effects of caffeine and exercise on body weight, fat-pad weight, and fat-cell size

ダイエットにはアイスコーヒーとホットコーヒー、どちらが効果的なのか?

ダイエットにはアイスコーヒーとホットコーヒーどちらがより効果的?

ダイエットを意識して飲むのならアイスかホットかよりも、どんな種類のコーヒーを飲むかが重要です。

なぜなら、先ほどご紹介したダイエットに有効だと言われているコーヒーの成分の量は、焙煎の深さやコーヒー豆の種類に左右されるからです。

そのため、ダイエットに効果を期待できるコーヒー豆を選んで飲むことが重要です。

とはいえ、体を冷やしすぎるようなキンキンのアイスコーヒーよりは、ホットコーヒーの方が良いでしょう。

どちらが良いという実際の研究結果としては出ていませんが、ホットコーヒーのほうが新陳代謝が高まるため痩せやすい体に近付けてくれるはずです。

げんた
げんた
カフェインやポリフェノールのダイエット効果が促進されるのは、80度前後がベストとされています。

またアイスコーヒーの方がホットよりも含まれるカフェインの量が少ないです。

それに加えてカフェインの血中濃度が最大になるまでに時間が多くかかります。

そのため、ダイエットのために飲むのであればホットコーヒーがおすすめでしょう。

アイスコーヒーでのダイエットに効果的なのは浅煎り

アイスコーヒーでのダイエットに効果的なのは浅煎り

食後の糖の分解や脂肪の吸収を抑える効果を期待できる、ポリフェノールのクロロゲン酸。

クロロゲン酸をより多く摂りたい時は、浅煎りのコーヒーがおすすめです。

実はクロロゲン酸は熱に弱い性質を持っています。

コーヒーの生豆に5〜10%含まれていたクロロゲン酸は、焙煎の熱によって減少し焙煎後には5%前後に減少するのです。

アイスコーヒーのダイエット効果を狙いたい方は、浅煎りのコーヒー豆を選びましょう。

浅煎りコーヒーについては「【最新】浅煎りコーヒーの特徴とは?美味しい淹れ方からおすすめまで紹介」の記事をチェック!

浅煎りコーヒーの特徴とは?
【最新】浅煎りコーヒーの特徴とは?美味しい淹れ方からおすすめまで紹介浅煎りコーヒーについて徹底解説していきます。コーヒー豆には焙煎という工程があり、その焙煎度合いによって味も異なってきます。そこで今回は浅煎りと呼ばれる特徴について、美味しい淹れ方や通販・市販でも買えるおすすめ商品をご紹介します! ...

ダイエットにはアイスコーヒー以外のドリンクも効果的?

ダイエットにはアイスコーヒー以外のドリンクも効果的?

ダイエットの目的とはいえ、コーヒー以外のものを飲みたくなる時もありますよね。

そんな時におすすめしたいのが、アイスティーです。

アイスティーにはコーヒーには含まれていない、テアフラビンというポリフェノールも摂取できます。

また、アイスティーにはカフェインも含まれています。

コーヒーと紅茶、100mlあたりに含まれるカフェイン量を比べると、以下のとおりです。

ドリンク名カフェイン量
コーヒー0.06g
紅茶0.03g

アイスティーは、テアフラビンというポリフェノールに加えてカフェインも摂取できるのです。

アイスコーヒーにはないダイエット効果を期待できるアイスティーの成分

アイスティー含まれているテアフラビンというポリフェノールは、血糖値の上昇を抑制する働きがあります。

不規則な食生活で血糖値が正常に保たれなくなると、糖尿病になってしまう可能性があります。

テアフラビンは糖分を吸収する「アミラーゼ」の働きを抑える効果があるため、糖分吸収を抑え、血糖値の上昇を抑制することがわかっています。

アイスコーヒーでダイエットを行う際の飲むタイミング

アイスコーヒーでダイエットを行う際の飲むタイミング

カフェインとクロロゲン酸の働きによって、ダイエット効果を期待できるコーヒーですが、どのタイミングで飲むのが特に有効なのでしょうか。

げんた
げんた
せっかく飲むならもっと効果的に飲みたいよね!

ここでは、朝食に飲む場合と食後に飲む場合の2つに分けて、それぞれのタイミングで飲む時の注意点や気をつけることを解説します。

また、コーヒーと運動を合わせることでより効果的になる、という研究結果についてもご紹介します。

朝食に飲む場合

朝食にコーヒーを飲む場合コーヒーだけでなく他の食品と一緒に、外出する1時間前までに摂るのが好ましいです。

コーヒーのみだとカフェインにより腹痛になる可能性があるので、パンやご飯、野菜と一緒に取り入れるのがよいでしょう。

また、コーヒーのカフェインの働きにより交感神経の興奮を促し、内臓の脂肪分解が進むという研究結果が出ています。

コーヒーを飲んで一定時間をおいて運動することでエネルギー消費が高まり、カフェインによって中性脂肪がより多く分解されるということが分かったのだ。

引用元:コーヒーと運動の関係を読み解く。

朝のコーヒーについてより詳しく知りたい方は「【論文付き】朝コーヒーのメリット・デメリット!おすすめの飲み方も紹介」の記事をチェック!

朝にコーヒーを飲むのは危険?その理由と効果・対処法まで完全解説
【論文付き】朝コーヒーのメリット・デメリット!おすすめの飲み方も紹介朝のコーヒーについて徹底解説していきます。その理由とともに、コーヒーの驚くべき効果、対処法もご紹介!また朝に飲むと太る、痩せるといったダイエットに関する疑問からおすすめの組み合わせまで幅広くお伝えするので、悩んでいる方は必見です。...

食後に飲む場合

コーヒーに含まれるクロロゲン酸は、血糖値の上昇を穏やかにする働きが報告されています。

食後もしくは食事中にコーヒーを摂ると血糖値の上昇が有意に低くなり、食事から30分後の血糖値が0.7倍に抑えられた、という結果が研究により出ています。

食後のコーヒーについてより詳しく知りたい方は「食後のコーヒーの効果は?食前との違いからおすすめの時間帯まで解説」の記事をチェック!

痩せたいなら食後にコーヒーを飲むがおすすめ!
食後のコーヒーの効果は?食前との違いからおすすめの時間帯まで解説食後のコーヒーについて徹底解説していきます。食後のコーヒーは効果的でダイエットにも繋がると言われていますが、実際に与える影響はどのようなものがあるのでしょうか?食前との違いも踏まえながら、痩せるためにベストな時間帯についてもお伝えします! ...

アイスコーヒーでのダイエットにおすすめ!機能性表示食品「珈琲生活水出しアイスコーヒー」

アイスコーヒーでのダイエットにおすすめ!機能性表示食品「珈琲生活水出しアイスコーヒー」

UCC上島珈琲は2021年3月に、日本初の原材料がレギュラーコーヒーのみの機能性表示食品「UCC珈琲生活コーヒーバッグ水出しアイスコーヒー」を発売しました。

機能性表示食品というと、健康のために多少は味が気に入らなくても我慢して飲むイメージがありませんか?

こちらの商品は、UCCの焙煎技術と長年にわたるコーヒー由来クロロゲン酸類研究により、レギュラーコーヒーのみを使った機能性表示食品が実現されたのです。

機能性食品でありながら、レギュラーコーヒー100%を実現したこちらの商品を、ここでは徹底解説します。

機能性表示食品とは?

「機能性表示食品」とは企業の責任において、科学的根拠にもとづいた機能性を表示した食品のことを言います。

販売前に消費者庁長官へ、安全性と機能性の根拠の情報が提出されたものです。

コーヒー専門家
コーヒー専門家
特定の保健の目的が期待できるという機能性を、表示できる食品のことを言うんだね。

コーヒー由来のクロロゲン酸類が食後の血糖値の上昇に効果的

「UCC珈琲生活コーヒーバッグ水出しアイスコーヒー」は、食後の血糖値が気になる方に向けた商品です。

コーヒーに含まれるコーヒー由来クロロゲン酸類の、糖の分解を抑えたり糖の吸収を抑えたりする作用により、食後の血糖値の上昇を穏やかにすることを期待できます。

実際に飲んでみた!口コミもご紹介

実際に飲んでみた!口コミもご紹介

日本初のレギュラーコーヒー100%の機能性表示食品、UCC珈琲生活コーヒーバッグ水出しアイスコーヒーを実際に飲んでみました!

おすすめポイントをまとめると以下のとおりです。

  • ひと晩置くだけで簡単に出来上がる
  • さわやかな酸味とほどよいコクでごくごく飲める
  • 個包装になっており保存にも便利

市販のアイスコーヒーや水出しコーヒーにありがちな渋みや、味が出過ぎた時のえぐみを感じることはなく、美味しくいただけました。

商品スペック

価格648円(税込)
内容量4袋
原材料名コーヒー豆(生豆原産国:ブラジル、コロンビア他)

アイスコーヒーで美味しく手軽にダイエットに挑戦してみよう

アイスコーヒーで美味しく手軽にダイエットに挑戦してみよう

いかがだったでしょうか?

アイスコーヒーに含まれるダイエット効果を期待できる成分や、おすすめの飲むタイミングをご紹介しました。

今回の記事の内容をまとめると、以下のとおりです。

  • アイスコーヒー含まれるクロロゲン酸とカフェインはダイエット効果を期待できる
  • クロロゲン酸は浅煎りコーヒーにより多く含まれている
  • 食後に「UCC 珈琲生活水出しアイスコーヒー」でクロロゲン酸を摂って血糖値対策ができる

アイスコーヒーで美味しくダイエットを始めてみませんか?

健康的な食生活や生活習慣を整えた上で、アイスコーヒーを取り入れてダイエットに挑戦してみましょう。

ABOUT ME
mio
フリーランスWebライター。スターバックスで働いた経験から、カスタマイズや裏技をご紹介します。また、コーヒーインストラクター2級の資格の知識をいかして、皆様がもっとコーヒーを楽しめるような記事を書いていきます。
【リピート率96%】スリムコーヒーに変えて体作りをサポート

スリムコーヒーなかなかダイエットは習慣化しないですよね…。

そこでおすすめなのが、楽天ランキング4冠を受賞した「スリムコーヒー」。

日本一の焙煎士が監修しており、今SNSでも話題を博しています。

  • 82種の植物発酵エキス
  • 8種の厳選成分配合
  • 7種の美容成分

毎日の飲み物をスリムコーヒーに変えて体作りをサポートします!

置き換えダイエットで目指せ!マイナス10kg

特徴
送料無料全国どこでも送料無料
25%OFF2回目以降も25%OFF
サイクル変更可能自由にお届けサイクルを変更可能
いつでも解約できる自身があるからいつでも解約できる
価格¥1,980(初回半額

» 詳細ページ» 公式サイト

こちらの記事もおすすめ!