MENU
» 【数量・期間限定】専門家が選ぶおすすめコーヒー豆&粉!

アラビカ種とロブスタ種の違いとは?コーヒー豆の品種の特徴を解説

アラビカ種とロブスタ種の違いは何があるの?

コーヒー豆全体の品種が知りたい!

今回はこういった疑問にお答えしていきます。

この記事から分かること
  • コーヒー豆の3大原種
  • アラビカ種とロブスタ種の違い
  • コーヒー豆の品種と特徴
本記事を監修する専門家
コーヒー豆研究所 げんた
げんた

コーヒー豆研究所は、日本安全食料料理協会(JSFCA)認定のコーヒーソムリエ、げんた(@topcoffeelab)が監修しています。

それでは早速見ていきましょう。

当サイトのおすすめコーヒーはこちら
  1. 珈琲きゃろっと:世界で1台!自社開発の焙煎機で焙煎した「最高の品質・鮮度・焙煎」のコーヒー豆。今なら初回数量限定53%OFF!
  2. ドイコーヒー会員数3万人を超える人気のリピート商品!質にこだわったコーヒーが魅力で、注文を受けてから焙煎するから超新鮮。
  3. BeansExpress:バランスのとれた飲みやすいブレンド!焙煎歴30年のベテラン焙煎士が1つ1つ丁寧に焙煎。ホットでもアイス美味しい!

さらに詳しく知りたい方は「【決定版】コーヒー豆の通販おすすめ人気ランキング14選!専門家が厳選」をチェック!

目次

アラビカ種・ロブスタ種・リベリカ種はコーヒー豆の3大原種

アラビカ種・ロブスタ種・リベリカ種はコーヒー豆の3大原種

実はコーヒー豆の品種は3つに分かれます。

コーヒー豆はアラビカ種・ロブスタ種・リベリカ種の3つです。

コーヒー専門家

え?コーヒー豆は2種類しか存在しないんじゃないの?

このように思う方もいるでしょう。

しかし昔から「コーヒー豆の3大原種」と呼ばれるものがあります。

それがロブスタ種・アラビカ種・リベリカ種なのです。

ここでは市場で少ししか出回らないリベリカ種について解説します。

リベリカ種とは?

西アフリカのリベリアが原産地になります。

そのため、リベリカ種という名前がついています。

平地でも栽培が可能で、干害、少雨、多雨などの環境でも耐えることが出来ます。

耐病性も強く実が落ちにくいため、労働力が軽減できるというメリットがあります。

しかし、世界全体のコーヒー流通量の1%以下の生産性しかないのと、ヨーロッパでの消費が多いため日本で見ることはほとんどありません。

そのためコーヒー豆の種類はロブスタ種とリベリカ種の2種類とされているのでしょう。

コーヒー豆のアラビカ種とロブスタ種の違いと特徴

コーヒー豆のロブスタ種とアラビカ種の違いと特徴

では、本題のロブスタ種とアラビカ種の違いと特徴について見ていきましょう。

はじめはロブスタ種について解説していきます。

甘い香りを持つアラビカ種

今世界のコーヒー豆生産の約6割が、アラビカ種となっています。

「スターバックス」や「タリーズ」「カルディ」などが販売しているコーヒー豆も、基本的にはこのアラビカ種です。

つまり、生産されている豆の多くは圧倒的にアラビカ種が多いのです。

アラビカ種は酸味が強く、花のような甘い香りが特徴的です。

げんた

原産地はアフリカのエチオピアだよ。

アラビカ種は標高1000~2000mの熱帯高地での栽培に適しており、大きな手間が掛かります。

また霜、乾燥、病害虫などにも弱いのもデメリットで、栽培が難しい品種でもあります。

アラビカ種にも色々種類がある

同じアラビカ種といいつつも、その下の亜種が違えば味や香りも変わってきます。

風味の点から言うと、ティピカ、ブルボンという昔からある品種が香りの質やコク、クリーンさの点では優れているでしょう。

しかしこちらの種類は収穫量が少ないので、減少傾向にあります。

今は低木で手入れがしやすく収穫量の多い「カツーラ」と呼ばれる品種が主流になっています。

詳しくはこちらの記事を参考にしてみてください。

あわせて読みたい
コーヒー豆のアラビカ種とは?特徴や種類の違いについて徹底比較! コーヒー豆にあるアラビカ種って何? アラビカ種の特徴とか種類について知りたい! 今回はこういった疑問にお答えしていきます。 この記事から分かること アラビカ種の...

スタバで使用されるのはアラビカ種の高品質なコーヒー豆

スタバのコーヒーはグアテマラアンティグア、コロンビアなどを使用し、標高が1500m以上の農園で栽培しています。

そのため、かなり高品質な基準のコーヒー豆だと言えるでしょう。

その一方で非常に繊細で、病虫害からの影響を受けやすいのも特徴。

ちなみにカフェインの含有量は重量の1%です。

苦みの強いロブスタ種

ロブスタ種の方が病気に強く、アラビカ種よりも低高度(300から800m)で栽培することができ、育成が比較的簡単です。

コーヒー豆の形は、アラビカ種よりも丸みを帯びているのも特徴です。

決定的に違うのはやはり風味。

ロブスタ種は苦味が強く渋みがあり、香りは麦茶に近い香ばしい香りがあります。

インスタントコーヒーによく使われる

ロブスタ種のコーヒー豆の正式名称は、「Cofea Canephora(コフィア・カネフォラ)」です。

ロブスタ種の別名として、カネフォラ種とも言われているコーヒー豆です。

しかしロブスタ種をストレートで飲むと泥臭さが出てしまうというデメリットがあります。

そのため、一般的にインスタントコーヒーや缶コーヒー、リキッドコーヒーとして使われています。

ロブスタ種はベトナムで主流

ロブスタ種の主要な生産国であるベトナムでは、国内で生産されるコーヒー豆のうちのなんと約9割をロブスタ種です。

それくらいのお生産量を誇るベトナムであるため、当然のことながら、主流となっているコーヒーもロブスタ種です。

ロブスタ種を美味しく飲むための色々なレシピがあります。

そのなかでも有名なのが「ベトナムコーヒー」でしょう。

深く焙煎したロブスタ種のコーヒー豆をやや粗めに挽き、抽出したコーヒーにたくさんの練乳(コンデンスミルク)を入れるのがベトナムコーヒーです。

甘くて濃厚な味わいが特徴です。

ベトナムコーヒーも美味しい

ベトナムコーヒーはコーヒーキャンディに似ていて、一度飲むと病み付きになる方も少なくありません。

近年では、バターやチョコレートなどで風味づけするアレンジレシピも有名です。

このベトナムスタイルは日本でも広がりつつあります。

最近では本格的なベトナムコーヒーが楽しめる専門店も増えているとも言われています。

興味のある方はぜひ足を運んでみてはいかがですか?

詳しく知りたいという方はこちらの記事を参考にしてみてください。

あわせて読みたい
ベトナムコーヒーの特徴とは?生産量から美味しい淹れ方までご紹介 ベトナムのコーヒー豆ってどんな特徴があるのかな? ]ベトナムのコーヒー豆生産量は世界第2位らしいけど、どうしてかな? 今回はこういった疑問にお答えしていきます。 ...

アラビカ種とロブスタ種はカフェイン含有量も違う

アラビカ種とロブスタ種はカフェイン含有量も違う

ここではアラビカ種とロブスタ種のカフェイン量の違いについて見ていきましょう。

まとめると以下の通り。

  • アラビカ種:重量の約1%のカフェインを含む
  • ロブスタ種:重量の約2%のカフェインを含む

カフェインが気になる方は、ロブスタ種を買われると良いかもしれません。

カフェインについて詳しいことが知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【最新】コーヒーのカフェイン量はどのくらい?その効果と副作用も解説 コーヒーはカフェインで有名だけど、実際どんな効果があるの?でも強い効果があれば、その副作用も強そう。 コーヒーを飲むときのカフェイン量ってどのくらい? こうい...

アラビカ種とロブスタ種の品質価値

アラビカ種とロブスタ種の品質価値

アラビカ種とロブスタ種とでは、アラビカ種のほうが品質価値は高く、コーヒー焙煎店で扱っている豆はほとんどがアラビカ種です。

つまりアラビカ種の方が価格が高く、ロブスタ種は価格がアラビカ種に比べて低いということです。

簡単にまとめるとこんな感じです。

  • アラビカ種:高価だが品質が一番良い
  • ロブスタ種:安価だが品質はアラビカ種に劣る
コーヒー専門家

高級なコーヒー豆と言われるのはやはりアラビカ種だね!

アラビカ種とロブスタ種のコーヒーを1度飲んでみよう!

ロブスタ種とアラビカ種の違いとは?コーヒー豆の品種の特徴を解説

いかがだったでしょうか?

「アラビカ種とロブスタ種の違いとは?コーヒー豆の品種の特徴を解説」というテーマでお伝えしました。

甘い香りを持つアラビカ種と苦味の強いロブスタ種は、カフェイン量も商品価値も違います。

アラビカ種とロブスタ種の他にもアラビカ種という品種もあります。

コーヒー専門家

コーヒー豆の世界三大原種には一度全部試してみたいね!

是非一度それぞれ購入してみて、体験してみてください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる