MENU
» 【数量・期間限定】専門家が選ぶおすすめコーヒー通販サイト!

ロングブラックとは?ショートブラックとの違いから飲み方まで解説

ロングブラックってどんな意味があるの?

ショートブラックという言葉も聞くけど、どんな違いがあるの?

こういった疑問や要望にお答えしていきます。

普段エスプレッソを飲んでいる方ならわかるかと思いますが、よくロングブラックとショートブラックという言葉を耳にしますよね。

そこで本記事では、対比されるショートブラックとの違いから詳しい作り方まで徹底解説していきます!

普段のコーヒーが飽きた方は特に必見!

この記事の結論
  • ロングブラックとは、エスプレッソとお湯のカクテルのこと
  • ロングブラックは、オーストラリアやニュージーランドなどのオセアニア地域で発祥した独自の呼び方
  • ロングブラックの作り方は非常にシンプルで簡単
本記事を監修する専門家
コーヒー豆研究所 げんた
げんた

コーヒー豆研究所は、日本安全食料料理協会(JSFCA)認定のコーヒーソムリエ、げんた(@topcoffeelab)が監修しています。

それでは早速見ていきましょう!

当サイトのおすすめコーヒーはこちら
  1. 珈琲きゃろっと:世界で1台!自社開発の焙煎機で焙煎した「最高の品質・鮮度・焙煎」のコーヒー豆。今なら初回数量限定53%OFF!
  2. PostCoffeeサブスク大賞2020にて「優秀賞」を受賞!約30万通りの中から最適化された高品質なスペシャルティコーヒーが楽しめる!
  3. チャンバーコーヒー:焙煎後の一番美味しい状態でお届け!プロのコーヒー鑑定士からも高評価。会員満足度驚異の94.8%を獲得!

さらに詳しく知りたい方は「【決定版】コーヒー豆の通販おすすめ人気ランキング17選!専門家が厳選」をチェック!

タップできる目次

ロングブラックとは?

ロングブラックとは?

「ロングブラック」とはずばり、エスプレッソとお湯のカクテルです!

「ロングブラック」と聞いても、日本ではあまり馴染みのない飲み方かもしれません。

お店によっては出しているところもありますが、なかなか浸透していないと思います。

そもそもエスプレッソとお湯を混ぜると聞くと、多くの人が「それってアメリカンと何が違うんだ」とか「呼び方が違うだけ?」と思うはず…。

お湯の入ったグラスにエスプレッソを注ぐだけのシンプルなものですが、アメリカンと違いエスプレッソを後入れすることで表面にクレマ(エスプレッソ特有のクリーム状の成分)が立ち、風味や香りを楽しめるものです。

しかしその歴史や文化がなかなか興味深く、知っておけば確実にコーヒーについての造詣が深くなるでしょう。

そんな「ロングブラック」についてこれから説明していきたいと思います!

ロングブラックとショートブラックの違い

ロングブラックとショートブラックの違い

「ロングブラック」と「ショートブラック」という名前は、オーストラリアやニュージーランドなどのオセアニア地域で発祥した独自の呼び方です。(後述)

ロングブラックはエスプレッソとお湯のカクテルを指すのに対して、ショートブラックとはいわゆるエスプレッソ単体のことを指します。

げんた

つまり、エスプレッソ=ショートブラック

シングルやダブルの量の違いに関わらずエスプレッソのことをショート(少ない、短い)ブラック(コーヒー、黒いから)と言われているようです。

イタリアの影響もあり、ショートブラックは砂糖を入れて飲む人が多いです。

あわせて読みたい
イタリア流エスプレッソとは?おすすめのマシンやコーヒー豆もご紹介 イタリア流エスプレッソって美味しいの?どんな特徴があるのかな? イタリア流で楽しむエスプレッソはどんなマシン・豆が必要なのかな? こういった疑問や要望にお答え...

ロングブラックの由来

ロングブラックの由来

諸説あるようですが、「ロングブラック」はオーストラリアやニュージーランドが発祥と言われています。

ヨーロッパ諸国の移民が持ち込んだコーヒー文化が発展していき、現地でオリジナルのものが飲まれるようになったそうです。

「ロングブラック」「ショートブラック」は、その最たる一例と言えるでしょう。

フラットホワイト」なんかもまったく同じように考案されたものでしょう。

コーヒー専門家

色で呼び分けるのはなかなかオシャレだなと思ってしまいます!

エスプレッソ単体だと味が濃厚すぎた

エスプレッソ単体では、やはり味や香りや風味が濃厚になるため飲めない人や苦手な人も少なくないでしょう。

アメリカン同様そうした人々がエスプレッソの風味を味わいやすくするために、オセアニア版アメリカンとして広く親しまれるようになりました。

入れる順番で区別しもはや違う飲み物になってしまうとは、オセアニア地域のコーヒーへの探求心がうかがえますね!

アメリカンコーヒーの特徴は「【保存版】アメリカンコーヒーとは?違いから美味しい淹れ方まで徹底解説」の記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい
【保存版】アメリカンコーヒーとは?違いから美味しい淹れ方まで徹底解説 アメリカンコーヒーとは何?よくわからないから教えてほしい! おすすめの淹れ方を教えてほしい! こういった疑問や要望にお答えしていきます。 この記事の結論 アメリ...

オーストラリアやニュージーランドのコーヒー文化

コーヒーと聞いて、オーストラリアやニュージーランドを思い浮かべる人はどのくらいいるでしょうか?

ヨーロッパやアメリカ、あるいは豆自体の産地であるブラジルやケニアなどイメージする人は多いと思います。

実はオーストラリアやニュージーランドは世界でも有数のコーヒー愛飲国であり、コーヒー文化が深く根付いています。

1日平均では3,4杯ほど飲まれており、街のいたるところにカフェやコーヒー店が多く存在しています。

傾向として個人店が多いのも特徴の一つです。メルボルンやシドニーは有名ですよね。

エスプレッソ好きが多い

またハンドドリップよりもエスプレッソを好む人が多く、ロングブラックをはじめラテなどのエスプレッソ系のコーヒーが主流でもあります。

イタリア系の移民が多いことも影響しているといわれています。

実はオーストラリアでは長いことカフェのテラス席が禁止されていたことがあります。

シドニーオリンピックを機にテラス席は解禁され、国内にテラス付きのカフェが急増していきました。

それがオーストラリアの独自のコーヒー文化に拍車をかけたのは言うまでもありませんね。

現地の人たちはオーストラリアのコーヒーが世界一美味しいと誇りを持っているほどです。

チェーン店が拡大していかなかったのは、現地のコーヒー文化を愛する人が多くあのスターバックスが競争に勝てないほどはっきりしています。

それだけ日々の生活とコーヒーが切っても切り離せないものになっているんです!

ニュージーランドはオーストラリアとコーヒー文化が似ている

一方ニュージーランドは小さい島国ということもあり、オーストラリアに似て独自の文化を築いています。

ロングブラックやフラットホワイトはもちろん、子供も飲める「フラフィー」というフォームミルクで作る飲み物もあります。

カフェも徐々に増えつつあり、ニュージーランド独自のコーヒー文化はこれから発展していきそうです!

ショートブラック・ロングブラックはオセアニア系から派生した?

ショートブラック・ロングブラックはオセアニア系から派生した?

前述の通り「ショートブラック」と「ロングブラック」は、オーストラリア・ニュージーランドが発祥と説明しましたが、この名前はアメリカに輸入されたコーヒー文化と区別を図るためにつけられたものと言われています。

アメリカンはエスプレッソ→お湯で作るのに対して、ロングブラックはお湯→エスプレッソ。

確かに入れる順番が違うだで、中身同じだから変わらないでしょって思うのも不思議ではないですよね。

当時はごっちゃにならないよう「ロングブラック」という名前をつけ、エスプレッソそのものをロングの逆でショートと表現したのでしょう。

最近では日本で見かける

現地だけでなくオセアニア系のカフェでは、ロングとショートの文化を取り入れているところは多く、最近では日本でも見かけるようになったなという印象です。

場所やお店によってはエスプレッソとお湯を別々に提供し、お客様自身で好みの濃さで味わえるところもあります。

ロングブラックの文化が浸透してないところが多いそうですが、飲む側からしてみるとそれはそれで、ありがたいかもしれません。

げんた

ただ正直、現地の人はアメリカンとロングブラックの区別に関しては、あまり気にしていないみたいです。

あわせて読みたい
オーストラリアはコーヒーの本場!文化からおすすめのコーヒー豆まで オーストラリアのおすすめコーヒーが知りたい! オーストラリアのコーヒー文化が気になる…。 こういった疑問や要望にお答えしていきます。 この記事から分かること オー...

ロングブラックの作り方・飲み方

ロングブラックの作り方・飲み方

それでは実際に、ロングブラックの作り方をご紹介していきましょう。

こちらでご紹介するものはあくまで一般的なものになりますので、お好みに合わせてアレンジしていくのもいいかもしれません。

非常に簡単ですので、普段飲んでいるコーヒーに飽きてしまった人や新しい味わいを探している人はぜひ作ってみてください!

分量以下の通りです。

  • エスプレッソ 60ml
  • お湯 180ml
STEP
エスプレッソを淹れる

お手持ちのエスプレッソマシンやマキネッタなどを使用してエスプレッソを抽出します。

味や風味は使うコーヒー豆で大きく変わりますので、お好みのものでOKです!

あわせて読みたい
エスプレッソとは?おすすめのマシンから美味しい飲み方までご紹介 エスプレッソってよく聞くけど何かよくわからないな…。 エスプレッソを飲むためのおすすめのマシンが知りたい! こういった疑問や要望にお答えしていきます。 この記事...
STEP
お湯を沸かしグラスに注ぐ

「ロングブラック」は上記でも説明した通り、お湯→エスプレッソの順で入れる飲み物です。

そのため、先にグラスに熱いお湯を注いでおきます。

温度によって味わいが変わることもあるので、何度も作ってお気に入りの温度や湯量を見つけてみてください!

STEP
エスプレッソをグラスにゆっくり注ぐ

エスプレッソを注ぐときは、できるだけゆっくり注ぐのがコツです。

完成した時にエスプレッソのクレマがしっかりと表面に残り、よりまろやかな口当たりになります。

注ぐときは真ん中めがけて注ぐとクレマがまんべんなくひろがり、美味しくなりますよ。

ロングブラックは普通のコーヒーに飽きた人におすすめ!

ロングブラックは普通のコーヒーに飽きた人におすすめ!

いかがでしたでしょうか?

ロングブラックについて特徴から淹れ方まで幅広くご紹介しました!

本記事で重要なことをまとめると以下のとおりです。

  • ロングブラックとは、エスプレッソとお湯のカクテル
  • ロングブラックはオーストラリアやニュージーランドが発祥とされる
  • ロングブラックの作り方は非常にシンプル

入れる順番さえ間違えなければ分量はお好みでいいと思います。

非常に簡単に作れるのに、アメリカンやお湯だしのレギュラーコーヒーとはまた違う味わいになります!

氷の入ったグラスに注げばアイスロングブラックなんていうのも楽しめちゃいます。

いろいろ試してあなただけの「ロングブラック」を探してみてはいかがでしょうか?

またそもそもショートブラック(エスプレッソ)の正しい飲み方が知りたい人は以下の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
【専門家監修】エスプレッソの飲み方とは?本場イタリアの楽しみ方も紹介 エスプレッソの正しい飲み方ってどんなものがあるの?気になる…。 エスプレッソと言えばイタリアだけど、本場イタリアの楽しみ方は何かな? こういった疑問や要望にお答...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
【概念が変わる?!】数々のグランプリを獲得した世界が認めるコーヒー
珈琲きゃろっと サイドバー
内容量200g×2銘柄
価格今だけ¥1,980(送料無料)※返金保証付き
コスパ 5.0
鮮度 5.0
飲みやすさ 4.5
おすすめ度 5.0

正直、コーヒーは種類がありすぎて迷ってしまいますよね。

そんな方には当サイトで一番人気の「珈琲きゃろっと」を強くおすすめします。

数々の賞を獲得し、味の美味しさはお墨付き。

スペシャルティコーヒーという世界的にも希少な高品質のコーヒー豆を使用。

際立つ香り高い風味と、後味が甘いのが特徴的。

今なら初回数量限定で、53%OFFのコーヒー豆お試しセットが楽しめます。

市販では味わえないような美味しさなので、通販で買うのがおすすめ。

コク
深い
あっさり
甘み
強い
弱い
酸味
強い
弱い
苦味
強い
弱い
香り
強い
弱い

\ 今だけ初回限定53%OFF /

この記事を書いた人

柏倉元太のアバター 柏倉元太 日本安全食料料理協会(JSFCA)認定コーヒーソムリエ/コーヒー専門家

コーヒーをこよなく愛し続けて約8年。日本安全食料料理協会(JSFCA)認定のコーヒーソムリエ資格を取得し、現在はコーヒー専門家として活動しています。また独自ブランドのオリジナル厳選コーヒー豆も販売しており、YouTubeもやっています。

このサイトでは毎日"香りから始まるひと時を。"をモットーに、コーヒー豆についての情報や皆様に役立つ情報をメディアを通して発信しています。いいなと思ったら是非、拡散よろしくお願い致します。

目次
トップへ
タップできる目次
閉じる