MENU
» 【数量・期間限定】専門家が選ぶおすすめコーヒー豆&粉!

マラウイコーヒーの特徴とは?100%生産国へ寄付されるコーヒー

マラウイコーヒーって知ってる?どんな特徴があるのか?

100%寄付されるコーヒーってあるの?興味あるね!

今回はこういった疑問にお答えしていきます。

コーヒーの産地はたくさんありますが、マラウイという土地でも栽培されたコーヒーの特徴が気になりますよね。

そこで本記事では、100%生産国へ寄付されるコーヒーとして話題のマラウイコーヒーについて完全解説します。

この記事から分かること
  • マラウイ共和国について
  • マラウイコーヒーの特徴・品種・生産地域・グレード
  • 「ウォームハーツコーヒークラブ」の取り組み
本記事を監修する専門家
コーヒー豆研究所 げんた
げんた

コーヒー豆研究所は、日本安全食料料理協会(JSFCA)認定のコーヒーソムリエ、げんた(@topcoffeelab)が監修しています。

それでは早速見ていきましょう。

当サイトのおすすめコーヒーはこちら
  1. 珈琲きゃろっと:世界で1台!自社開発の焙煎機で焙煎した「最高の品質・鮮度・焙煎」のコーヒー豆。今なら初回数量限定53%OFF!
  2. ドイコーヒー会員数3万人を超える人気のリピート商品!質にこだわったコーヒーが魅力で、注文を受けてから焙煎するから超新鮮。
  3. BeansExpress:バランスのとれた飲みやすいブレンド!焙煎歴30年のベテラン焙煎士が1つ1つ丁寧に焙煎。ホットでもアイス美味しい!

さらに詳しく知りたい方は「【決定版】コーヒー豆の通販おすすめ人気ランキング14選!専門家が厳選」をチェック!

目次

そもそもマラウイ共和国とは?コーヒーの特徴を見る前に知っておこう

そもそもマラウイ共和国とは?コーヒーの特徴を見る前に知っておこう

コーヒーの生産国でいうと、北から以下の順に続きます。

  • エチオピア
  • ケニア
  • タンザニア
  • マラウイ

内陸国で、国土は日本の3分の1ほどの大きさです。

アフリカで3番目に大きいマラウイ湖が南北にまたがります。

マラウイ湖は国土面積の約20%を占めており、近くには世界遺産に認定された国立公園もあります。

自然豊か

自然豊か

豊かな自然が目に浮かびます。

マラウイは、労働人口の約80%が農業関連事業に従事しているという超が付くほどの農業国・

主な農産品はタバコ、茶、ナッツ、コーヒーなどです。

日本の輸入マカダミアナッツの約15%がマラウイ産になります。

コーヒー専門家

知らないうちにマラウイのナッツを食べているかもしれないね!

マラウイコーヒーの特徴

マラウイコーヒーの特徴

ここではマラウイコーヒーの特徴について解説します。

今回は「ウォームハーツコーヒークラブ」(取り組みは後述)のマラウイコーヒーをご紹介します。

結論、味わいは香りの香ばしい、すっきりした味わいのコーヒーです。

マラウイコーヒーといえば浅煎りから深煎りまで全ての焙煎度合いで、それぞれの印象的な風味が楽しめるコーヒー豆として有名です。

ほどよい酸味も楽しめます。

柑橘系の甘酸っぱさがある

ウォームハーツのマラウイコーヒーは、柑橘系の甘酸っぱさがあるなと感じました。

フルーツのような、さわやかな酸味が印象的で、記憶に残りやすいです。

焙煎してから自宅へ届けてくれるため、キャニスターなどの保存容器に入れれば長期間、鮮度の高い状態で飲めるはずです。

マラウイコーヒーの品種

マラウイコーヒーの品種

主な栽培の品種は以下の通りです。

  • S アガロ
  • ゲイシャ
  • カティモール
  • ムンド・ノーボ
  • カトゥーラ

1つ1つ解説します。

S アガロ

「S アガロ」は、そもそもマラウイのコーヒー研究所で働いていた「モイド A.シディギ博士」によってエチオピアから持ち込まれ、研究されたコーヒーの品種になります。

さび病や土壌真菌に強い抵抗力のあるコーヒーの木としても有名です。

ゲイシャ

ゲイシャコーヒーの特徴

「ゲイシャ」はエチオピア起源の非常に珍しい野生品種。

収穫量が低いため、かなり高額です。

そのためギフトやプレゼントに好まれます。

最近では中南米のコロンビアやコスタリカ、グアテマラでも栽培が行われています。

ゲイシャについて知りたい方は「高級なコーヒー豆ランキング6選!ギフトやプレゼントにも合う【厳選】」の記事をチェック!

あわせて読みたい
【厳選】高級なコーヒー豆ランキング6選!ギフトやプレゼントにも合う おすすめの高級コーヒー豆を教えてほしい!美味しいのかな? ギフトやプレゼントにも合うコーヒー豆が知りたい! 今回はこういった疑問にお答えしていきます。 この記事...

カティモール

ハイブリッドティモールとカトゥーラの交配種です。

さび病に耐性があるのが特徴。

ムンド・ノーボ… ティピカの突然変異種とブルボンの交配種です。

ブラジルの主要な栽培品種でもあります。

カトゥーラ

「カトゥーラ」は、ブラジルで発見されたブルボンの突然変異種になります。

こちらも収穫量が高く、中米の主要品種です。

コーヒー専門家

こんなにもマラウイコーヒーの品種はあるんだね!意外だったよ。

マラウイコーヒーの主な生産地域

マラウイコーヒーの主な生産地域

マラウイの主な生産地域は以下の通りです。

  • チティバ県
  • ルンフィ県
  • 北ビフィヤ
  • 南東ムジンバ
  • ヌカタ・ベイ高原

その中でも「チティバ」では規模の大きい「ミスクヒルズ農業協同組合」の拠点があります。

そこがコーヒーの生産が最も盛んな地域でしょう。

他にも、ルンフィ(北部)などは小中規模の農協が複数存在します。

そこでは高品質なスペシャルティコーヒーが生産されています。

マラウイコーヒーのランク・グレード

マラウイコーヒーのランク・グレード

マラウイコーヒーの格付けは大きく2つに分かれます。

  1. 豆の大きさ(19/64〜16/64)
  2. 規格(品質)

コーヒー豆の大きさは、S19~S16まであります。

規格においては、左から高品質なAAA→AA→ABと続きます。

風味等は地域や環境、土壌によって変化するため、先入観をなくして色々なコーヒーを飲んでみることをおすすめします。

「ウォームハーツコーヒークラブ」の取り組み

「ウォームハーツコーヒークラブ」の取り組み

まずは上の写真を見て下さい。

ウォームハーツコーヒークラブの場合は、100%がコーヒー豆の生産国マラウイの給食支援への寄付になります。

スターバックスも寄付を行っていますが、それは売上価格の一部になります。

ウォームハーツコーヒークラブは100%が寄付されるという違いがあります。

世界最貧国の1つマラウイでの給食は、1食約15円と言われています。

つまりあなたが1,000円のコーヒー豆を申し込むと、1,000円が給食支援活動に寄付されます。

そのため、65人の子どもたちが今日も給食を食べることができ、命をつなぐことが可能になります。

たくさんの企業が支援してくれている

たくさんの企業が支援してくれている
出典:公式サイト

ではなぜ「ウォームハーツコーヒークラブ」は100%の寄付で団体を運営していけるのでしょうか?

結論、給食支援活動に賛同してくれた複数の企業が「ウォームハーツコーヒークラブ」を支援しているため。

  • コーヒー豆の仕入れ
  • 焙煎
  • 包装
  • 配送

以上の工程を支援企業が負担しているため、コーヒーの価格100%がそのまま寄付になります。

コーヒーを飲むことでマラウイとの繋がりを持とう!

コーヒーを飲むことでマラウイとの繋がりを持とう!

いかがだったでしょうか?

100%生産国へ寄付されるコーヒーで話題の、マラウイコーヒーの特徴についてご紹介しました!

本記事の内容をまとめると以下のとおりです。

  • マラウイは労働人口の約80%で自然が豊か
  • マラウイコーヒーの味わいは、香りの香ばしい、すっきりした味わいのコーヒー
  • 「ウォームハーツコーヒークラブ」は100%がコーヒー豆の生産国マラウイの給食支援への寄付になる

マラウイコーヒーの特徴はたくさんありますが、「ウォームハーツ」のコーヒーは香りの香ばしい、すっきりした味わいのコーヒーでした。

ほどよい酸味も堪能できます。

長期間保存できるので、是非公式サイトから購入してマラウイとの繋がりを持ちましょう!

また今回ご紹介した「ウォームハーツコーヒークラブ」のようなコーヒーのことをエシカルコーヒーとも呼びます。

エシカルコーヒーについては「エシカルコーヒーとは?スタバでのコーヒーの日や店舗イベントも解説」の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
エシカルコーヒーとは?スタバでのコーヒーの日や店舗イベントも解説 エシカルコーヒーとは?どんな意味があるの? おすすめのエシカルコーヒーを知りたい! こういった疑問にお答えしていきます。 エシカルコーヒーと一口に言ってもどんな...
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる