MENU
» 【数量・期間限定】専門家が選ぶおすすめコーヒー通販サイト!

【決定版】コーヒー豆のランクの違いとは?その要因3つを徹底解説

ランクの違いによる役割ってどんなものがあるのかな?

コーヒー豆のランクの違いってどうやって出てくるのだろう…?

こういった疑問や要望にお答えしていきます。

この記事から分かること
  • コーヒー豆のランクの明確な違い
  • その原因
本記事を監修する専門家
コーヒー豆研究所 げんた
げんた

コーヒー豆研究所は、日本安全食料料理協会(JSFCA)認定のコーヒーソムリエ、げんた(@topcoffeelab)が監修しています。

それでは早速見ていきましょう。

当サイトのおすすめコーヒーはこちら
  1. :世界で1台!自社開発の焙煎機で焙煎した「最高の品質・鮮度・焙煎」のコーヒー豆。今なら初回数量限定53%OFF!
  2. サブスク大賞2020にて「優秀賞」を受賞!約30万通りの中から最適化された高品質なスペシャルティコーヒーが楽しめる!
  3. :焙煎後の一番美味しい状態でお届け!プロのコーヒー鑑定士からも高評価。会員満足度驚異の94.8%を獲得!

さらに詳しく知りたい方は「【決定版】コーヒー豆の通販おすすめ人気ランキング17選!専門家が厳選」をチェック!

タップできる目次

コーヒー豆のランクを知ることが美味しいコーヒーを飲むためには大前提

コーヒー豆のランクを知ることが美味しいコーヒーを飲むためには大前提

美味しいコーヒーを飲むためには、大前提としてコーヒーの基本的な知識を持つことが大切です。

皆さんが知っているとおり、コーヒー豆には色々な産地や品種があり、それぞれ特徴が存在します。

かなりの種類の中で自分にあったコーヒー豆に出会うには、それ相応の知識を運が必要です。

その可能性を高めるためにも、コーヒー豆のランクを知っておくことはムダでは無いことを僕が保証します。

そこで今回は、コーヒー豆のランクの明確な違いとその要因について見ていきます。

コーヒー豆のランクの違い

コーヒー豆ランクの違い

では、コーヒー豆のランクの明確な違いについて見ていきましょう。

違いをまとめると以下の通り。

  • スペシャルティコーヒー
  • プレミアムコーヒー
  • コモディティコーヒー
  • ローグレードコーヒー

「スペシャルティコーヒー」と「プレミアムコーヒー」に関しては、味や付加価値に対して価格が付けられ、買い付けが行われます。

一方の「コモディティコーヒー」と「ローグレードコーヒー」は、先物取引により常に価格が変動し、味は劣るがお値打ちなコーヒーが多いです。

上記の画像を参考にするとよりわかりやすいでしょう。

一つ一つ解説していきます。

スペシャルティコーヒー

人による官能検査で80点以上のコーヒーがこのスペシャルティコーヒーというランクになります。

トレサビリティと言われる生産から皆さんの手元に届くまでの履歴やサスティナビリティという環境への配慮も求められるコーヒーです。

専門店が扱うような高品質コーヒーでしょう。

一度は飲んでみたいコーヒー豆になります。

あわせて読みたい
スペシャルティコーヒーとは?その特徴から通販で買えるおすすめまで スペシャルティコーヒーとは何?その定義が知りたい! スペシャルティコーヒーのおすすめが知りたい!豆で売っているの? こういった疑問や要望にお答えしていきます。 ...

プレミアムコーヒー

生産国や等級、さらに細かく農園や生産者や品種等も絞り込むことが出来ます。

また、官能検査(味覚検査)で75~80点未満のコーヒーです。

自家焙煎店のコーヒー豆にはリッチなものになるでしょう。

しかし、ぜひ使っていただきたいランクです。

コモディティコーヒー

コモディティコーヒーは、世界で一番普及しているランクのコーヒー豆のランクになります。

スーパーや量販店で販売されている「200g:500円前後」のようなイメージです。

しかし、このランクの幅は広く、さらに細かくランク分けが存在します。

あわせて読みたい
【最新】コモディティコーヒーとは?その特徴から違い・おすすめまで紹介 コモディティコーヒーって聞いたことはあるけど、どんな特徴があるの? コモディティコーヒーの味ってどうなの?スペシャルティコーヒーとは違うの? こういった疑問や...

ローグレードコーヒー

ローグレードコーヒーは、主に缶コーヒーやインスタントコーヒーの原料になります。

「ロー」は「Low」の意味で「低い」という意味ではありますが決して不味いというわけではありません。

この4つのランク全て合わせてコーヒーです。

コーヒーに対する価値観は人それぞれであるためぜひ色々なものに挑戦してみることをおすすめします。

コーヒー専門家

僕もスペシャルティコーヒーを今度飲んでみるよ!

コーヒー豆のランクを決める3つの要因

コーヒー豆のランクを決める3つの要因

では、本題のコーヒー豆のランクを決める3つの要因について見ていきます。

まとめると以下の通りです。

  1. 栽培地の標高
  2. 生豆の粒の大きさ
  3. 精製方法(度合い)

大きく分けて3つです。

一つ一つ解説していきます。

1. 栽培地の標高

コーヒー豆のランクを決める大きな要因の1つ目は、栽培地の標高です。

「グアテマラ SHB」や「コスタリカ GHB」というような銘柄の表記を見かけたことはありませんか?

「栽培地の標高」に注目してみると、グアテマラとコスタリカは両国ともに産地の標高でコーヒー豆を分類、つまり、ランク付けしていることがわかります。

一般的にコーヒー豆は、生育された標高が高いほど、酸味が強く、香りが良いとされています。

高地ならではの昼夜の寒暖差により、コーヒーの実が締まることで、ゆっくりと時間をかけて熟していくためです。

品質が良質で特色が際立つためランクも高く、必然的に価格も高くなります。

例を挙げると以下の通り。

  • グアテマラでは、最高級グレードの豆は標高4500~5000フィート(約1350~1500メートル)で収穫されたものと定められおり、SHB(ストリクトリー・ハードビーン)と呼ばれています。
  • コスタリカは、3900~5400フィート(約1170~1620メートル)で収穫されたものと定められており、同様に、SHB(ストリクトリー・ハードビーン)と呼ばれています。

また、注意点としてコーヒー豆の生産国によって表記のされ方が違います。

そのため、コーヒー豆ランクの表記についてより知りたいという方はこちらの記事を参考にしてみてください。

あわせて読みたい
コーヒー豆の等級やグレードを徹底解説!購入に悩んでいる方必見 コーヒー豆ってグレードとか等級って言葉を聞いたことあるんだけど、どのように分けられているの? コーヒー豆の等級を決める要素ってどんなものがあるのかな? こうい...

2. 生豆の粒の大きさ

2つ目の大きなランクの要因は、生豆の粒の大きさです。

同様に「タンザニア AA」や「コロンビア スプレモ」といった銘柄の表記を見かけたことはありませんか?

これは、「生豆の粒の大きさ」を基準に品質を認定しているコーヒー豆のランク(グレード)評価になります。

タンザニア・ケニア・コロンビアなどでは、コーヒー豆の大きさを「スクリーン」という単位で表しています。

大きな粒のコーヒー豆ほど高品質とされ、7or8段階程度に分類してランク分けをしています。

例を挙げてみましょう。

  • タンザニアでは、「AA」と格付けされたスクリーン18以上のコーヒー豆を上位にしています。
  • ケニアでも「AA」と格付けされたスクリーン17~18のコーヒー豆が上位にランク付けされています。
  • コロンビアは「スプレモ」と呼ばれるスクリーン17~18の豆や「エキセルソ(EX)」と呼ばれるスクリーン15~17のコーヒー豆が存在します。

3. 精製方法(度合い)

最後に大きな要因として挙げられるのは、精製方法(度合い)です。

精製方法(度合い)を基準として、品質を認定している代表的な国としてはブラジルが挙げられます。

欠点豆を種類と個数で点数に加算し、そのトータルで品質をランク付けしています。

つまり、合計の点数が低いほうがランクが高いというわけです。

ブラジルのランク付けは、No.1~No.8までありますが、実質No.1のコーヒー豆ランクが無いと言われています。

それは、つまりランクNo.1は欠点豆が一切ないことを意味するからです。

コーヒー豆は農作物であるため、欠点豆が一つもないということはあり得ません。

げんた

コーヒー豆栽培地の標高の違いによってランクがかわってくるなんて意外だな…

コーヒー豆のランクをおさえて美味しいコーヒーを飲もう!

コーヒー豆のランクの違いとは?その要因3つを徹底解説【決定版】

いかがでしたでしょうか?

「コーヒー豆のランクの違いとは?その要因3つを徹底解説」というテーマでお伝えしました。

大まかなランクの違いとその要因について解説しましたが、いちばん重要なのはそれぞれの価値観を理解することです。

当然、ランクですので味の違いは出てきますが、それはコーヒー豆の個性と言ってもいいでしょう。

つまり、多くのコーヒー豆のランクを買って試してみて色々な価値観を見てみるとまた違った視点が見えてくるはずです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
【概念が変わる?!】数々のグランプリを獲得した世界が認めるコーヒー
珈琲きゃろっと サイドバー
内容量200g×2銘柄
価格今だけ¥1,980(送料無料)※返金保証付き
コスパ 5.0
鮮度 5.0
飲みやすさ 4.5
おすすめ度 5.0

正直、コーヒーは種類がありすぎて迷ってしまいますよね。

そんな方には当サイトで一番人気の「珈琲きゃろっと」を強くおすすめします。

数々の賞を獲得し、味の美味しさはお墨付き。

スペシャルティコーヒーという世界的にも希少な高品質のコーヒー豆を使用。

際立つ香り高い風味と、後味が甘いのが特徴的。

今なら初回数量限定で、53%OFFのコーヒー豆お試しセットが楽しめます。

市販では味わえないような美味しさなので、通販で買うのがおすすめ。

コク
深い
あっさり
甘み
強い
弱い
酸味
強い
弱い
苦味
強い
弱い
香り
強い
弱い

\ 今だけ初回限定53%OFF /

この記事を書いた人

柏倉元太のアバター 柏倉元太 日本安全食料料理協会(JSFCA)認定コーヒーソムリエ/コーヒー専門家

コーヒーをこよなく愛し続けて約8年。日本安全食料料理協会(JSFCA)認定のコーヒーソムリエ資格を取得し、現在はコーヒー専門家として活動しています。また独自ブランドのオリジナル厳選コーヒー豆も販売しており、YouTubeもやっています。

このサイトでは毎日"香りから始まるひと時を。"をモットーに、コーヒー豆についての情報や皆様に役立つ情報をメディアを通して発信しています。いいなと思ったら是非、拡散よろしくお願い致します。

目次
トップへ
タップできる目次
閉じる