コーヒー器具

コンパクトな水出しコーヒーメーカーなら「Wiswell Water Dripper」に決まり!

Wiswell Water Dripperの仕様・カラーバリエーション

Wiswell Water Dripper(ウィズウェル ウォーター ドリッパー)ってどんな特徴があるの?

コンパクトな水出しコーヒーを使いたいけど、おすすめが知りたい!

今回はこういった疑問にお答えしていきます。

「Wiswell Water Dripper」はコンパクト水出しコーヒーメーカーとして人気を集めています。

そこで今回は実際に使ってみての実体験をもとにレビューしていきます。

この記事から分かること
  • Wiswell Water Dripper(ウィズウェル ウォーター ドリッパー) の特徴
  • Wiswell Water Dripperの仕様・カラーバリエーション
  • Wiswell Water Dripperのメリット・デメリット
  • Wiswell Water Dripperを使った水出しコーヒーの淹れ方・使い方
  • 実際に使ってみての感想・レビュー
  • Wiswell Water Dripperを使う際の注意点・デメリット
げんた
げんた

本記事の信頼性

コーヒー豆研究所では日本安全食料料理協会(JSFCA)認定のコーヒーソムリエ、げんた(@topcoffeelab)が監修しています。コーヒーをこよなく愛し続けて約8年。バリスタとしての経験がありながら、現在は独自ブランドのコーヒー豆も販売中。

それでは早速見ていきましょう。

Wiswell Water Dripper(ウィズウェル ウォーター ドリッパー) とは

Wiswell Water Dripper(ウィズウェル ウォーター ドリッパー) とは

結論、Wiswell Water Dripper(ウィズウェル ウォーター ドリッパー) とは、通常の水出しコーヒーとは少し異なり、非常にコンパクトで簡単にコーヒーが淹れられるコーヒーメーカーです。

テックウインド(TEKWIND)株式会社から販売されており、水出しコーヒーの中でもかなりスタイリッシュで洗練されたデザインなのが特徴です。

※水出しコーヒーとはお湯ではなく、水で抽出するコーヒーのことを指します。

詳しいことは「水出しコーヒーとは?美味しい作り方からおすすめ5選までご紹介」の記事をチェック!

“自宅で手軽に、コールドブリューコーヒーの味を再現できる”というコンセプトのもとに作られた抽出器具になります。

げんた
げんた
「コーヒー豆をセットして水を注いで、あとは放置。」たったこれだけで美味しいコーヒーが楽しめるんだね。

かなり本格的な水出しコーヒーが淹れられる

かなり本格的な水出しコーヒーが淹れられる

Wiswell Water Dripperは水出しコーヒーの抽出器具の中でも、点滴のように少しずつ少しずつ水を落としていく「滴下式水出しコーヒー」と呼ばれるタイプです。

これによって、深みやコクのあるコーヒーを作ることができます。

またコーヒーの味全体が薄くならず、美味しいコーヒーを簡単に抽出可能となります。

コンパクトな滴下式水出しコーヒーはまだ珍しい

コンパクトな滴下式水出しコーヒーはまだ珍しい

Wiswell Water Dripperのようなコンパクトな滴下式水出しコーヒーはまだ珍しく、ほとんどが大型です。

そのため、家庭で気軽に使えるような手軽な製品はまだまだ少ないのが現状でしょう。

コーヒー専門家
コーヒー専門家
Wiswell Water Dripperは家庭で使うのに非常に便利だね。

Wiswell Water Dripperの仕様・カラーバリエーション

Wiswell Water Dripperの仕様・カラーバリエーション
Wiswell Water Dripperの仕様・カラーバリエーション※ピアノブラック色は現在販売を終了しています。

ここではWiswell Water Dripperの仕様・カラーバリエーションをご紹介します。

Wiswell Water Dripperの仕様・カラー・スペックは以下の通りです。

価格¥1,980
容量350ml
サイズ・上部:直径83.5mm
・下部:直径68mm
・高さ:281mm
重量本体456g
カラークリーム・ピアノブラック(販売終了)
原料樹脂TRITAN、ABS樹脂、ポリカーボネート、シリコーンゴム
耐熱温度90℃
耐冷温度-40℃
付属品丸型ペーパーフィルター100枚

本体が円錐形状のになっているため、場所を取ることなく収納できるのがこれまた魅力的!

「外部コントロールバルブ」は特許を取得

「外部コントロールバルブ」は特許を取得

Wiswell Water Dripperに使われている「外部コントロールバルブ」は特許を取得しています。

技術的なノウハウをベースとしたコントロールバルブを開発しているそう。

そのため、外部から入ってくる汚れも最小限に抑えた衛生的な設計となっているのです。

微細な抽出ができる設計で、製鉄ステンレス製で衛生的&耐久性があるのが特徴。

げんた
げんた
特許を取得しているということは、他では真似できない体験ができるということだね!

Wiswell Water Dripperの優れている点・メリット

Wiswell Water Dripperの優れている点・メリットWiswell Water Dripperの優れている点・メリット

Wiswell Water Dripperの優れている点・メリットは大きく2つあります。

まとめると以下の通りです。

  • 持ち運びやすく収納しやすい
  • 分解できて衛生的

順番に解説します。

持ち運びやすく収納しやすい

上記でも解説しましたが、現状の滴下式の水出しコーヒードリッパーは大型なものがほとんどです。

素材もガラスなどで作られているため、非常に重量があり、持ち運びや収納の面では劣ってしまいます。

しかしWiswell Water Dripperの場合は、高さ30cmほどでしかないので、片手で簡単に持ち運ぶことができます。

またほとんどが樹脂製のため、仮にとしたとしても壊れてしまう危険性はそこまで高くはないでしょう。

分解できて衛生的

Wiswell Water Dripperはパーツを分解できます。

そのため、細かく水出しできるため衛生的に保つことができます。

これは実体験としてもありますが、コーヒーの抽出器具を買ったのは良いものの、お手入れが面倒でそれ以来コーヒーを淹れなくなってしまったことがあります。

これはあるあるで、多くの方が経験しているはずです。

その点、Wiswell Water Drippeは分解かつ水出しできるので長くコーヒーを淹れることができますね。

Wiswell Water Dripperを使った水出しコーヒーの淹れ方・使い方

Wiswell Water Dripperを使った水出しコーヒーの淹れ方・使い方

ここでは、Wiswell Water Dripperを使った水出しコーヒーの淹れ方・使い方をご紹介。

結論、淹れ方は非常に簡単です。

手順をまとめると以下の通り。

  1. フィルター部分に丸型のペーパーフィルターとコーヒーの粉をセット
  2. サーバーに水(お湯ではありません)を注ぐ
  3. 2〜3時間後に約300ccの濃縮されたコーヒーが抽出されたら完成

抽出速度を変えられる

Wiswell Water Dripperは抽出速度も変えられます。

どうしても抽出時間が2〜3時間後だと遅いと感じてしまう方もいるかと思います。

その点、専用設計されたノズルを回転させることによって、コーヒー液の抽出速度を調整することが可能です。

滴下させる速度にもよりますが、私が実際に行った場合は、2時間程度で約270mlのコーヒーが抽出されました。

水は300ml入れています。

そのため若干濃いコーヒーが出来上がるので、水で希釈するのが良いでしょう。

またコーヒーをそのまま飲むのではなく、その後に割って飲むことを推奨しています。

メーカー推奨はコーヒー:水=1:2

メーカー推奨はコーヒー:水=1:2という割合になります。

ただこれは好みの問題なので、薄いコーヒーが好きだという方は多めに水を入れ、濃いコーヒーが好きな方は多めにコーヒーを入れましょう。

実際にWiswell Water Dripperを使ってみての感想・レビュー

実際にWiswell Water Dripperを使ってみての感想・レビュー実際にWiswell Water Dripperを使ってみての感想・レビュー

実際にWiswell Water Dripperを使ってみての感想・レビューとして、一番に印象に残っていることは「超コンパクト」です。

これまでたくさんの水出しコーヒーや他のコーヒーマシンを使ってきましたが、これまでのコンパクトなサイズの器具はあまり見たことがありませんでした。

そのため、様々なシーンでこの抽出器具は使えるのかと感じました。

また味わいとしては、やはり水出しコーヒーということもあり、えぐみや渋みといった雑味が無くすっきりとした仕上がりでした。

またまろやかでコクのあるコーヒーという印象も受けました。

げんた
げんた
水出しコーヒーならではの味わいって感じだったね!美味しかった!

Wiswell Water Dripperを使う際の注意点・デメリット

Wiswell Water Dripperを使う際の注意点・デメリット

Wiswell Water Dripperを使う際の注意点・デメリットとしては、抽出できるコーヒー液の量が少ないこと。

上記の通り、水300mlを注いだ場合、コーヒー粉に若干吸われるので完成するコーヒーの量は250~280mlあたりです。

そのため、濃いめの味が好きな方にとっては、抽出量が少ない印象を持つかもしれません。

ただ水で2倍に割れば、実質約に600mlになるので非常に抽出できるコーヒー液の量が少ないかと言われるとそうではありません。

Wiswell Water Dripperを使えば誰でも簡単に水出しコーヒーが作れる!

Wiswell Water Dripperを使えば誰でも簡単に水出しコーヒーが作れる!

いかがだったでしょうか?

今回はコンパクトな水出しコーヒーメーカー「Wiswell Water Dripper」について徹底解説しました!

今回の記事で重要なことをまとめると以下のとおりです。

  • Wiswell Water Dripperは非常にコンパクトで簡単にコーヒーが淹れられるコーヒーメーカー
  • Wiswell Water Dripperは「滴下式水出しコーヒー」と呼ばれるタイプの抽出器具
  • 持ち運びやすく収納しやすい、分解できて衛生的という2つのメリットが大きい

Wiswell Water Dripperを使えば誰でも簡単に水出しコーヒーが作れるので、是非購入してみてはいかがでしょうか?

また水出しコーヒーの器具はあっても、コーヒー豆や粉がなければ始まりません。

水出しコーヒー用の豆や粉が知りたい方は「水出しコーヒーのおすすめ11選!コスパ抜群なコーヒー豆・粉も紹介」の記事をチェック!

水出しコーヒーのおすすめ11選
水出しコーヒーのおすすめ11選!コスパ抜群なコーヒー豆・粉も紹介水出しコーヒーのおすすめを11選ご紹介していきます。そもそも水出しコーヒーとは何かということから、コーヒーソムリエが厳選したおすすめの商品をご紹介!コスパ高いコーヒー豆・粉、パックなどを買いたい方は必見です。最後に作り方のポイントもお伝えします!...
ABOUT ME
げんた
コーヒーをこよなく愛し続けて約8年。バリスタの経験を持ち、コーヒーソムリエの資格も保有。独自ブランドのコーヒー豆も販売中。YouTubeもやっています。このサイトでは毎日"香りから始まるひと時を。"をモットーに、コーヒー豆についての情報や皆様に役立つ情報をメディアを通して発信しています。いいなと思ったら是非、拡散よろしくお願い致します。
【数々のグランプリを獲得】世界が認めるコーヒー
珈琲きゃろっと サイドバー

正直、コーヒーの種類がありすぎて迷ってしまいますよね。

そんな方には当サイトで一番人気の「珈琲きゃろっと」がおすすめ。

スペシャルティコーヒーという世界的にも希少な高品質のコーヒー豆を使用。

今なら初回数量限定で、45%OFFのコーヒー豆お試しセットが楽しめます。

市販では味わえないような美味しさなので、通販で買うのがおすすめ。

際立つ香り高い風味があり、後味が甘いのが特徴的。

鮮度
甘み
コク
酸味
苦味
香り
価格今だけ¥1,980(送料無料)

» 詳細ページ» 公式サイト

こちらの記事もおすすめ!