コーヒー豆

【決定版】シティローストとは?美味しいいれ方からおすすめまでご紹介

シティローストに合うおすすめの豆&粉3選
シティローストって聞いたことがあるけど、具体的な特徴がわからない…。
シティローストに合うおすすめの豆や粉が知りたい!

今回はこういった疑問にお答えしていきます。

この記事から分かること
  • シティローストとは何か、どんな特徴があるのか
  • シティローストの由来
  • 美味しい淹れ方
  • シティローストに合うおすすめのコーヒー豆&粉

本記事の信頼性

コーヒー豆研究所ではコーヒーソムリエの資格を持つ、げんた(@topcoffeelab)が監修しています。コーヒーをこよなく愛し続けて約8年。バリスタとしての経験がありながら、現在は独自ブランドのコーヒー豆も販売中。

それでは早速見ていきましょう。

当サイトのおすすめコーヒーはこちら
  1. 珈琲きゃろっと:世界で1台!自社開発の焙煎機で焙煎した「最高の品質・鮮度・焙煎」のコーヒー豆。今なら初回数量限定45%OFF!
  2. ドイコーヒー:会員数3万人を超える人気のリピート商品!注文を受けてから焙煎するから新鮮。
  3. カフェーパウリスタ:芥川龍之介やジョン・レノンも絶賛した、農薬・化学肥料不使用のコーヒー。

さらに詳しく知りたい方は「【決定版】コーヒー豆の通販おすすめ人気ランキング11選!専門家が厳選」をチェック!

シティローストを知る前に!そもそもローストとは?

シティローストを知る前に!そもそもローストとは?

シティローストを知る前に、そもそもローストとは何か理解しておく必要があります。

ローストは英語に直すと「roast」。

この「roast」は「焙煎」や「あぶる」という意味があります。

つまり、ここで言うローストとは、コーヒー豆(生豆)を焙煎するということ。

浅煎りや深煎りといった表現は焙煎度合いによるもので、コーヒー豆の特徴や飲む方の好みによって決まります。

焙煎(ロースト)度合いは8段階

焙煎度合いロースト時間
ライトロースト 

短い


長い

 

酸味が強い


苦味が強い

シナモンロースト
ミディアムロースト
ハイロースト
シティロースト
フルシティロースト
フレンチロースト
イタリアンロースト

コーヒー豆の焙煎度合いに応じて以下の8段階に分かれています。

上の表がロースト度合いを表したものになります。

シティローストは深煎りと呼ばれる、5段階目になります。

浅煎り

ライトローストとシナモンローストは浅煎りの焙煎度合いになります。

黄色から茶色へと変化する程度の焙煎度合い。

この状態ではコーヒーの風味はかなり弱いです。

中煎り

中煎りはミディアムローストとハイローストです。

この状態になると茶褐色とまだ色は薄いものの、軽やかな風味を楽しめます。

特にハイローストは深煎りに近いので、コクと若干の苦味がありながら飲みやすいのが特徴です。

深煎り

シティロースト、フルシティロースト、フレンチローストの順で焙煎度合いは増していきます。

シティローストは最も人気な焙煎度合いです。

苦みやコク、甘みのバランスが丁度よく、カフェで提供されるコーヒーもシティローストが多いことでも有名。

イタリアンローストになると、コーヒー豆の見た目はほぼ真っ黒です。

味もかなり濃く、味わいも濃厚になります。

詳しくは「コーヒー豆のローストとは?焙煎の違いは全部で8段階【初心者必見】」の記事をチェック!

コーヒー豆のローストとは?焙煎の違いは全部で8段階【初心者必見】
コーヒー豆のローストとは?焙煎の違いは全部で8段階【初心者必見】今回はコーヒー豆のローストについて徹底解説していきます。ローストとは何かから、その違いまで具体的にお伝えしつつ、自宅で出来るコーヒー豆の焙煎方法についても教えます!正しい時間で美味しいコーヒーを飲みませんか?...

シティローストとは?

シティローストとは?

先程も解説しましたが、シティローストとは8段階の焙煎度合いでいう5段階目です。

徐々にコーヒーらしい苦味に近づいてくる段階でもあります。

ハイローストと同じで、非常にバランスが取れた状態です。

そのため、カフェや家庭用コーヒーとしては一般的な焙煎度合いとも言えます。

一般的な焙煎度合い故に、普段何気なく飲んでいるコーヒーは、ハイローストもしくはシティローストの可能性が高いです。

苦味が強くなる

中・深煎りのシティローストは、爽やかな苦味というよりは、若干コクのある苦味が強くなります。

コーヒー特有の渋み、香りが出始める焙煎度合いでもあります。

苦味が強い品種のコーヒー豆を焙煎すると、特徴を色濃く出せる味わいにすることもできます。

風味のしっかりとしたコーヒー豆を使わないと味を損なってしまう可能性があるため、逆に言えば、シティローストはコーヒー豆本来の味を活かすことができます。

シティローストの由来

これは諸説ありますが、シティローストの由来は「ニューヨークシティ」から来ているとされています。

シティローストの「シティ(City)」の語源は、「ニューヨークシティ(New York City)」と一緒だからです。

ニューヨークにおいては一般的な焙煎度合であるため、その名が付けられました。

げんた
げんた
英語で綴っても同じ名前だね。

シティローストの美味しい入れ方

シティローストの美味しい入れ方

シティローストの美味しい入れ方をご紹介します。

今回は最もポピュラーな淹れ方である、ペーパドリップに限定して解説します。

シティローストは深煎りのため、深煎りにおすすめの淹れ方は以下の通りです。

  1. 蒸らすために、30mlのお湯を注ぐ
  2. 30秒が経過したら、抽出開始※フィルターにかからないように「の」の字を描く
  3. 3回に分けてお湯を注ぐ
  4. 約2分秒で注ぎ切る
  5. 少したったら抽出終了
  6. 抽出されたコーヒーをかき混ぜて完成

ポイントとしてはゆっくりお湯を入れることにあります。

あまりに早くお湯をいれてしまうと、お湯がたまってしまいその間に渋みが生まれてしまいます。

深煎りのシティローストでは、なるべく渋みを消したいのでなるべくゆっくり入れることをおすすめします。

焙煎度合いで淹れ方が変わる理由

ハンドドリップの淹れ方は、この焙煎度合いによって異なります。

これはコーヒー豆の比重の違いと、風味がお湯に溶け出す違いが大きな理由になります。

浅煎りコーヒー豆と深煎り豆では、浅煎り豆の方が比重が重いです。

また浅煎りコーヒー豆の特徴である「酸味」は、早くお湯に溶け出します。

しかし深煎りコーヒー豆に特徴的な「苦味」は溶け出すのに、時間がかかります。

この違いがあるため、焙煎度合いで淹れ方が変わるというわけです。

シティローストに焙煎するコツ

シティローストに焙煎するコツ

コーヒー豆を焙煎する際には、焙煎度合いを「ハゼ」という単位で焙煎することが一般的です。

またシティローストの焙煎度合いは2ハゼです。

2ハゼとは、ピチピチという音がする状態が2回起こったということ。

この状態は、コーヒー豆が鮮やかなコーヒーブラウンになり、豆の表面に脂肪分が浮き出すころあいです。

主にレギュラーコーヒーを淹れるのにおすすめです。

コーヒー専門家
コーヒー専門家
自家焙煎する際には気をつけておきたいポイントだね。

シティローストに合うおすすめのコーヒー豆&粉3選

シティローストに合うおすすめの豆&粉3選

ここではシティローストに合うおすすめの豆&粉を3つご紹介していきます。

コーヒー豆の特徴を色濃く感じさせるシティローストは、グアテマラ産のアラビカ種などにおすすめな焙煎でしょう。

シティローストまで焙煎を進めることによって、酸味も弱まりスッキリとした印象のコーヒーに仕上がります。

まとめると以下の通り。

  1. 藤田珈琲 プレミアムラオスブレンド
  2. honu加藤珈琲店 ゴールデンブレンド
  3. 珈琲きゃろっと 初めてのセット

1つ1つ解説します。

1. バランスの取れたコーヒー豆「藤田珈琲 プレミアムラオスブレンド」

藤田珈琲 コーヒー豆

マイルドで優しくあっさりとしている酸味の後に、柔らかな苦味が広がるのが特徴です。

全体的なバランスも良く、香りがやすいコーヒーでしょう。

ナッツ系香りの余韻を残す個性的な味とも言うべきです。

香りもアロマの感じが出ていて、リピート間違いなし!

コーヒー豆の詳細

価格¥2,380
内容量500×4
産地ラオス他
焙煎度合いシティロースト

2. コスパ抜群なコーヒー豆&粉「honu加藤珈琲店 ゴールデンブレンド」

加藤珈琲店 ゴールデンブレンドコーヒー

世界の珈琲鑑定士が認めた「高品質Qグレードコーヒー豆」をふんだんに使ったレンドコーヒーでありながら、2kg入りでなんと¥2,570というコスパ抜群なコーヒーです。

コーヒー専門家
コーヒー専門家
かなり安いね!

口当たりマイルドで、コクと甘味・酸味が調和した味わいが特徴。

高品質で美味しく、安心安全な加藤珈琲店自慢のコーヒーなので気になる方は購入してみてください。

コーヒー豆&粉の詳細

価格¥2,570
内容量2kg
産地
焙煎度合いシティロースト

3. シティローストにおすすめのグアテマラ産コーヒー豆を使用「珈琲きゃろっと 初めてのセット」

珈琲きゃろっと 初回お試しセット

こちらは、シティローストにおすすめのグアテマラ産コーヒー豆を使用したおすすめコーヒーです。

他のサイトでもランクインしているコーヒー専門店で、正直かなり美味しいです。

実際に飲んでみると、しっかりとした甘みと芳醇な香りが特徴的。

美味しさが口いっぱいに広がりますが、後味はスッキリで飲みやすい印象です。

またコーヒー豆焙煎に対してのこだわりが強く、世界で唯一の焙煎機を開発してしまうほど。

  • ネットショップ大賞全国銘柄店賞で金賞
  • エスプレッソブレンドチャンピオンシップで第1位
  • ネットショップ大賞ドリンク部門で第1位

実績も豊富なので、信頼出来ます。

本来であれば¥4,583(税込)のところが、初回限定で今だけ45%OFF(初回お試しセット)の¥2,138(税込)になっています。

コーヒー豆&粉の詳細

価格¥2,138(税込)
内容量400g
産地グアテマラ、コスタリカ
焙煎度合い中深煎り

» 「珈琲きゃろっと」はこちら

珈琲きゃろっととは?評判からおすすめの初回お試しセットまでご紹介
珈琲きゃろっととは?評判からおすすめの初回お試しセットまでご紹介珈琲きゃろっとについて徹底解説します。評判から特徴、おすすめの初回お試しセットの感想まで幅広くご紹介!珈琲きゃろっとはカフェストや定期便、水出しコーヒーなどが販売されていますが、買うべき商品をお伝えします。まずい、怪しいと言われる理由も解説! ...

シティローストだけじゃない!より美味しくコーヒーを飲む方法

シティローストだけじゃない!より美味しくコーヒーを飲む方法

より美味しくコーヒーを楽しむ方法は、シティローストという焙煎度合いだけではありません。

確かに焙煎度合いも重要ですが、コーヒー豆の種類によってもかなり美味しさは変化します。

つまり、豆の種類を覚えるだけでも、コーヒーの魅力はまた一段と面白くなります。

コーヒー豆の種類は大きく分けて3つあります。

  1. アラビカ種
  2. ロブスタ種
  3. リベリカ種

この3つの違いを理解しつつ、焙煎度合いが分かればよりコーヒーをもっと楽しめるはずです。

より詳しく知りたい方は「アラビカ種とロブスタ種の違いとは?コーヒー豆の品種の特徴を解説」の記事をチェック!

ロブスタ種とアラビカ種の違いとは?コーヒー豆の品種の特徴を解説
アラビカ種とロブスタ種の違いとは?コーヒー豆の品種の特徴を解説スタバやカルディなどでも使われるアラビカ種とベトナムで主流のロブスタ種の違いについて徹底解説します。品種の特徴を踏まえながら、品質価値やカフェイン含有量なども徹底比較!コーヒー豆のアラビカ種・ロブスタ種・リベリカ種の特徴が知りたい方は必見です。...

シティローストの本当の魅力に触れてみよう!

シティローストの本当の魅力に触れてみよう!

いかがだったでしょうか?

「シティローストとは?美味しいいれ方からおすすめまでご紹介【決定版】」というテーマでお伝えしました。

シティローストは焙煎度合いのことを表し、8段階の5段階目にあたります。

深煎りの焙煎度合いで、若干の苦味とコクが感じ取れます。

そして今回ご紹介したおすすめのコーヒー豆&粉を参考にしながら、是非シティローストの本当の魅力に触れてみてください。

ABOUT ME
げんた
げんた
コーヒーをこよなく愛し続けて約8年。バリスタの経験を持ち、コーヒーソムリエの資格も保有。独自ブランドのコーヒー豆も販売中。YouTubeもやっています。このサイトでは毎日"香りから始まるひと時を。"をモットーに、コーヒー豆についての情報や皆様に役立つ情報をメディアを通して発信しています。いいなと思ったら是非、拡散よろしくお願い致します。
【数々のグランプリを獲得】世界が認めるコーヒー
珈琲きゃろっと サイドバー

あなたはコーヒー選びに迷った経験はありませんか?

そんな方には当サイトで一番人気の「珈琲きゃろっと」がおすすめ。

スペシャルティコーヒーという世界的にも希少な高品質のコーヒー豆を使用。

また今なら初回数量限定で、45%OFFのコーヒー豆お試しセットが楽しめます。

市販では味わえないような美味しさなので、通販で買うのがおすすめ。

際立つ香り高い風味があり、後味が甘いのが特徴的。

鮮度
甘み
コク
酸味
苦味
香り
価格今だけ¥1,980(送料無料)

» 詳細ページ» 公式サイト

こちらの記事もおすすめ!