MENU
» 【数量・期間限定】専門家が選ぶおすすめコーヒー通販サイト!

【まずい?】コーヒーとコーラを組み合わせたドリンクについて徹底解説

コーヒーとコーラって合うの?

コーヒーをコーラが組み合わさったコーラが知りたい!

こういった疑問や要望にお答えしていきます。

今巷で話題のコーヒーとコーラを混ぜたドリンクがアメリカで発売を決定しました。

そこで本記事では、コーヒーとコーラを合わせた新商品シリーズについて徹底解説していきます!

実際に自作してみた際の味も踏まえてご紹介します!コーラ、コーヒー好きの方必見です。

この記事の結論
  • コーヒーコーラはコーラとコーヒーの混ぜたカクテル
  • アメリカや日本で販売されるものの、未だ定着していない
  • 味は割合によって変わるが、苦みと炭酸味が混じり合った独特な味がする
本記事を監修する専門家
コーヒー豆研究所 げんた
げんた

コーヒー豆研究所は、日本安全食料料理協会(JSFCA)認定のコーヒーソムリエ、げんた(@topcoffeelab)が監修しています。

それでは早速見ていきましょう!

当サイトのおすすめコーヒーはこちら
  1. :世界で1台!自社開発の焙煎機で焙煎した「最高の品質・鮮度・焙煎」のコーヒー豆。今なら初回数量限定53%OFF!
  2. サブスク大賞2020にて「優秀賞」を受賞!約30万通りの中から最適化された高品質なスペシャルティコーヒーが楽しめる!
  3. :焙煎後の一番美味しい状態でお届け!プロのコーヒー鑑定士からも高評価。会員満足度驚異の94.8%を獲得!

さらに詳しく知りたい方は「【決定版】コーヒー豆の通販おすすめ人気ランキング17選!専門家が厳選」をチェック!

タップできる目次

コーヒーとコーラを組み合わせたドリンクとは?

コーヒーとコーラを組み合わせたドリンクとは?
出典:Amazon

結論、そのままコーヒーとコーラを混ぜた飲み物ですが、まだ正確な名前はありません。

人によっては、コーヒーコーラやコーラコーヒーなど呼んでいますが、まだ世間に完全に浸透できていないので、その名前も人それぞれといった感じになっています。

そのため、以下では「コーヒーコーラ」と呼んでいきます。

さて、このコーヒーコーラは、アメリカではコカ・コーラやペプシコーラが期間限定で発売がされるなど、時々世間に顔を出すものの、なかなか定着をしていません。

コカ・コーラ プラスコーヒー 250ml缶.jpg
コカ・コーラ コーヒープラス

日本でも、2001年にはUCCが「Cafe LA SHOWER」の販売が始まり、コカ・コーラも2017年に「コカ・コーラ コーヒープラス」を販売しています。

そのときは自動販売機限定で、関東・東海・南東北エリアでの展開していました。

しかし、いずれもすでに販売は終了しており、日本にも定着には失敗している模様です。

日本とアメリカと、いずれも定着して販売し続けるまで到達しておらず、世間受けするような飲み物ではないようです。

味わい

人によって味の評価は、かなりばらつきがあります。

コーヒーコーラはぶっちゃけカクテルのようなものですので、割合や淹れ方によっては大きく味が変わってしまうからです。

はっきりとまずいという人もいれば、カクテルの一種として飲めば、おいしいという人もいます。

ただ、共通していることは、コーラにはない苦みとコーヒーにはない炭酸味が、そこまで違和感のないものであるということのようです。

げんた

実際に売られていたコーヒーコーラは現在売られておらず、試すことができませんでした。

コーラにコーヒーミルクを入れると透明になる?

コーラにコーヒーミルクを入れると透明になる?
実際に試した画像

噂によると、コーヒーミルク(コーヒーフレッシュ)をコーラに入れると透明になるそうです。

理由は、化学反応でカラメルとコーヒーミルクの成分が反応するために透明になるそうですが、カラメルがコーラの上部にたまり、残りは透明な液体になるということです。

透明になるか試してみた!

透明になるか試してみた!

結果は、本当に透明になりました。

しかし、上部には泡が固まりカラメルができあがっていますが、液体はミルクの成分が固まってしまったのか、細かい沈殿物がコップ中を漂っています。

このカラメル成分がかなり多いので、透明な液体を拝むには少し、待って完全に分離するのを待ちましょう。

こちらも飲んでみましたが、コーラなのに、所々でミルクの味がじゃまをしてあまりおすすめはできません。

検証結果は、コーヒーミルクをコーラに入れると、濁って茶色い青汁のようになるでした。

コーヒー専門家

市販のものがベターだね

コーヒー味のコーラがアメリカで販売開始

 コーヒー味のコーラがアメリカで販売開始
出典:コカコーラ

元々、1980年代にアメリカでフレーバーコーラというものが徐々に誕生していったのが、コーヒーコーラの始まりです。

コーラにキャラメルやアップルなど、 様々な風味をつけるもので、 日本でも、レモンコーラ・チェリーコーラなどが販売されていますが、それもまた、フレーバーコーラの一つです。

さて、1995年にコカ・コーラが「PEPSI KONA」というコーヒーコーラを販売しました。

期間限定の販売だったものの、上述のように商品として定着することはありませんでした。 

しかし、コカ・コーラはこのコーヒーコーラの定着にあきらめていません。

2006年に「Coca Cola Blak」を販売しています。

しかし、こちらは2年で販売終了をしており、定着に失敗しています。

そして、2021年1月、三度目の正直として「Coke with Coffee」 をアメリカで販売しました。

現地での評判ですが、従来のようにやはり野心的な味だという評価のようで、なかなか厳しそうです。

現在発売中のフレーバーは「ダークブレンド」「ヴァニラ」「キャラメル」の3種類。

日本では販売していないので、アメリカに行った際に、試しに飲んでみるのも良いかもしれません。

コーヒーとコーラを混ぜたドリンクを実際に作ってみた

コーヒーとコーラを混ぜたドリンクを実際に作ってみた

こちら簡単に作れるので、作ってみました。

コーヒー豆はコーラルマウンテン。コーラは一般的なコカコーラです。

割合はアイスコーヒー3割、コーラ7割と、どちらかというとコーラベースで作るのが定番のようです。

味の方は、少し苦いコーラといった感じです。印象です。

ビターなコーラを飲みたいという方にはおすすめかもしれません。

逆に、アイスコーヒー7割、コーラ3割も試してみました。

味の方は、シュワシュワして、苦くて、甘いコーヒーです。

コーヒーなのに炭酸の泡が口の中で広がり、コーヒーの苦みの後にコーラの甘さがやってきます。これは、人によっては好きになる味かも知れません。

世間に定着するのはなかなか難しそう

両方とも、コーラのおかげで苦みが目立つようになるので、アイスやクリームを上に載せてアレンジするのも良いかもしれません。

結論となりますが、確かに世間に定着するのはなかなか難しそうな味です。

しかし、作るのは簡単なので自分流でアレンジすれば、自分好みのコーヒーコーラが作れるかもしれません。

コーヒーとコーラはどちらがカフェイン量を含んでいるか

 コーヒーとコーラはどちらがカフェイン量を含んでいるか

コーヒーコーラですが、カフェインが多く含まれています。

例にとって見ますと、 Coke with Coffee には一本340ミリリットルの中に、69ミリグラムのカフェインが含まれています。

さてコーヒーとコーラどちらに多くのカフェインが含まれているのでしょうか?下で表にしてみました。

コーラコーヒー
カフェイン量(1mlあたり)0.1mg0.56mg

コーヒーのカフェイン量は、浅煎りや深煎り、抽出方法などで異なりますが、コーヒーにはコーラの5.6倍のカフェインが含まれていることになります。

では、コーヒーコーラはどのくらいカフェインが増えているのでしょうか?

スクロールできます
コーラ コーヒー コーヒーコーラ
カフェイン量(340mlあたり) 34mg 190.4mg69mg

コーヒーコーラは大体コーラとコーヒーの間くらいのカフェイン量を含んでいるようです。

コーヒーが苦手な方にはコーヒーコーラはカフェイン量が少ないので、おすすめかもしれません。

ただ、カフェイン量はコーラより多いため、夜寝る前などは飲まない方が賢明です。

コーヒーのカフェイン量については、以下の記事をチェック!

あわせて読みたい
【最新】コーヒーのカフェイン量はどのくらい?その効果と副作用も解説 コーヒーはカフェインで有名だけど、実際どんな効果があるの?でも強い効果があれば、その副作用も強そう。 コーヒーを飲むときのカフェイン量ってどのくらい? こうい...

コカ・コーラから販売されている「コスタコーヒー」

コスタコーヒー
出典:Amazon

余談ですが、コーヒーコーラとネット検索をすると「コスタ コーヒー」が検索されます。

しかし、特にコスタコーヒーではコーヒーコーラは発売されていません。

コカ・コーラが販売していたのは 「コカ・コーラ コーヒープラス」 です。

コカ・コーラといえば「ジョージア」が有名ですが、コスタコーヒーのエスプレッソも最近では人気が出てきています。

しかし、現在日本でコーヒーコーラを販売している所はないので、コスタコーヒーとコーヒーコーラは何も関係がないので注意をしてください。

げんた

私がヨーロッパに行った際もこのコスタコーヒーが非常に人気でしたね

コーヒーとコーラの組み合わせは非常に斬新!

 コーヒーとコーラの組み合わせは非常に斬新!

いかがでしたでしょうか?

コーヒーとコーラの組み合わせた場合の味や実際に売られているコーラについてご紹介致しました!

本記事で重要なことをまとめると以下のとおりです。

  • コーヒーコーラはコーラとコーヒーの混ぜたカクテル
  • アメリカや日本で販売されるものの、未だ定着はせず
  • カフェイン量は340mlで69mg。コーラの2倍。コーヒーの3分の1
  • 味は、割合によって変わるが、苦みと炭酸味が混じり合った独特な味
  • コスタコーヒーはコーヒーコーラとは無関係

本記事でご紹介したおすすめの飲み方を参考に、ぜひコーヒーコーラをお試しください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
【概念が変わる?!】数々のグランプリを獲得した世界が認めるコーヒー
珈琲きゃろっと サイドバー
内容量200g×2銘柄
価格今だけ¥1,980(送料無料)※返金保証付き
コスパ 5.0
鮮度 5.0
飲みやすさ 4.5
おすすめ度 5.0

正直、コーヒーは種類がありすぎて迷ってしまいますよね。

そんな方には当サイトで一番人気の「珈琲きゃろっと」を強くおすすめします。

数々の賞を獲得し、味の美味しさはお墨付き。

スペシャルティコーヒーという世界的にも希少な高品質のコーヒー豆を使用。

際立つ香り高い風味と、後味が甘いのが特徴的。

今なら初回数量限定で、53%OFFのコーヒー豆お試しセットが楽しめます。

市販では味わえないような美味しさなので、通販で買うのがおすすめ。

コク
深い
あっさり
甘み
強い
弱い
酸味
強い
弱い
苦味
強い
弱い
香り
強い
弱い

\ 今だけ初回限定53%OFF /

この記事を書いた人

柏倉元太のアバター 柏倉元太 日本安全食料料理協会(JSFCA)認定コーヒーソムリエ/コーヒー専門家

コーヒーをこよなく愛し続けて約8年。日本安全食料料理協会(JSFCA)認定のコーヒーソムリエ資格を取得し、現在はコーヒー専門家として活動しています。また独自ブランドのオリジナル厳選コーヒー豆も販売しており、YouTubeもやっています。

このサイトでは毎日"香りから始まるひと時を。"をモットーに、コーヒー豆についての情報や皆様に役立つ情報をメディアを通して発信しています。いいなと思ったら是非、拡散よろしくお願い致します。

目次
トップへ
タップできる目次
閉じる