MENU
» 【数量・期間限定】専門家が選ぶおすすめコーヒー通販サイト!

ドリップコーヒーにおすすめのケトル9選!おしゃれなケトルもご紹介

コーヒーにはどんなケトルが最適?

おすすめの温度計付き電気ケトルを知りたい!

今回はこういった疑問にお答えしていきます。

ドリップコーヒーをよく飲む方にとって、ケトルは必須アイテムですよね。

そこで本記事ではおすすめのコーヒーケトル9選をご紹介!

温度計付きのタイプだけでなく、キャンプにも使える直火用のものも解説します。

この記事の結論
  • コーヒーを入れるのには細口のケトルがおすすめ
  • コーヒーを入れるのには、温度指定をできる電気ケトルがおすすめ
  • 用途に合わせて直火用やキャンプ用のケトルの購入もおすすめ
本記事を監修する専門家
コーヒー豆研究所 げんた
げんた

コーヒー豆研究所は、日本安全食料料理協会(JSFCA)認定のコーヒーソムリエ、げんた(@topcoffeelab)が監修しています。

それでは早速見ていきましょう。

当サイトのおすすめコーヒーはこちら
  1. 珈琲きゃろっと:世界で1台!自社開発の焙煎機で焙煎した「最高の品質・鮮度・焙煎」のコーヒー豆。今なら初回数量限定53%OFF!
  2. ニフコーヒーコスパ最強・高品質スペシャルティコーヒー!注文を受けてから焙煎した新鮮なコーヒーが200g¥999で楽しめる!
  3. チャンバーコーヒー:焙煎後の一番美味しい状態でお届け!プロのコーヒー鑑定士からも高評価。会員満足度驚異の94.8%を獲得!

さらに詳しく知りたい方は「【決定版】コーヒー豆の通販おすすめ人気ランキング16選!専門家が厳選」をチェック!

タップできる目次

ドリップコーヒーにケトルは必要?

ドリップコーヒーにケトルは必要?

結論、美味しいドリップコーヒーにケトルは必要です。

理由をまとめると以下のとおりです。

必要な理由
  • コーヒー粉にムラなくお湯をかけられる
  • お湯がフィルターに直接落ちてしまうことを減らせる
  • 安定した味わいを出すことができる

「やかん」や「湯沸かしポット」でドリップコーヒーを入れると、一気にたくさんのお湯が注がれてしまったり、お湯がコーヒー粉と触れずにフィルターから落ちてしまったりして、薄い味のコーヒーになってしまうことがあります。

ドリップコーヒーでコーヒー粉から自分で入れたい方は、コーヒー用のケトルを使うと美味しいコーヒーに近づくのです。

コーヒーに最適なケトルの特徴

コーヒーに最適なケトルの特徴

初心者の方にとってコーヒーケトルの違いを理解するのは、難しいですよね。

ここでは、これからコーヒーケトルを新しく購入する初心者の方に向けて、ドリップコーヒーに最適のケトルの特徴を、大きく2つに分けてご紹介します。

げんた

機能性以外にも、見た目が好みかどうかも重要だよね。

美味しいコーヒーをケトルで入れるためには、以下のような点を基準に選ぶのがおすすめです。

  1. 注ぎ口から出る湯量を調整しやすい細口ノズル
  2. コーヒーの抽出に最適な温度に調整できる温度付き

細口ノズル

コーヒーを入れる際には、コーヒー粉全体へ均等にお湯を注ぐことが重要です。

細口ケトルで入れると、お湯の量を注ぎ口でコントロールしやすく、均等にお湯を注ぐことができます。

コーヒーの味を安定させて美味しくするためには、細口ノズルのケトルがおすすめです。

温度計付き

コーヒーを抽出する際に、お湯の温度を気にしたことはありますか?

じつは、お湯の温度が高くなるとコーヒーの成分がより濃くなるのです。

つまり、お湯の温度が低すぎるとコーヒーの成分が十分に抽出されずに、薄い味のコーヒーになってしまいます。

コーヒーの抽出におすすめの温度は95度前後です!

温度計付きのケトルで、好みの温度を見つけて抽出するのも良いでしょう。

【最新】ドリップコーヒーにおすすめのケトル5選

【最新】ドリップコーヒーにおすすめのケトル5選

ここからは、自宅でドリップコーヒーを入れるのにおすすめのケトルを5つご紹介します。

ここまでにご紹介した、ドリップに最適なケトルの特徴も踏まえた上で厳選しました。

コーヒー専門家

キッチンに置いたままにしても絵になるような、おしゃれなケトルばかりですよ。

まとめると以下のとおりです。

最新のおすすめコーヒー用ケトル
  1. バルミューダ The Pot
  2. 山善 電気ケトル YKG-C800-E
  3. ハリオ V60 パワーケトル・ヴォーノN
  4. グッドデザイン賞も受賞「デロンギ 電気カフェケトル KBOE1230J-W」
  5. 月兎印 スリムポット 0.7L

順番に解説します。

1. カフェでも使われている「バルミューダ The Pot」

1. カフェでも使われている「バルミューダ The Pot」

おしゃれで洗練されたデザインの家電や、インテリアグッズで知られているバルミューダ。

そんなバルミューダの電気ケトルは、2017年度グッドデザイン賞を受賞したり、スタバで限定デザインのケトルが販売されていたりと、デザインの点で特に評価されています。

スペシャルティコーヒーを扱う、ONIBUS COFFEEのバリスタもおすすめする人気のケトルです。

商品スペック

価格12,100円(税込)
容量600ml
サイズ本体のみ : 幅 269mm × 奥行き 128mm × 高さ 170mm
温度計機能なし

2. 簡単に温度設定ができる「山善 電気ケトル YKG-C800-E」

山善 電気ケトル YKG-C800

こちらのポットの特徴は、温度調整と保温機能です。

温度調整は、60度から100度まで1度単位で設定することができます。

さらに、沸騰後の保温機能もあるため2杯目の抽出も、狙った温度で入れられます。

機能性の高さや値段の安さから、通販サイトの電子ケトル部門では、上位にランクインしています。

げんた

コスパも抜群だね!

商品スペック

価格6,980円(税込)
容量800ml
サイズ幅 285mm × 奥行き 190mm × 高さ 24mm
温度計機能あり

3. コーヒーのために作られたケトル「ハリオ V60 パワーケトル・ヴォーノN」

ハリオ V60温度調整つきパワーケトル・ヴォーノ

コーヒー器具のメーカーとして有名なハリオからは、機能性にもデザイン性にも優れたケトルが販売されています。

50度から96度の範囲を1度単位で調整して加熱できるだけでなく、加熱後に一定温度で保温することもできます。

さらに、水が入っていないときに電源が切れる空焚き防止や、10分間操作がないと電源が切れる機能があり、安全面でのメリットがあります。

注ぎやすさはさることながら、電子パネルの見やすさや操作性にも優れています。

商品スペック

価格22,000円(税込)
容量800ml
サイズ幅 300mm × 奥行き 190mm × 高さ 185mm
温度計機能あり

4. グッドデザイン賞も受賞「デロンギ 電気カフェケトル KBOE1230J-W」

デロンギ アイコナ 温度設定機能つき電気カフェケトル

コーヒーメーカーや暖房器具で知られるデロンギは、デザイン性の高さで知られています。

そしてこちらのコーヒーケトルは、電源ボタン、保温ボタンの他に、50度から100度のボタンで操作できる、シンプルな作りとなっています。

げんた

5段階の温度ボタンで加熱できるよ。

保温ボタンを押せば20分間、設定された温度を保てます。

デロンギならではの重厚感のあるデザインと、機能性の高さが特徴です。

商品スペック

価格14,168円(税込)
容量1000ml
サイズ本体+ベース : 幅 270mm × 奥行き 220mm × 高さ 250mm
温度計機能あり

おすすめの電気ケトルだけを知りたいという方は「コーヒーに最適な電気ケトルおすすめ7選!おしゃれで機能性も抜群」の記事をチェック!

あわせて読みたい
コーヒーに最適な電気ケトルおすすめ7選!おしゃれで機能性も抜群 コーヒーをドリップする時のおすすめ電気ケトルが知りたい! おしゃれで高機能な電気ケトルを教えてほしい! 今回はこういった疑問にお答えしていきます。 この記事から...

5. 特徴的なブルーカラー「月兎印 スリムポット 0.7L」

月兎印 スリムポット 700ml

こちらのポットは、同じものを長く使いたい方や、直火でお湯を加熱したい方におすすめです。

発売から30年以上経っても人気の衰えを知らないロングセラー商品である、こちらのポットは1つ1つ職人の手作業によって作られています。

ホーローでできており、見た目の美しさも丈夫さも実現されています。

ホーローとは、鉄を成型したものにガラス質を焼きつけたもののことです。

商品スペック

価格4,180円(税込)
容量700ml
サイズ幅 195mm × 奥行き 95mm × 高さ 185mm
温度計機能なし
created by Rinker
ツキウサギジルシ(Tsukiusagijirushi)
¥3,850 (2022/01/25 19:09:14時点 Amazon調べ-詳細)

直火派におすすめの直火用コーヒーケトル2選

直火派におすすめの直火用コーヒーケトル2選

シンプルな作りで置き場所にも困らない、直火用ケトル。

直火用コーヒーケトルは、以下のような方におすすめです。

  • 保温機能を求めない
  • 長く使って経年変化も楽しみたい
  • アウトドアでも使いたい

場所を選ばない使い勝手の良さが、直火用コーヒーケトルの利点と言えます。

おすすめの直火用ケトルをまとめると、以下のとおりです。

直火用ケトルまとめ
  1. HARIO V60 ドリップケトル VKW-120-HSV
  2. ビアレッティ エスプレッソメーカー

順番に解説します。

1. 暮らしに馴染むデザイン「HARIO V60 ドリップケトル VKW-120-HSV」

HARIO V60 ドリップケトル VKW-120-HSV

こちらのケトルはおしゃれな上、さまざまな電熱に対応しているのが特徴です。

IHやガスコンロだけでなく、ハロゲンヒーターなどにも対応しています。

シンプルな形状と木の持ち手がおしゃれで、生活を明るくしてくれそうなデザインです。

デザイン性だけでなく、注ぎ口とハンドルが注ぎやすさを重視した形状になっています。

げんた

直火OKだからアウトドアにもぴったりだね。

商品スペック

価格7,150円(税込)
容量800ml
サイズ幅 310mm × 奥行き 144mm × 高さ 160mm
温度計機能なし

2. 直火で簡単エスプレッソ「ビアレッティ エスプレッソメーカー 3カップ用」

BIALETTI(ビアレッティ)直火式 モカエキスプレス 3カップ 1162

こちらは「マキネッタ」とも呼ばれる、直火式エスプレッソマシンです。

コーヒー粉をセットしてガスコンロにセットすると、5分ほどでエスプレッソが完成します。

ミルクと合わせれば、自宅でもカフェラテを楽しむことができるコーヒーグッズです!

ドリップコーヒーだけでなく、エスプレッソコーヒーも楽しみたい方におすすめのグッズです。

げんた

イタリアでは、一家に一台は必ずあるとまで言われているらしい!

商品スペック

価格4,620円(税込)
容量1cup用
サイズ幅 70mm × 奥行き 130mm × 高さ 135mm
温度計機能なし

マキネッタについては「【2022年版】マキネッタとは?気になる使い方からおすすめまでご紹介」の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
【2022年版】マキネッタとは?気になる使い方からおすすめまでご紹介 マキネッタって聞いたことがあるけど、どんな特徴があるの?使い方も知りたい! おすすめのマキネッタを教えて下さい! こういった疑問にお答えしていきます。 この記事...

キャンプやアウトドアシーンにおすすめのコーヒーケトル2選

キャンプやアウトドアシーンにおすすめのコーヒーケトル2選

キャンプやバーベキューで飲むコーヒーは、格別に美味しいですよね。

せっかくアウトドアに持って行くのなら、機能性はもちろん、おしゃれなデザインのものが欲しい方におすすめのコーヒーケトルを2つご紹介します!

げんた

アウトドア用は丈夫なものが多いね

アウトドアシーンにおすすめのコーヒーケトルをまとめると、以下のとおりです。

アウトドアシーンにおすすめのコーヒーケトル
  1. スノーピーク フィールドバリスタ
  2. コールマン ファイアープレイスケトル

順番に解説します。

1. キャンプシーンをおしゃれに「スノーピーク フィールドバリスタ」

スノーピーク フィールドバリスタ

おしゃれなキャンプグッズといえば、スノーピークを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

こちらのケトルは、コーヒーを入れるのに適した細口の注ぎ口で、注ぎやすさを実現しています。

シンプルなデザインでありつつ、注ぎやすい工夫がされています。

ハンドルが着脱可能で、小さくして持ち運ぶことができますよ。

げんた

中にコーヒーグッズを収納して持ち運ぶ人もいるみたい!

商品スペック

価格12,980円(税込)
容量1000ml
サイズ幅 210mm × 奥行き 130mm × 高さ 180mm
温度計機能なし

2. 吊り下げられるハンドル付き「コールマン ファイアープレイスケトル」

コールマン ファイアープレイスケトル

こちらのケトルの最大の特徴は、焚き火台の上に吊るしてお湯を沸かすことができる点です。

ファイアープレイススタンドにセットしても灰が入らないよう、注ぎ口にもフタがついています。

さらに、厚手のグローブでも掴みやすい取手が付いており、アウトドアシーンでもコーヒーを入れられるアイテムです。

コーヒー専門家

キャンプの夜に、ゆったりとコーヒーを飲むのにぴったりですね。

商品スペック

価格5,980円(税込)
容量1600ml
サイズ幅 130mm × 奥行き 220mm × 高さ 230mm
温度計機能なし

コーヒーケトルでシーンを問わずコーヒーを楽しもう

コーヒーケトルでシーンを問わずコーヒーを楽しもう

いかがだったでしょうか?

これからコーヒーを本格的にはじめたい方におすすめのコーヒーケトルをご紹介しました。

今回の記事の内容をまとめると、以下のとおりです。

  • コーヒーケトルは細口で温度計付きのものがおすすめ
  • コーヒーを入れるお湯の温度は95度前後
  • アウトドアシーンでも、コーヒーケトルでコーヒーを入れるのがおすすめ

自分の用途やデザインの好みに合わせてケトルを選んで、シーンを問わずコーヒーを楽しみましょう!

よかったらシェアしてね!
【概念が変わる?!】数々のグランプリを獲得した世界が認めるコーヒー
珈琲きゃろっと サイドバー
内容量200g×2銘柄
価格今だけ¥1,980(送料無料)※返金保証付き
コスパ 5.0
鮮度 5.0
飲みやすさ 4.5
おすすめ度 5.0

正直、コーヒーは種類がありすぎて迷ってしまいますよね。

そんな方には当サイトで一番人気の「珈琲きゃろっと」を強くおすすめします。

数々の賞を獲得し、味の美味しさはお墨付き。

スペシャルティコーヒーという世界的にも希少な高品質のコーヒー豆を使用。

際立つ香り高い風味と、後味が甘いのが特徴的。

今なら初回数量限定で、53%OFFのコーヒー豆お試しセットが楽しめます。

市販では味わえないような美味しさなので、通販で買うのがおすすめ。

コク
深い
あっさり
甘み
強い
弱い
酸味
強い
弱い
苦味
強い
弱い
香り
強い
弱い

\ 今だけ初回限定53%OFF /

この記事を書いた人

mioのアバター mio 元スターバックス店員/コーヒーインストラクター

フリーランスWebライター。スターバックスで働いた経験から、カスタマイズや裏技をご紹介します。また、コーヒーインストラクター2級の資格の知識をいかして、皆様がもっとコーヒーを楽しめるような記事を書いていきます。

目次
トップへ
タップできる目次
閉じる