コーヒーの知識

【論文付き】朝コーヒーのメリット・デメリット!おすすめの飲み方も紹介

朝にコーヒーを飲むのは危険?その理由と効果・対処法まで完全解説
朝にコーヒーを飲むんだけど健康に良くないって本当?効果はどんなものがあるの?
朝のコーヒーはどのような効果があるの?血糖値が上がるって聞いたことがあるけど、実際どうなの?

こういった疑問にお答えしていきます。

朝にコーヒーを飲む方は結構いらっしゃるかと思います。

ですが意外にも大きな効果・副作用があるのです。

そこで今回は最新の研究結果の基、記事を作成しました。

この記事の結論
  • 朝のコーヒーは危険という研究報告がある。ただしメリットもある
  • 朝にコーヒーを飲むなら起床から1時間後がおすすめ
  • バターコーヒーやモカコーヒーと組み合わせるのがおすすめ
げんた
げんた

本記事の信頼性

コーヒー豆研究所では日本安全食料料理協会(JSFCA)認定のコーヒーソムリエ、げんた(@topcoffeelab)が監修しています。コーヒーをこよなく愛し続けて約8年。バリスタとしての経験がありながら、現在は独自ブランドのコーヒー豆も販売中。

それでは早速見ていきましょう。

当サイトのおすすめコーヒーはこちら
  1. 珈琲きゃろっと:世界で1台!自社開発の焙煎機で焙煎した「最高の品質・鮮度・焙煎」のコーヒー豆。今なら初回数量限定45%OFF!
  2. BeansExpress:バランスのとれた飲みやすいブレンド!焙煎歴30年のベテラン焙煎士が1つ1つ丁寧に焙煎。
  3. ドイコーヒー:会員数3万人を超える人気のリピート商品!注文を受けてから焙煎するから新鮮。

さらに詳しく知りたい方は「【決定版】コーヒー豆の通販おすすめ人気ランキング13選!専門家が厳選」をチェック!

朝にコーヒーを飲むのは危険!デメリットとは?

朝にコーヒーを飲むのは危険!デメリットとは?

前提として、朝にコーヒーを飲むと健康に良くないとされています。

朝9時前にコーヒーを飲んではいけない、という意外な内容の動画が以上になります。

また朝コーヒーを飲むことに対して否定的な発表を行ったのは、アメリカの軍保健科学大学の神経科学者である「スティーブ・ミラー氏」。

cortisol production is strongly related to your level of alertness, and it just so happens that cortisol peaks for your 24-hour rhythm between 8 and 9 a.m., on average.

引用元:brainfacts

※彼の主張が載っていた記事を引用しています。

彼の主張によると、朝8時〜9時まではコーヒーを飲むべきではないとしています。

体内リズムによってコルチゾールが分泌される

ある研究結果によって以下のようなことが分かっています。

In humans, the secretion of cortisol from the adrenal glands follows a diurnal cycle with a profound increase after awakening.

引用元:The cortisol awakening response (CAR): facts and future directions

つまり、本来人間は体内リズムを構造上持っており、朝8時〜9時になると”コルチゾール”というホルモンを分泌しはじめるということです。

この”コルチゾール”はもともと脳を覚醒させる働きがあり、ストレスにも敏感に反応すると言われています。

コーヒーを飲んでカフェインを摂取すると、この”コルチゾール”の分泌が減ってしまうのです。

結果として、体内にカフェイン耐性がついてしまい、今までより多くのカフェインを欲するようになってしまうわけです。

血糖値が上がる

コーヒーはインスリンの働きを悪くしてしまい、血糖値を上がりやすくするという報告もあります。

Higher habitual coffee consumption was associated with higher insulin sensitivity (1) and a lower risk for type 2 diabetes (2–6) in diverse populations.

引用元:Effects of Coffee Consumption on Fasting Blood Glucose and Insulin Concentrations

そのため、朝一番や食時前、または食事と一緒にコーヒーを飲むことによって、血糖値が上がりやすくなります。

これによってコーヒーを飲むなら朝食後が良いとされています。

飲み過ぎは下痢・腹痛などの副作用の原因になる

しかしカフェインの過剰摂取、つまりコーヒーの飲み過ぎが続くと交感神経への刺激が強くなり過ぎてしまい、胃腸の活動サイクルが乱れます。

これによって体内が水分を吸収しにくくなり、結果として「水分」と「便」を排出が不安定になります。

これが下痢などの原因になるわけです。

コーヒー専門家
コーヒー専門家
何事にも適度な量が大切だね。

朝にコーヒーだけ飲む場合も危険

朝食をコーヒーだけで済ませている方は健康にあまり良くありません。

朝食は一日を乗り切る大切な栄養源になります。

そのため栄養源が不足すると疲れたり、集中力が低下する恐れがあります。

また朝起きた状態の胃は空腹なため、すぐにコーヒーだけ飲むというのは胃が荒れてしまう原因にもなりかねないのです。

つまり、ダイエットを意識してコーヒーだけにするということはあまりおすすめできません。

それであるならば、朝食をしっかりと摂りつつコーヒーを飲むやり方の方が良いでしょう。

朝にコーヒーを飲むと期待できる効果・メリット

朝にコーヒーを飲むと期待できる効果

また「朝にコーヒーを飲むと健康に悪い」という意見がある一方で、「朝にコーヒーを飲むことは健康に良い」という意見もあります。

コーヒーには本来、カフェインによって血流を良くする効果があり、朝のコーヒーを飲むことによって血行が良くなり、朝が苦手な方、低血圧の方でも朝から元気に活動することができるようになるのです。

げんた
げんた
つまり朝のコーヒーは血糖値を上げてくれるだね!

ダイエット・脂肪燃焼効果が期待できる

※コーヒーとダイエットの関係についてはYouTubeでも解説しています。

コーヒーとダイエットの効果については「京都大学大学院人間・環境学研究科の森谷敏夫教授らの研究」によって、脂肪の代謝が顕著に脂肪代謝を高めることが認めらたとしています。

またコーヒーに特有の香り成分や苦味物質などに、総自律神経活動を高める効果が期待できるという結果も得られています。

運動時の脂肪燃焼を促進する可能性がある

カフェインを摂取することで、運動時の脂肪燃焼を促進する可能性があることが新しい研究で明らかとなっています。

※現在:2021年4月25日

約240mgのカフェイン(マグカップ2杯)を摂取することで、特に午前中の代謝が向上したとされています。

上記でカフェインの摂りすぎは副作用をもたらすことがあると解説しましたが、一般的には1日にコーヒー3~4杯までなら大半の人にとって安全とされている。

※オープンアクセスジャーナル「International Society of Sports Nutrition誌」の研究論文参照

様々な研究結果が出ている

その他にも、国立病院機構京都医療センター予防医学研究部の坂根直樹室長の「コーヒーを活用した楽しい減量プログラム」では以下のような低下について効果があるとしています。

※参照:コーヒーはダイエットに効果的?

  • 体重の減少
  • 筋肉率の上昇
  • 収縮期血圧の低下
  • LDLコレステロール値

より詳しくコーヒーダイエットについて知りたい方は「【最新】コーヒーダイエットとは?効果・口コミからおすすめまで解説」の記事をチェック!

【最新】コーヒーダイエットとは?効果・口コミからおすすめまで解説
【最新】コーヒーダイエットとは?効果・口コミからおすすめまで解説コーヒーダイエットについて徹底解説していきます。コーヒーにはたくさんの成分が含まれていますが、その中にはダイエット効果が期待されています。最後には注意点をご紹介しつつ飲むべきタイミングなども細かく解説していくので、悩んでいる方は必見です! ...

リラックス効果も期待できる

また、京都大学大学院 伏木亨教授の研究によると、朝にコーヒーを飲むことで気分をリラックスさせる効果があるとされています。

それと同時に眠気を覚ます効果があり、1日を快適にすることができるそうです。

これはカフェインによる作用が大きいですね。

詳しいコーヒーの効果については「コーヒーに含まれる栄養成分とは?驚くべきたくさんの効果があった」の記事を参考にしてみてください。

コーヒーに含まれる栄養成分とは?驚くべきたくさんの効果があった
【最新】コーヒーに含まれる栄養素とは?詳しい成分から効果まで解説コーヒーの栄養成分について徹底解説していきます。コーヒーの栄養素はカフェインが有名ですが、実はその他にもたくさんの成分が入っているのをご存知でしたか?最後には、コーヒー豆をそのまま食べる時の注意点もお伝えするので、悩んでいる方は必見です。...

朝にコーヒーを飲むなら起床から1時間後!対処法をおさえよう

朝にコーヒーを飲むなら起床から1時間後!対処法をおさえよう

これらのことを踏まえると、朝にコーヒーを飲むなら起床から1時間後がおすすめ。

コルチゾールの分泌量は起床時間に関わらず、目覚めた直後に50%ほど増えるとされています。

そのため目覚めてから1時間は時間を空けて朝のコーヒーを飲むことが理想的なのです。

9時〜11時または13時〜17時半もおすすめ

コーヒーを飲む場合午前9時以降に飲むと良いとされています。

またお昼の12時〜13時、午後17時30分〜18時30分も同様にコルチゾールが多く分泌される時間帯のため、この時間も避けたほうが賢明でしょう。

朝のコーヒーに合うおすすめの組み合わせ

朝のコーヒーに合うおすすめの組み合わせ

ではどうしてもコーヒーを飲みたいという方はどうすれば良いのでしょうか?

結論として、時間帯を気にしつつ、モカコーヒーを朝に飲むのがおすすめの組み合わせです。

モカコーヒーは、独特な甘い香り&程よくフルーティーな酸味は、忙しい朝にもぴったり!

充実した1日の始まりに、香り高いコーヒーで贅沢時間を演出してくれるはずです。

モカコーヒーの特徴って何?そもそも美味しいの?

そんな方は「モカとは?種類の違いからおすすめのモカコーヒーもご紹介【決定版】」の記事は必読です。

モカとカフェモカとの違い
【決定版】モカとは?種類の違いからおすすめのモカコーヒーもご紹介モカについて徹底解説していきます。皆さんはモカという言葉を一度は聞いたことはあると思います。しかしカフェモカとの違いやその特徴を知っているでしょうか?今回は美味しい飲み方・淹れ方からおすすめまで幅広くご紹介するので、悩んでいる方は必見です! ...

ダイエット効果が期待できるバターコーヒー

バターコーヒーの効果

もう1つ、朝のコーヒーにおすすめなのがバターコーヒーです。

バターコーヒーとはその名前の通り、バターを溶かしたコーヒーのこと。

使用するバターやオイルを自分のこだわったものにすることで、楽しめるだけでなく、栄養価が高く満腹感が得られるコーヒーになると、近年話題になっています。

バターコーヒーを利用することで朝のダイエット効果をより効率的なものにしてくれます。

最近では、バターコーヒー専門のコーヒーショップもオープンしているのだとか。

そのため、バターコーヒーをダイエットに使用する方が増え始めています。

バターコーヒーについてより詳しく知りたい方は「バターコーヒーでダイエット?その効果・作り方からおすすめまで紹介」の記事をチェック!

バターコーヒーを飲んでダイエットに目覚めよう!
バターコーヒーでダイエット?その効果・作り方からおすすめまで紹介ダイエット効果が期待できるバターコーヒーについて徹底解説していきます。作り方からおすすめのバターコーヒーまでご紹介しつつ、バターとコーヒーのおすすめもお伝えします!カロリーや効果、飲む際の注意点まで細かく解説するので、迷っている方は必見です。 ...

チャコールバターコーヒーがおすすめ

MCTオイル配合 チャコールバターコーヒー

王道のバターコーヒーといえばこちらの「チャコールバターコーヒー」。圧倒的におすすめです。

スティックタイプになっており、非常に使いやすいバターコーヒー。

使用しているバターは、トランス脂肪酸を80%カット・低糖質です。

無駄にかき混ぜる必要が無く、お湯で溶かすだけで美味しいバターコーヒーが堪能できます。

持ち運びしやすいタイプが良い際や、撹拌の必要が無いバターコーヒーを探している場合におすすめでしょう。

» チャコールバターコーヒーはこちら

MCTオイル配合 チャコールバターコーヒー
チャコールバターコーヒーの口コミ・評判は?効果や販売店もご紹介ダイエット効果が期待できるとして今話題のチャコールバターコーヒー。今回はそんなチャコールバターコーヒーの口コミ・評判からお得に買う方法まで幅広くご紹介!楽天やAmazonでも販売されていますが、より安く買う方法あるんです!気になる方は必見です。 ...

朝におすすめのコーヒーの飲み方

朝におすすめのコーヒーの飲み方

これまでご紹介してきたことをまとめると以下のとおりになります。

  • 起きたら水分補給をする
  • ブラックのホットコーヒーを飲む
  • カフェイン量が少ない深煎りのコーヒー豆を使う
  • コーヒーを飲むのは起床後1時間以上経ってからにする
  • 朝食の後にコーヒーを飲む

最後の2つに関しては、これまで解説してきたことと被るので割愛します。

起きたら水分補給をする

朝起きた時の人の血液は非常にドロドロしています。

これは寝ている間に人は汗をかくためです。その量はなんと約2Lともされています。

コーヒー専門家
コーヒー専門家
そんなに水分が出ているの?!

そのためまずはコーヒーを飲む前のリセットのためにも、朝のコーヒーを飲む前に水を飲むことをおすすめします。

ドリップしたブラックのホットコーヒーを飲む

ブラックのホットコーヒーを飲むことも非常に有効です。

ホットコーヒーで飲むことで体が温めるため、血行促進や代謝を上げてくれます。

またインスタントや缶コーヒーにはカフェインやクロロゲン酸も含まれていますが、その量が少ないため、コーヒー粉からドリップすることおすすめします。

またブラックコーヒーで飲むことで、よりカフェインの効果を受けやすくなると言われています。

詳しくは「ブラックコーヒーの効果・メリットとは?カロリーから飲み方まで解説」の記事をチェック!

ブラックコーヒーを飲むことで得られるメリット
ブラックコーヒーの効果・メリットとは?カロリーから飲み方まで解説ブラックコーヒーについて徹底解説します。ブラックコーヒーとは何かから得られる効果やメリット・デメリット、効果的な飲み方まで幅広くお伝えします。ダイエット効果が期待できるとされていますが、カロリーや成分をお伝えしながら、最後にはおすすめもご紹介! ...

カフェイン量が少ない深煎りのコーヒー豆を使う

カフェイン量が少ない深煎りのコーヒー豆を使うことをおすすめします。

コーヒーは焙煎が深ければ深いほど、カフェイン・クロロゲン酸が少なくなります。

そのため、朝にコーヒーを飲むことに抵抗がある方は深煎りのコーヒー豆を使うのが賢明です。

反対にカフェインで集中力を上げたい場合は、浅煎りのコーヒーがおすすめ。

おすすめの深煎りコーヒーは「【厳選】深煎りコーヒーの特徴とは?浅煎りとの違いからおすすめの豆まで」の記事をチェック!

焙煎度合いを理解して深煎りのコーヒーをもっと楽しもう!
【厳選】深煎りコーヒーの特徴とは?浅煎りとの違いからおすすめの豆まで深煎りの特徴について徹底解説していきます。コーヒーには深煎り・中煎り・浅煎りと煎りの段階がありますが、それらの違いをもとにおすすめの飲み方までお伝えします。最後にはおすすめのコーヒー豆もご紹介していくので、迷っている方は必見です! ...

心配ならば朝にカフェインレスコーヒーを飲もう

心配ならば朝にカフェインレスコーヒーを飲もう

いかがだったでしょうか?

朝にコーヒーを飲むのは注意が必要な理由と驚くべき効果、対処法まで解説しました。

今回の大切な部分をまとめると以下の通りです。

  • 朝にコーヒーを飲むなら起床から1時間後がおすすめ
  • 朝にコーヒーを飲むと血糖値が上がったり、リラックス効果が期待できる
  • バターコーヒーやモカコーヒーと組み合わせるのがおすすめ

また朝にコーヒーを飲むことについては、否定的な意見もあれば肯定的な意見もどちらもあります。

「どうしても心配だ…」という方は是非カフェインレスコーヒーで代用してみてください。

朝に飲むコーヒーをカフェインの入っていないカフェインレスコーヒーに切り替えることによって、朝にコーヒーを飲んでも問題がないはずです。

近年では美味しいカフェインレスコーヒーもあるので、是非試してみてはいかがでしょうか?

詳しく知りたい方は「【徹底比較】カフェインレスコーヒーのおすすめ人気ランキング13選」を参考にしてみてください。

10. オーガニックのカフェインレスコーヒー「マウントハーゲン オーガニックフェアトレード」
【徹底比較】カフェインレスコーヒーのおすすめ人気ランキング13選カフェインレスコーヒーのおすすめを11選ご紹介していきます。気になるカフェイン量やカフェインレスコーヒーの効果など基礎知識を踏まえつつ、おすすめの豆&粉をお伝えします。カルディやスタバ、タリーズなどの人気商品も解説するので是非参考にしてください。 ...
ABOUT ME
げんた
コーヒーをこよなく愛し続けて約8年。バリスタの経験を持ち、コーヒーソムリエの資格も保有。独自ブランドのコーヒー豆も販売中。YouTubeもやっています。このサイトでは毎日"香りから始まるひと時を。"をモットーに、コーヒー豆についての情報や皆様に役立つ情報をメディアを通して発信しています。いいなと思ったら是非、拡散よろしくお願い致します。
【リピート率96%】スリムコーヒーに変えて体作りをサポート

スリムコーヒーなかなかダイエットは習慣化しないですよね…。

そこでおすすめなのが、楽天ランキング4冠を受賞した「スリムコーヒー」。

日本一の焙煎士が監修しており、今SNSでも話題を博しています。

  • 82種の植物発酵エキス
  • 8種の厳選成分配合
  • 7種の美容成分

毎日の飲み物をスリムコーヒーに変えて体作りをサポートします!

置き換えダイエットで目指せ!マイナス10kg

特徴
送料無料全国どこでも送料無料
25%OFF2回目以降も25%OFF
サイクル変更可能自由にお届けサイクルを変更可能
いつでも解約できる自身があるからいつでも解約できる
価格¥1,980(初回半額

» 詳細ページ» 公式サイト

こちらの記事もおすすめ!