MENU
» 【数量・期間限定】専門家が選ぶおすすめコーヒー通販サイト!

【最新】フィリピン産コーヒー豆の特徴とは?農園からおすすめまでご紹介

フィリピン産のコーヒーの特徴ってどんなものがあるの?

インドネシア産はよく聞くけど、他のアジアの国の豆と比べておいしいのかな?

こういった疑問や要望にお答えしていきます。

日本と同じ島国で東南アジアに位置するフィリピンは、バナナのイメージが強いですが、コーヒーの生産国としても有名なのを知っていましたか?

そこで今回は、そんなフィリピン産コーヒー豆の味わいからおすすめの豆・粉まで幅広くご紹介していきます!

この記事の結論
  • フィリピンには希少価値の高いコーヒーの種類リベリカ種、エクセルサ種がある
  • フィリピンは現在は、コーヒーの生産量はあまり多くはないが、かつて生産量世界第4位のコーヒー大国だった
  • ブラウンシュガーやハチミツを入れて甘くして飲むのがフィリピン流
本記事を監修する専門家
コーヒー豆研究所 げんた
げんた

コーヒー豆研究所は、日本安全食料料理協会(JSFCA)認定のコーヒーソムリエ、げんた(@topcoffeelab)が監修しています。

当サイトのおすすめコーヒーはこちら
  1. 珈琲きゃろっと:世界で1台!自社開発の焙煎機で焙煎した「最高の品質・鮮度・焙煎」のコーヒー豆。今なら初回数量限定53%OFF!
  2. PostCoffeeサブスク大賞2020にて「優秀賞」を受賞!約30万通りの中から最適化された高品質なスペシャルティコーヒーが楽しめる!
  3. チャンバーコーヒー:焙煎後の一番美味しい状態でお届け!プロのコーヒー鑑定士からも高評価。会員満足度驚異の94.8%を獲得!

さらに詳しく知りたい方は「【決定版】コーヒー豆の通販おすすめ人気ランキング17選!専門家が厳選」をチェック!

タップできる目次

フィリピン産コーヒー豆の特徴

フィリピン産コーヒー豆の特徴

フィリピンで生産しているコーヒー豆の種類はアラビカ種、ロブスタ種、リベリカ種、エクセルサ種いろいろありますが、その中でもロブスタ種が90%以上を占めます。

ロブスタ種はにドリップよりもインスタントコーヒーに使われることが多いです。

一方、リベリカ種は全世界のコーヒー豆の流通量の1%に満たない希少性のある種類です。

より詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
アラビカ種とロブスタ種の違いとは?コーヒー豆の品種の特徴を解説 アラビカ種とロブスタ種の違いは何があるの? コーヒー豆全体の品種が知りたい! こういった疑問や要望にお答えしていきます。 この記事から分かること コーヒー豆の3大...

さらにフィリピン産コーヒー豆の特徴と精製方法をみていきましょう。

味わい

ロブスタ種の特徴は、雑味と苦味、渋みが伴い、野趣溢れた味です。

アラビカ種は、スッキリとして口当たりがマイルドで、ナッツ系の香りとほのかに甘みがあるのが特徴です。

リベリカ種は苦味が強く、酸味が弱いのが特徴です。ロブスタ種に近い印象です。

リベリカ種の変異種エクセルサ種は、リベリカ種に似てますが、少し酸味があり、フルーティーな香りが特徴的です。

主な精製方法

主な精製方法は以下3パターンです。

  • ナチュラル
  • ウォッシュド
  • セミウォッシュド

詳しい精製方法については以下の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
【専門家が解説】コーヒー豆のウォッシュドとは?特徴やおすすめもご紹介 ウォッシュドコーヒーはどんな味わい? ウォッシュドコーヒーの他にどのような精製方法がある? こういった疑問にお答えします。 コーヒー好きなら1度は聞いたことがあ...
あわせて読みたい
コーヒー豆のナチュラルとは?運命が分かれる3つの処理方法をご紹介 コーヒー豆のナチュラルってどんな意味があるの? コーヒー豆の処理方法について知りたい! こういった疑問や要望にお答えしていきます。 この記事から分かること コー...

また伝杵と臼を使用した果肉除去などをして伝統的な精製方法の農家も多いようです。

フィリピンコーヒーの歴史・文化

フィリピンコーヒーの歴史・文化

フィリピンのコーヒー生産は、1740年にはスペインのコーヒー移入によって開始されました。

コーヒー生産で競合するブラジル、アフリカ、インドネシアなどが1887年から1889年に大規模なコヒーのさび病の蔓延により生産量を落とす中、フィリピンは一時世界第4位の生産量となりました。

しかし、1889年にさび病がフィリピンでも蔓延し、生産量が急激に減ります。

そして、1900年に入るとアメリカの植民地になります。

1950年代にアメリカ人らのサポートによって、フィリピン政府は耐久性のあるコーヒー品種を導入しました。

現在は小規模に生産を続けています。ロブスタ種の生産が多いため、インスタントして利用されることが多いです。

また、2017年にフィリピン政府は「フィリピン・コーヒー・ロードマップ」を策定し、コーヒー産出量を5年で7倍に増やす計画を実行しています。

アラミドコーヒーやバラココーヒーで有名

フィリピンでは世界的にも珍しい独自のコーヒーが存在します。

少しギョッとしたりするかもしれませんが、フィリピンを代表する2つのコーヒーを紹介します。

糞からできるコーヒー

ジャコウネコ

アラミドコーヒーは、シベットと呼ばれるジャコウネコの糞から取り出したコーヒー豆を使ったコーヒーです。

ジャコウネコにコーヒー豆を食べさせて、その糞からコーヒー豆を取り出すので、高級コーヒーとして認められています。

一般的に同じくジャコウネコの糞からつくれられるコーヒーとしてインドネシアのコピルアクが知られてますが、コピルアクはコーヒーが単一の種類であるのに対して、アラミドはブレンドされてます。

コーヒー専門家

しっかり洗浄しているのでもちろん清潔ですよ

コピルアクについては以下記事をチェック!

あわせて読みたい
高価な値段のコピ・ルアクとは?味の特徴からおすすめの豆までご紹介 コーヒー豆のコピ・ルアクってどんなものなのかな…? コーヒー豆のコピ・ルアクは実際なんで高いの? こういった疑問や要望にお答えしていきます。 この記事から分かる...

世界で流通しているコーヒー豆の1%未満の幻のコーヒー

バラココーヒーは、世界で流通しているコーヒー豆の1%しかない生産量で希少価値が高いコーヒー豆で、「幻のコーヒー」と言われることもあります。

また世界であまり栽培されていないリベリカ種であることが特徴です。

バラコは強いという意味で、味わいは名前のごとくコクや味が強いのが特徴で、酸味や甘味はあまりなく、東南アジアらしい風味です。

フィリピン産コーヒー豆の生産状況

フィリピン産コーヒー豆の生産状況

フィリピンでは年間のコーヒー豆の生産高は25,000tから30,000tの間を推移しています。

しかし、この数字では国内のコーヒー消費量に及ばず、フィリピン政府は「フィリピン・コーヒー・ロードマップ」を策定して、生産を増やす計画をしています。

コーヒーの生産国ランキングが知りたい方は以下の記事をチェック!

あわせて読みたい
【決定版】コーヒーの生産国ランキング!それぞれの特徴を徹底比較 コーヒーの生産国ってどこが1番多いの? 生産国のコーヒーの違いや特徴も知りたい! こういった疑問や要望にお答えしていきます。 この記事から分かること コーヒーの生...

フィリピン産コーヒー豆の栽培方法

フィリピン産コーヒー豆の栽培方法

ユニークな味わいを生むフィリピン産のコーヒーの主な生産地や栽培品種、栽培環境についても詳しくみていきましょう!

産地

フィリピンにおけるコーヒー生産の主な生産地は以下の通りです。

  • バダンガス地方(ルソン島)
  • コーディリエラ地方(ルソン島)
  • ミンダナオ島

ルソン島の北部コーディリエラ地方は近年、コーヒー生産の開発が進んでいるエリアです。

標高は800~2000m近くまでと幅広く、アップダウンの激しい山岳地帯で、平らな土地は少ないです。

そのため何を栽培するにも斜面を利用して栽培されており、コーヒーも急斜面に植えられています。

この地方ではアラビカ種が主に栽培されています。

また、どの地域も大規模にコーヒーを展開している農家は少なく、小農家さんで構成されています。

栽培環境

コーヒーベルトのちょうど真ん中に位置するフィリピン。

フィリピンは火山で出来た島のため肥沃な土壌が広がっています。

そして、気候、雨量、そしてコーヒーベルトに位置しており、コーヒー栽培に最適なエリアです。

また台風もあまり来ないために台風被害が来ないことで安定供給できるポイントがあります。

あわせて読みたい
【最新】コーヒーベルトに該当するエリアは?地図上で学ぶ世界のコーヒー コーヒーベルトは具体的にどのエリアなんだろう? コーヒーベルトに属している国々に共通する特徴ってあるのかな? コーヒーベルトってどんな意味があるのか、そして美...

フィリピン産コーヒー豆の等級・格付け

フィリピン産コーヒー豆の等級・格付け

現在、世界的に明確な等級や格付けはないようです。

しかし、フィリピンではコーヒーを販売する市場に対する世界的な認識を国内で高めています。

さらにフィリピンコーヒー委員会を強化して、国内および世界市場におけるフィリピンコーヒーの販促活動を展開してます

フィリピンコーヒー品質コンペティションが代表的なもので、カッピング中心にスコア化されて競い合います。

※カッピングとは、いわゆる味の評価を確かめること

フィリピン産コーヒー豆・粉のおすすめ3選

フィリピン産コーヒー豆・粉のおすすめ3選

ここではフィリピン産コーヒー豆・粉のおすすめを3選ご紹介していきます。

まとめると以下のとおりです。

  1. エクーア シベットコーヒー豆
  2. シサム工房 フィリピン産 フェアトレード コーヒー
  3. エクーア バラココーヒー

1. 【高級】フィリピン産のジャコウネココーヒー(コピルアク)「エクーア シベットコーヒー 豆」

エクーア シベットコーヒー 豆

奇跡とも言える独特の風味と香りを堪能することができます。

高級品なので、贈答用としても喜ばれるコーヒーです。

農園では自然農法にこだわっており、コーヒーの育成にも取り組んでいます。

また食品安全に関する国際認証である「FSSC22000」を取得しており、生豆からロースト、パッキングまで安全に管理されています。

そのため、安心して本来のジャコウネココーヒーを楽しめます。

2. インスタントで簡単「シサム工房 フィリピン産 フェアトレード コーヒー」

シサム工房 フィリピン産 フェアトレード コーヒー

フェアトレードで山に暮らす小規模農家を応援することができます。

すっきりとしていて、飲みやすいのが特徴です。

またビターチョコのようなまったりとした味わいで、飲みごたえも十分です。

深煎りに仕上がっているため、苦味とミルクの相性は抜群でしょう。

アイスコーヒーにもおすすめ。

げんた

京都府木津川市にある「中山珈琲焙煎所」にて丁寧に焙煎されたコーヒーです。

3. フィリピン産のリベリカ種コーヒー「エクーア バラココーヒー」

エクーア バラココーヒー

強いコクと苦味で、弱い酸味が特徴です。

酸味は弱いため、ゆっくりと飲める朝の目覚めに抜群の逸品。

リベリカ種を使用しているため、非常に希少なため、1つだけ購入して試してみるのもいいでしょう。

フィリピン産コーヒーのおすすめの飲み方

フィリピン産コーヒーのおすすめの飲み方

一番美味しい方法でフィリピンのコーヒーを味わいたいですよね。

ここではフィリピンのコーヒーの美味しい飲み方を解説していきます!

おすすめの焙煎

フィリピンのコーヒー豆の焙煎は、深煎りです。

特にアラビカは、深煎りがおすすめです。

独特のコクが引き立ちます。マンデリンに似たようなまろやかなコクを楽しめます。

深煎りコーヒーについては以下の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
【厳選】深煎りコーヒーの特徴とは?浅煎りとの違いからおすすめの豆まで 深煎りってどんな意味があるの?浅煎りや中煎りコーヒーとの違いも知りたい! 深煎りコーヒーのおすすめ豆が知りたい!深煎りコーヒーが気になる… こういった疑問や要望...
あわせて読みたい
【決定版】深煎りコーヒーのおすすめ13選!特徴や美味しい飲み方も紹介 深煎りってつまりどういうこと? 美味しい深煎りのコーヒー豆や飲み方が知りたい! こういった疑問や要望にお答えしていきます。 深煎りコーヒーという単語は聞いたこと...

おすすめの抽出方法・淹れ方

バラココーヒーは、ペーパードリップやフレンチプレスで淹れることが多いです。

特に、ブラウンシュガーやハチミツをたくさん入れて飲むのがフィリピン式です。

一方アラミドコーヒーは、ペーパーフィルターより金属フィルターがおすすめです。

ペーパーフィルターの場合、独特のコクの成分が含まれるコーヒーオイルは濾過されません。

金属フィルターを使用することでしっかりコクのあるコーヒーを堪能できます。

フィリピンのコーヒーから世界を知ろう!

フィリピンのコーヒーから世界を知ろう!

いかがでしたでしょうか?

フィリピン産コーヒー豆について、糞からとれるコーヒーからフェアトレードまで完全解説しました。

本記事で重要なことをまとめると以下の通りです。

  • フィリピン産のコーヒー豆は、希少価値の高いコーヒーの種類リベリカ種、エクセルサ種がある
  • コーヒーの生産量はあまり多くはないが、かつて生産量世界第4位のコーヒー大国だった
  • ブラウンシュガーやハチミツを入れて甘くして飲むのがフィリピン流

フィリピンのコーヒー文化は発展途上ではありますが、既に多種多様なユニークな逸品が目白押しです。

ご自身で楽しむのももちろんですが、贈答用として喜ばれるのがフィリピン産コーヒーです。

またおすすめのコーヒーをまとめます。

  • ジャコウネコの糞からできるアラミドコーヒー
  • 世界で流通しているコーヒー豆の1%未満の種類のリベリカ種を使用したバラココーヒー
  • 山奥でコーヒー生産を頑張っている小規模農家を応援するフェアトレードコーヒー

お好きなフィリピン産コーヒーをぜひ味わってみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
【概念が変わる?!】数々のグランプリを獲得した世界が認めるコーヒー
珈琲きゃろっと サイドバー
内容量200g×2銘柄
価格今だけ¥1,980(送料無料)※返金保証付き
コスパ 5.0
鮮度 5.0
飲みやすさ 4.5
おすすめ度 5.0

正直、コーヒーは種類がありすぎて迷ってしまいますよね。

そんな方には当サイトで一番人気の「珈琲きゃろっと」を強くおすすめします。

数々の賞を獲得し、味の美味しさはお墨付き。

スペシャルティコーヒーという世界的にも希少な高品質のコーヒー豆を使用。

際立つ香り高い風味と、後味が甘いのが特徴的。

今なら初回数量限定で、53%OFFのコーヒー豆お試しセットが楽しめます。

市販では味わえないような美味しさなので、通販で買うのがおすすめ。

コク
深い
あっさり
甘み
強い
弱い
酸味
強い
弱い
苦味
強い
弱い
香り
強い
弱い

\ 今だけ初回限定53%OFF /

この記事を書いた人

星屑珈琲のアバター 星屑珈琲 コーヒー豆研究所専属ライター

本とコーヒーが好きなコーヒー豆研究所の公式ライター。

缶コーヒーが家族ぐるみで好きという原体験から将来、カフェ起業したいという夢を持ち、大手飲料メーカーに就職。しかし、自分自身がダイレクトにコーヒーの開発やマーケティングに携わることはできない実情があったため、退職。

その後、都内でおいしいコーヒーが無料で飲めるコワーキングスペースを開始。提供方法はデロンギマシーンで、バランスの良いブラジル豆を提供。自分で焙煎したコーヒーをハンドドリップして、お客様に提供する体験は格別です。

しばらくし、都会から地方へ移住。小さな会社を細々経営し、キッチンカー運営のサポートと、自分好みの最高の味を求め、手網中心で自家焙煎を開始。

習慣としてコーヒーを飲まない日はありません。夢は小さな牧場が併設されたカフェを開くこと。

目次
トップへ
タップできる目次
閉じる