MENU
» 【数量・期間限定】専門家が選ぶおすすめコーヒー豆&粉!

【決定版】ルワンダコーヒーの特徴とは?農園からおすすめまでご紹介

ルワンダのコーヒーってどんな味なのかな。

ルワンダのおすすめコーヒー豆が知りたい!

こういった疑問にお答えしていきます。

ルワンダという名前はあまりなじみがないので、どんなコーヒーが作られているのか分からないという人もいるのではないでしょうか。

そこで本記事では、ルワンダコーヒーの特徴やおすすめのコーヒー豆までご紹介します!

この記事の結論
  • ルワンダのコーヒーは、フルーティな味とフレーバーが特徴
  • ルワンダは国土全体でコーヒーが栽培されている
  • 最もおすすめのルワンダコーヒーは「横浜元町珈琲 ルワンダ 北部州 ジャンジャ フレンチロースト」
本記事を監修する専門家
コーヒー豆研究所 げんた
げんた

コーヒー豆研究所は、日本安全食料料理協会(JSFCA)認定のコーヒーソムリエ、げんた(@topcoffeelab)が監修しています。

それでは早速見ていきましょう!

当サイトのおすすめコーヒーはこちら
  1. 珈琲きゃろっと:世界で1台!自社開発の焙煎機で焙煎した「最高の品質・鮮度・焙煎」のコーヒー豆。今なら初回数量限定53%OFF!
  2. ドイコーヒー会員数3万人を超える人気のリピート商品!質にこだわったコーヒーが魅力で、注文を受けてから焙煎するから超新鮮。
  3. BeansExpress:バランスのとれた飲みやすいブレンド!焙煎歴30年のベテラン焙煎士が1つ1つ丁寧に焙煎。ホットでもアイス美味しい!

さらに詳しく知りたい方は「【決定版】コーヒー豆の通販おすすめ人気ランキング14選!専門家が厳選」をチェック!

目次

そもそもルワンダとは?コーヒーの前に知っておこう

そもそもルワンダとは?コーヒーの前に知っておこう

ルワンダは東アフリカに属する内陸国です。

アフリカの中では比較的治安が良いと言われており、ドイツ・ベルギーの植民地時代を経て1962年に独立しました。

主要産業は農業でコーヒーやお茶の生産を行っており、特にコーヒーは輸出品目としても有名です。

鉱業も盛んで、内戦終結後は急速に経済成長を遂げ「アフリカの奇跡」と呼ばれています。

ルワンダコーヒーの特徴

ルワンダコーヒーの特徴

ルワンダではコーヒーが国の主要産業になっています。

輸出品目としても有名なルワンダコーヒーの特徴について調べてまとめました。

味・フレーバー

ルワンダのコーヒーは、飲みやすく爽やかな酸味が特徴的です。

まるで果物を思わせるようなフルーティーさがあるので、コーヒー独特の酸味が苦手だという人でも飲みやすい味わいになっています。

口当たりも滑らかで、かつ程良いコクがあるので物足りなさも感じさせません。

味と同様に甘くフルーティーなフレーバーを楽しむこともできます。

種類・銘柄

ルワンダコーヒーの主な銘柄は以下の通りです。

銘柄特徴
マラバマラバ地域で栽培されたコーヒー、品質によって出荷先が分かれる
キヌヌフルーティーな酸味が特に強い
ムヨンゲ最高級コーヒー豆で国内での評価が高い
ニャシルザ酸味の他にチョコレートのような甘い風味が感じられる

マラバは品質が高いものだとイギリスやアメリカに出荷されます。

マラバのコーヒー豆を作ってビールが醸造されることも。

キヌヌはルワンダコーヒーの特徴であるフルーティーな風味が特に強く、まるでオレンジを思わせるようなフレーバーが特徴的です。

ムヨンゲはスペシャルティコーヒーであり、国内で最高のコーヒー豆と評価されたことがあるほど有名な銘柄です。

ニャシルザは酸味だけでなく甘みもしっかり感じられるので、より親しみやすい味わいになっています。

等級(ランク)

ルワンダコーヒーは以下の5つの品種に分けられます。

  1. Super Specialty
  2. Specialty
  3. G1
  4. G2
  5. G3

ランク分けの基準は、コーヒーを実際に淹れて味わうことで品質を定めるカッピングテストと欠点豆の数です。

Super Specialtyが1番品質が高く、G3が1番品質が低くなっています。

コーヒー専門家

フルーティーな酸味が好きな人にはたまらないかもね。

ルワンダコーヒーの歴史

ルワンダコーヒーの歴史

ルワンダコーヒーが最初に栽培されたのは20世紀初頭で、ドイツの植民地時代のことでした。

ドイツ人がルワンダにコーヒーノキを持ち込み、1930年には国をあげてコーヒー栽培を発展させることに力を入れます。

内戦でコーヒー栽培ができない時代を乗り越え、現在はスペシャルティコーヒーなど世界が認める品質のコーヒーを栽培できる水準にまで成長しました。

2008年にはアフリカで初のカップオフエクセレンス開催国になるなど、名実ともにコーヒー生産国として認知されています。

ルワンダのコーヒー農園

ルワンダは国土全体を使ってコーヒーが栽培されています。

多くの山々が連なっているルワンダは標高の高い地域が多く、栄養豊富な火山灰土が広がっていることからコーヒー栽培にとても適している環境なのです。

北部・東部・西部・南部の州に分かれてコーヒー農園が広がっています。

女性もコーヒー栽培に携わっており、大半が小規模農園なので無農薬・手作業が一般的です。

ルワンダコーヒーがおすすめな人・そうでない人

ルワンダコーヒーがおすすめな人・そうでない人

ルワンダコーヒーは以下のような人におすすめです。

  • 爽やかな酸味のあるコーヒーが好きな人
  • 飲みやすいコーヒーを求めている人
  • 味・フレーバー共にフルーティーなものを好む人

ルワンダコーヒーにはチェリーやオレンジといった風味が特徴的です。

爽やかな酸味を求めている人はぜひ飲んでみてください。

酸味は主張しますがフルーティーなものなので、とても飲みやすくまろやかな口当たりのコーヒーです。

苦味が苦手な人はもちろん、コーヒー独特の酸味が苦手な人にも試してほしい味わいです。

味だけでなく香りもフルーティーなので、フレーバーを楽しみたいという人にもおすすめします。

特徴が強いコーヒーを試したい方は向かない

反対に、以下のような人にはあまりおすすめできません。

  • 苦味の強いコーヒーが好きな人
  • 果物系の味わいが苦手な人

ルワンダのコーヒーは酸味が目立つので、苦いコーヒーが好きだという人だと少し物足りなく感じるかもしれません。

そして、そのフルーティーな味・フレーバーに苦手意識があると美味しく飲めないでしょう。

ルワンダコーヒーと似ているコーヒー

イエメンエチオピアが代表的な生産地としてあげられるモカは、苦味が少なくフルーティーな味わいが特徴的です。

そのため、モカはルワンダコーヒーと似ているコーヒーといっても過言ではありません。

モカの方がより甘味やコクが強い傾向があります。

また、アフリカで生産されるコーヒー豆はフルーティーなものが多いので、総じてルワンダコーヒーと似ていると言えます。

モカについては「【決定版】モカとは?種類の違いからおすすめのモカコーヒーもご紹介」の記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい
【決定版】モカとは?種類の違いからおすすめのモカコーヒーもご紹介 モカって言葉は聞いたことがあるけど、どんな特徴があるの? モカコーヒーのおすすめが知りたい!どんなメーカーがあるの? こういった疑問にお答えしていきます。 この...

おすすめのルワンダコーヒー3選!通販でも買える

おすすめのルワンダコーヒー3選!通販でも買える

おすすめのルワンダコーヒーは3つあります。

まとめると以下の通りです。

  1. 横浜元町珈琲 ルワンダ 北部州 ジャンジャ フレンチロースト
  2. 成田珈琲 ルワンダ ルリンド コカツ キニニAA
  3. bears coffee コーヒー豆ルワンダ ブルボン

それぞれの特徴を順番に解説します。

1. 高品質なスペシャルティコーヒー「横浜元町珈琲 ルワンダ 北部州 ジャンジャ フレンチロースト」

1. 高品質なスペシャルティコーヒー「横浜元町珈琲 ルワンダ 北部州 ジャンジャ フレンチロースト」
出典:楽天市場

ルワンダの北部州ガケンケ群で作られたジャンジャ フレンチローストは高品質なコーヒー豆としてルワンダのみならず外国からも評価が高いです。

土壌環境と冷涼かつ多湿な気候を活かして作られたコーヒー豆は、ルワンダコーヒーの長所が全て詰まっています。

フレンチローストなのにも関わらず苦味が控えめでルワンダコーヒー独特の酸味が感じられるので、ぜひ味わってみてはいかがでしょうか。

商品詳細

ルワンダ 北部州 ジャンジャ フレンチロースト
名称 ルワンダ 北部州 ジャンジャ フレンチロースト
販売元横浜元町珈琲
容量100g/200/500g/800g
価格810円/1,512円/3,780円/6,048円
焙煎フレンチロースト
豆の状態生豆/極細挽き/細挽き/中細挽き/粗挽き

2. 2,000m以上の標高で栽培された「成田珈琲 ルワンダ ルリンド コカツ キニニAA」

2. 2,000m以上の標高で栽培された「成田珈琲 ルワンダ ルリンド コカツ キニニAA」
出典:楽天市場

ルワンダの北部・ルリンド地区で剤倍されたキニニ種のコーヒー豆です。

標高2,000m以上という高地の豊かな土壌で栽培され、品質の高いコーヒー豆をキニニ水洗工場で丁寧に加工することで初年度からかなり高い評価を受けたというエピソードがあります。

リンゴや紅茶を思わせるようなフレーバーとすっきりした酸味を堪能してください。

商品詳細

ルワンダ ルリンド コカツ キニニAA
名称ルワンダ ルリンド コカツ キニニAA
販売元成田珈琲
容量100g/250g/500g/1kg
価格626円/1,566円/3,132円/6,264円
焙煎浅煎り
豆の状態生豆/粉

3. 独自の品質管理と直火焙煎「bears coffee コーヒー豆ルワンダ ブルボン」

3. 独自の品質管理と直火焙煎「bears coffee コーヒー豆ルワンダ ブルボン」
出典:Amazon

2004年には「最も優れている東アフリカのアラビカ種」として評価されたbears coffeeのコーヒー豆ルワンダ ブルボン

コーパック農園で作られた100%ブルボン種のコーヒー豆を使い、完熟した実のみを選別して水洗工程に移ります。

30年以上研究し続けたこだわりの直火焙煎によって煎られたコーヒー豆の風味は、他には真似できない格別の味わいです。

商品詳細

ルワンダコーヒー豆 ブルボン
名称ルワンダコーヒー豆 ブルボン
販売元bears coffee
容量100g/300g/1kg/3kg
価格850円/1,550円/4,500円/11,000円
焙煎中煎り
豆の状態生豆/細挽き/中挽き/粗挽き

ルワンダコーヒーの美味しい飲み方

ルワンダコーヒーの美味しい飲み方

ルワンダコーヒーはその酸味が特徴的です。

浅煎りにしてよりその酸味を味わうのも良いですし、中煎りでよりバランスの取れた飲みやすい味わいにするのもおすすめです。

風味を最大限引き出すためにペーパードリップで時間をかけて淹れてください。

そのためにも、コーヒー豆の挽き方はペーパードリップに適した中細挽きにしましょう。

げんた

ルワンダコーヒーを美味しく淹れて、ゆっくり味わいましょう!

あわせて読みたい
【最新】浅煎りコーヒーの特徴とは?美味しい淹れ方からおすすめまで紹介 浅煎りコーヒーってどんな特徴があるの?美味しいのかな? 浅煎りと深煎りコーヒーの違いって何?美味しいコーヒーが飲みたい! こういった疑問にお答えしていきます。 ...
あわせて読みたい
中煎りコーヒーの特徴とは?おすすめの中煎りコーヒーもご紹介 中煎りコーヒーの特徴ってどんなものがあるの? おすすめの中煎りも気になる! 今回はこういった疑問にお答えしていきます。 この記事から分かること 中煎りコーヒーの...

ルワンダコーヒーについて知識を深めて実際に味わってみよう!

ルワンダコーヒーについて知識を深めて実際に味わってみよう!

いかがだったでしょうか?

ルワンダコーヒーの特徴について農園からおすすめまでご紹介しました!

本記事の内容で重要なことをまとめると以下のとおりです。

  • ルワンダのコーヒーの特徴は、フルーティな味とフレーバー
  • ルワンダは国土全体でコーヒー栽培が盛ん
  • おすすめのルワンダコーヒーは「横浜元町珈琲」や「成田珈琲」などがある

ぜひ今回の記事を参考にしながら、ルワンダコーヒーについて知識を深めて実際に味わってみよう!

よかったらシェアしてね!
目次
トップへ
目次
閉じる