MENU
» 【数量・期間限定】専門家が選ぶおすすめコーヒー通販サイト!

サードウェーブコーヒーとは?特徴からおすすめコーヒーまでご紹介

サードウェーブコーヒーって何?

通販で買えるサードウェーブコーヒーのおすすめを知りたい!

こういった疑問や要望にお答えしていきます。

せっかくコーヒーを飲むのなら、最新の流行で有名なコーヒーを飲みたいですよね。

この記事では、コーヒーの流行である「サードウェーブコーヒー」を徹底解説します!

さらに、通販で買えるおすすめのサードウェーブコーヒー3選もご紹介!

この記事の結論
  • サードウェーブコーヒーは、浅煎りで産地ごとの特徴を生かしたコーヒー
  • ファーストウェーブやセカンドウェーブのようにその時の時流がある
  • サードウェーブコーヒーを楽しむのなら「ブルーボトルコーヒー」がおすすめ
本記事を監修する専門家
コーヒー豆研究所 げんた
げんた

コーヒー豆研究所は、日本安全食料料理協会(JSFCA)認定のコーヒーソムリエ、げんた(@topcoffeelab)が監修しています。

それでは早速見ていきましょう。

当サイトのおすすめコーヒーはこちら
  1. :世界で1台!自社開発の焙煎機で焙煎した「最高の品質・鮮度・焙煎」のコーヒー豆。今なら初回数量限定53%OFF!
  2. サブスク大賞2020にて「優秀賞」を受賞!約30万通りの中から最適化された高品質なスペシャルティコーヒーが楽しめる!
  3. :焙煎後の一番美味しい状態でお届け!プロのコーヒー鑑定士からも高評価。会員満足度驚異の94.8%を獲得!

さらに詳しく知りたい方は「【決定版】コーヒー豆の通販おすすめ人気ランキング17選!専門家が厳選」をチェック!

タップできる目次

サードウェーブコーヒーとは?

サードウェーブコーヒーとは?

サードウェーブコーヒー(Third Wave Coffee)とは、コーヒー業界の流行の「第3の波」を表します。

コーヒー業界の新しい流行のことを指す「サードウェーブコーヒー」は、シングルオリジンであることや、浅煎りでさわやかな酸味であることが特徴です。

サードウェーブは2000年頃、アメリカを中心に始まったコーヒーの流行の波です。

3番目のコーヒーの流行以前は、ファーストウェーブとセカンドウェーブがあります。

次で、サードウェーブの意味を、それ以前のコーヒーの流行に触れながら解説します。

サードウェーブコーヒーの意味

サードウェーブコーヒーは、高品質なコーヒー豆を素材の味わいを生かすような浅煎りの焙煎で、ダイレクトトレードによって生産者の生活や社会にも、目を向けているコーヒーのことを指すことが多いです。

サードウェーブ以前の流行は、深煎りのコーヒーにフレーバーを加えたようなもので、スタバを中心としたシアトル系のコーヒーショップのコーヒーを指します。

シアトル系コーヒーについては「【決定版】シアトルコーヒーとは?特徴や発祥の経緯・おすすめまでご紹介」の記事をチェック!

あわせて読みたい
【決定版】シアトルコーヒーとは?特徴や発祥の経緯・おすすめまでご紹介 シアトルのコーヒーってどんなものなのかな。 シアトル系のコーヒーを実際に飲んでみたい! こういった疑問や要望にお答えしていきます。 シアトルコーヒーという名称は...

後ほど、ファーストウエーブとセカンドウェーブについて、より詳しく解説します。

サードウェーブコーヒーの特徴

サードウェーブコーヒーの特徴

サードウェーブコーヒーは、2000年頃からアメリカで流行し始め、今でも流行の中心にあるコーヒーの業界の流れです。

サードウェーブコーヒーの特徴をまとめると、以下のとおりです。

  • シングルオリジン
  • 浅煎り
  • ハンドドリップ
  • ダイレクトトレード

コーヒー生産地の農園から直接買い付け、浅煎りで素材の味わいを生かす焙煎をしているコーヒーロースターが多いです。

サードウェーブコーヒーは、高品質なコーヒーの味わいを生かす焙煎度合いで提供し、生産国へ正当な対価を払うことで、農園で働く人の生活を守ることに繋がっているのです。

シングルオリジン

シングルオリジンとは、農園ごとに管理されたコーヒーのことを言います。

シングルオリジンコーヒーはブレンドコーヒーとは異なり、農園ごとに管理されたコーヒーを農園ごとに味わいます。

例えば、パッケージに「ブラジル」とだけ書かれているのではなく、農園の名前、生産者の名前、品種、精製の方法まで書かれているものが多いです。

このように、今までよりもより細かい単位で管理されているコーヒーのことを、シングルオリジンコーヒーと言います。

浅煎り

セカンドウェーブのコーヒーは、深煎りのコーヒーが多かったのに対して、サードウェーブのコーヒーは浅煎りです。

浅煎りのコーヒーは豊かな酸味と、軽やかなコクが特徴です。

シングルオリジンで管理されたコーヒーを浅煎りに焙煎することで、コーヒー豆本来の素材の味わいを、ダイレクトに味わうことができます。

あわせて読みたい
【最新】浅煎りコーヒーの特徴とは?美味しい淹れ方からおすすめまで紹介 浅煎りコーヒーってどんな特徴があるの?美味しいのかな? 浅煎りと深煎りコーヒーの違いって何?美味しいコーヒーが飲みたい! こういった疑問や要望にお答えしていき...
あわせて読みたい
【決定版】浅煎りコーヒーのおすすめ13選!特徴や美味しい飲み方も紹介 おすすめの浅煎りコーヒーを知りたい! 浅煎りコーヒーは、中煎りや深煎りと何が違う? こういった疑問や要望にお答えしていきます。 コーヒーは浅煎りだと酸味が、深煎...

ハンドドリップ

サードウェーブコーヒーは、エスプレッソを使ったドリンクではなく、ドリップコーヒーをバリスタが1杯ずつ抽出する「ハンドドリップ」が主流です。

高品質なシングルオリジンのコーヒーを、バリスタが丁寧にハンドドリップして提供することで、抽出までこだわっているのです。

あわせて読みたい
【極みの一杯】ドリップコーヒーとは?その種類からいれ方からまで解説 ドリップコーヒーとは何ですか?美味しいんですか? ドリップコーヒーには、どんな種類があるんですか?美味しいドリップコーヒーの淹れ方を基本から教えてください! ...

ダイレクトトレード

ダイレクトトレードとは、コーヒー豆を輸入する時に中間業者を挟まずに、農園主や生産国の輸出業者から直接コーヒーを買い付けることを言います。

ダイレクトトレードのメリットは、生産者が中間業者に買い叩かれることを防げることです。

また、焙煎業者が農園や輸出業者と直接やりとりをすることで、品質の向上にも繋がります。

ダイレクトトレードについては「ダイレクトトレードとは?メリットやコーヒーが買えるサイトも紹介!」の記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい
ダイレクトトレードとは?メリットやコーヒーが買えるサイトも紹介! ダイレクトトレードって何なの? 普通のコーヒーとは何が違うの? こういった疑問や要望にお答えしていきます。 あなたはダイレクトトレードという言葉を聞いたことはあ...

サードウェーブコーヒーの楽しみ方

サードウェーブコーヒーの楽しみ方

コーヒー農園ごとに管理されているサードウェーブコーヒーを飲む際は、生産国のストーリーに触れながら味わいを楽しむのがおすすめです。

サードウェーブコーヒーのパッケージや商品説明は、生産国の詳細が語られていることが多く、コーヒー農園の様子や農園主のこだわりを知ることができます。

mio

コーヒーのストーリーや環境も深く知ることができます!

1つ1つの農園ごとのコーヒーの味わいを楽しむだけでなく、口にしているコーヒーがどのような場所で、どのような人に作られたのかを想像しながらコーヒーを飲むことで、コーヒーのサステナブルな未来に想いを馳せてみましょう。

サードウェーブコーヒー以前の流行とは?時代に分けて紹介

サードウェーブコーヒー以前の流行とは?時代に分けて紹介

サードウェーブはその名のとおり、3番目のコーヒーの流行です。

では、それ以前の1番目と2番目は、どのようなブームだったのでしょうか。

ファーストウェーブとセカンドウェーブの特徴をまとめると、以下のとおりです。

スクロールできます
ファーストウェーブセカンドウェーブ
年代1870年から1970年頃1970年から1990年頃
傾向大量生産・大量消費美味しさの追求
ブランドの例マックスウェルスターバックス

コーヒーを手軽に飲めるようになったのがファーストウェーブで、高品質なコーヒー豆とエスプレッソドリンクが、流行したのがセカンドウェーブです。

ファーストウェーブコーヒー

ファーストウェーブは、1870年から1970年頃のコーヒーの流行を指します。

ファーストウェーブ以前は、コーヒーは上流階級を中心に消費されていました。

しかし、流通の発達やインスタントコーヒーの開発によって、庶民にコーヒーが広く伝わったことで、コーヒーの大量生産・大量消費の時代となった頃、ファーストウェーブと呼びます。

味わいや品質よりも、安価なことが特徴です。

セカンドウェーブコーヒー

セカンドウェーブは、1970年から1990年頃のコーヒーの流行で、品質のこだわりとシアトル系の深煎りコーヒーが特徴です。

スターバックスが生まれたのもこの時代です。

また、エスプレッソにミルクやフレーバーを加えたり、アレンジコーヒーが生まれたりしたのも、この時代だと言われています。

ファーストウェーブに比べて深煎りで、味わいの良さを重視するようになったのがこの時代の特徴です。

通販で買えるおすすめサードウェーブコーヒー3選

通販で買えるおすすめサードウェーブコーヒー3選

産地ごとに管理され、コーヒー豆の特徴をダイレクトに味わうことができるサードウェーブコーヒーは、通販でも生産地の様子やストーリーを感じながら購入することができます。

ここでは、通販で購入できる、サードウェーブコーヒーを3つご紹介します。

まとめると以下のとおりです。

  1. ロクメイコーヒー エチオピア シダモ グジ ウォッシュド
  2. しげとし珈琲 ブラジル・マイルド
  3. タカムラコーヒー エチオピア アラカ ウォッシュド

早速、1つずつご紹介します。

1. 違いを感じたい方におすすめ「ロクメイコーヒー エチオピア シダモ グジ ウォッシュド 100g」

ロクメイコーヒー エチオピア シダモ グジ ウォッシュド 100g

ロクメイコーヒーとは、奈良に焙煎工場と店舗を持ち、スペシャルティコーヒーを専門に扱うコーヒーショップです。

「ウォッシュド」とは、たくさんの水で洗いながら精選されたコーヒーのことを言い、クリアな味わいです。

こちらのコーヒーは華やかな酸味と、ソフトな舌触りが特徴です。

こちらのコーヒーは現地の輸入業者と直接取引をし、ロクメイコーヒーが焙煎しています。

商品スペック

1. 違いを感じたい方に「ロクメイコーヒー エチオピア シダモ グジ ウォッシュド 100g」
価格1,333円(税込)
容量100g
焙煎度合い中浅煎り

2. 万人受けの風味「しげとし珈琲 ブラジル・マイルド200g」

2. 万人受けの風味「しげとし珈琲 ブラジル・マイルド200g」

しげとし珈琲は「感動コーヒー」をキャッチフレーズに、コーヒーの通信販売を行っています。

しげとし珈琲は、楽天のランキングの「コーヒー豆」部門で、何度も受賞している大人気のコーヒー店です。

ブラジルマイルドは、マイルドな酸味と苦みで、バランスが取れているのが特徴です。

こちらのブラジルマイルドは、適切な焙煎のために小型の焙煎機を用いて、毎日飲んでも飽きない味わいを追求して作られています。

商品スペック

2. 万人受けの風味「しげとし珈琲 ブラジル・マイルド200g」
価格1,080円(税込)
容量200g
焙煎度合い中煎り

3. クリーンな甘み「タカムラコーヒー エチオピア アラカ ウォッシュド 100g」

「タカムラコーヒー エチオピア アラカ ウォッシュド 100g」

タカムラコーヒーは「ワインを選ぶように、コーヒーを選ぼう」をキャッチフレーズに、スペシャルティコーヒーを扱うコーヒーロースターです。

そんなタカムラコーヒーが「エチオピア史上最強」と謳っているのが、こちらのコーヒーです。

エチオピアらしい華やかな香りだけでなく、レモネードのようなさわやかな香りと、甘みが特徴のコーヒーです。

商品スペック

3. クリーンな甘み「タカムラコーヒー エチオピア アラカ ウォッシュド 100g」
価格810円(税込)
容量100g
焙煎度合い浅煎り

サードウェーブの火付け役「ブルーボトルコーヒー」とは?

サードウェーブコーヒーとは?特徴からおすすめコーヒーまでご紹介

ブルーボトルコーヒーは2015年に日本へ上陸し、初出店の清澄白河店のオープン日には4時間待ちになり、注目を集めました。

そんなブルーボトルコーヒーはアメリカ発祥で、シングルオリジンのコーヒー豆を、バリスタが目の前でハンドドリップしてくれます。

ブルーボトルコーヒーの特徴を、まとめると以下のとおりです。

  • 洗練された店内の雰囲気と、ゆったりとくつろげる空間
  • 浅煎りのシングルオリジンコーヒー
  • ダイレクトトレードで仕入れた種類豊かなコーヒー豆
  • ハンドドリップによるコーヒーの抽出

ブルーボトルコーヒーは、店内の雰囲気や、コーヒー豆の品質の高さでサードウェーブを牽引し、今もなお大人気のショップです。

ブルーボトルコーヒーについてより詳しい知りたい方は以下の記事をチェック!

あわせて読みたい
【話題】ブルーボトルコーヒーとは?革新的な美味しさの秘密を完全解説 最近話題のブルーボトルコーヒーとは何か知ってる? ブルーボトルコーヒーのおすすめメニューやグッズを教えて下さい! こういった疑問や要望にお答えしていきます。 ブ...

サードウェーブコーヒーと言ったらブルーボトルコーヒー!おすすめコーヒー3選をご紹介

サードウェーブコーヒーと言ったらブルーボトルコーヒー!おすすめコーヒー3選をご紹介

2015年に、日本へ進出したブルーボトルコーヒーは、今では国内に24店舗も持つ人気カフェとなりました。

そんな大人気のブルーボトルコーヒーの店舗があるのは、現時点で関東と関西のみです。

遠方でもブルーボトルコーヒーを飲んでみたい方には、通販での購入がおすすめです。

ここでは、通販で購入できるおすすめの「ブルーボトルコーヒー」のコーヒー豆を3つご紹介します。

まとめると以下のとおりです。

  1. ベラ・ドノヴァン ブレンド コーヒー
  2. スリー・アフリカズ ブレンド コーヒー
  3. ブルーボトルコーヒー ボールド ブレンド

順番に解説します。

1. 初心者にはこれ「ベラ・ドノヴァン ブレンド コーヒー豆 200g」

ベラ・ドノヴァン

こちらのブレンドコーヒーは、ブルーボトルコーヒーで人気のコーヒー豆です。

エチオピアとグアテマラのコーヒーを中心にブレンドし、華やかな酸味と苦みのバランスが取れた味わいが特徴です。

ブルーボトルコーヒーを初めて試す方にもおすすめのコーヒーです。

商品スペック

1. 初心者にはこれ「ベラ・ドノヴァン ブレンド コーヒー豆 200g」
価格1,620円(税込)
容量200g
焙煎度合いバランス
ブレンド内容エチオピア、グアテマラ、他

2. ブレンドでバランスが良い「スリー・アフリカズ ブレンド コーヒー豆 200g」

スリー・アフリカズ ブレンド コーヒー豆 200g

3種類のアフリカ産コーヒー豆のブレンドコーヒー、スリーアフリカズブレンドは、程よいコクと飲みやすいクリーンな酸味が特徴です。

ベリーのような華やかで爽やかな酸味と、チョコレートのような風味が特徴のコーヒーです。

程よい苦みと香ばしい香りを楽しみたい方に、おすすめのコーヒーです。

商品スペック

2. ブレンドでバランス良く「スリー・アフリカズ ブレンド コーヒー豆 200g」
価格1,620円(税込)
容量200g
焙煎度合いバランス
ブレンド内容エチオピア、ウガンダ

3. シングルオリジンで素材の味を楽しめる「ブルーボトルコーヒー ボールド ブレンド」

ブルーボトルコーヒー ボールド ブレンド

こちらはグアテマラのコーヒー豆を基調とした、リッチで心地よいブレンドコーヒーです。

深めのローストによって、ココアやキャラメルのようなフレーバーを引き出してくれています。

ほかにもチョコレート、ヘーゼルナッツ、マシュマロといったフレーバーも感じられます。

日差しが爽やかな朝や、雨が降り続ける昼下がりでも優雅に味わえるコーヒーでしょう。

コーヒー豆はオーガニック認証を受けたものを使用

げんた

グアテマラはもともとリッチな味わいが特徴だけど、ボールドブレンドはそれを超えてくるね!

商品スペック

3. シングルオリジンで素材の味を楽しめる「エチオピア・アガロ・ナノ・チャラ コーヒー豆 200g」
価格¥1,458(税込)
容量200g
焙煎度合い深煎り

よりおすすめのブルーボトルコーヒーの商品が知りたい方は、以下の記事をチェック!

あわせて読みたい
ブルーボトルコーヒーのおすすめメニュー&グッズ11選!店舗も紹介 ブルーボトルコーヒーのおすすめメニューが知りたい! それだけでなく、おすすめグッズも教えてほしい! こういった疑問や要望にお答えしていきます。 ブルーボトルコー...

サードウェーブコーヒーを飲むのにおすすめのボトル2選

サードウェーブコーヒーを飲むのにおすすめのボトル2選

自宅で過ごす時間が増えた現代だからこそ、ワンランク上のサードウェーブコーヒーで、おうち時間を充実させたいと考えている方は、少なくないのではないでしょうか。

そんな方はぜひ、コーヒーだけでなくコーヒーボトルにもこだわるのがおすすめです。

コーヒーボトルでコーヒーを飲むメリットは、以下のとおりです。

  • 飲み頃の温度をキープできる
  • ボトルの匂い移りを防げる

サードウェーブコーヒーを飲むのに、おすすめのボトルをまとめると以下のとおりです。

  1. シービージャパン カフア
  2. アイリスオーヤマ タンブラー カフェデイズ

1. サードウェーブコーヒーのために作られたボトル「シービージャパン カフア」

1. サードウェーブコーヒーのために作られたボトル「シービージャパン カフア」

カフアは、コーヒーを飲むために作られた「コーヒー専用」のボトルです。

カフアの最大の特徴は、内側のテフロン加工で匂い移りしづらいことです。

前回に入れた飲み物の匂いがボトルに残っていた、なんてことを防ぐことができるのです。

密閉できるボトルなので、自宅でコーヒーを飲むときだけでなく、持ち運びたい時にもおすすめです。

商品スペック

価格1,800円(税込)
容量420ml
材質ステンレス鋼

2. 二重構造で保温も保冷もできる「アイリスオーヤマ タンブラー カフェデイズ」

アイリスオーヤマ タンブラー カフェデイズ

アイリスオーヤマのカフェデイズは、おしゃれなデザインとコスパの良さが特徴です。

リッドの形のフタが付属しており、オフィスやカフェへの持ち込みにぴったりなデザインです。

350mlのタイプは1,680円と、抜群のコスパでおすすめです!

商品スペック

スクロールできます
価格1,631円(税込)
容量350ml
材質本体:ステンレス鋼(クロム18%、ニッケル8%、外側粉体塗装)
ふた:ポリプロピレン
パッキン:シリコーン、エラストマー

おすすめのタンブラーについては以下の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
コーヒータンブラーのおすすめ10選!おしゃれで機能的なものを紹介 おすすめのコーヒータンブラーが知りたい! プレゼントとしておしゃれで機能的なタンブラーはないの? こういった疑問や要望にお答えしていきます。 職場や学校などにコ...

サードウェーブコーヒーでコーヒーの流行を楽しもう

サードウェーブコーヒーでコーヒーの流行を楽しもう

いかがでしたでしょうか?

今回は、サードウェーブコーヒーについてご紹介しました。

今回の記事の内容をまとめると、以下のとおりです。

  • サードウェーブコーヒーは産地の農園ごとに管理されたコーヒーが多い
  • ブルーボトルではさわやかな酸味の、サードウェーブコーヒーを楽しむことができる
  • 通販でも高品質なサードウェーブコーヒーを手に入れることができる

流行のサードウェーブコーヒーで、産地ごとの味わいをダイレクトに感じてみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
【概念が変わる?!】数々のグランプリを獲得した世界が認めるコーヒー
珈琲きゃろっと サイドバー
内容量200g×2銘柄
価格今だけ¥1,980(送料無料)※返金保証付き
コスパ 5.0
鮮度 5.0
飲みやすさ 4.5
おすすめ度 5.0

正直、コーヒーは種類がありすぎて迷ってしまいますよね。

そんな方には当サイトで一番人気の「珈琲きゃろっと」を強くおすすめします。

数々の賞を獲得し、味の美味しさはお墨付き。

スペシャルティコーヒーという世界的にも希少な高品質のコーヒー豆を使用。

際立つ香り高い風味と、後味が甘いのが特徴的。

今なら初回数量限定で、53%OFFのコーヒー豆お試しセットが楽しめます。

市販では味わえないような美味しさなので、通販で買うのがおすすめ。

コク
深い
あっさり
甘み
強い
弱い
酸味
強い
弱い
苦味
強い
弱い
香り
強い
弱い

\ 今だけ初回限定53%OFF /

この記事を書いた人

mioのアバター mio 元スターバックス店員/コーヒーインストラクター

フリーランスWebライター。スターバックスで働いた経験から、カスタマイズや裏技をご紹介します。また、コーヒーインストラクター2級の資格の知識をいかして、皆様がもっとコーヒーを楽しめるような記事を書いていきます。

目次
トップへ
タップできる目次
閉じる