MENU
» 【数量・期間限定】専門家が選ぶおすすめコーヒー豆&粉!

リストレットとは?気になる味の特徴から美味しい作り方までご紹介

リストレットってどんな飲み物?

リストレットとエスプレッソの違いを教えてください!

こういった疑問にお答えします。

あなたはリストレットの味の特徴や作り方をご存じですか?

本記事ではリストレットを実際に味わって徹底解説。リストレットについて知りたい方は必見の情報です!

この記事の結論
  • リストレットとは強めのエスプレッソ
  • リストレットはエスプレッソより水の量が少なく抽出時間が短い
  • リストレットの味はエスプレッソより濃く、酸味や苦み、渋みは控えめ
  • エスプレッソマシンの水の量を半分にするとリストレットが作れる
  • 多くのカフェで店員に頼めばリストレットに変更が可能
本記事を監修する専門家
コーヒー豆研究所 げんた
げんた

コーヒー豆研究所は、日本安全食料料理協会(JSFCA)認定のコーヒーソムリエ、げんた(@topcoffeelab)が監修しています。

では早速見ていきましょう。

当サイトのおすすめコーヒーはこちら
  1. 珈琲きゃろっと:世界で1台!自社開発の焙煎機で焙煎した「最高の品質・鮮度・焙煎」のコーヒー豆。今なら初回数量限定53%OFF!
  2. ドイコーヒー会員数3万人を超える人気のリピート商品!質にこだわったコーヒーが魅力で、注文を受けてから焙煎するから超新鮮。
  3. BeansExpress:バランスのとれた飲みやすいブレンド!焙煎歴30年のベテラン焙煎士が1つ1つ丁寧に焙煎。ホットでもアイス美味しい!

さらに詳しく知りたい方は「【決定版】コーヒー豆の通販おすすめ人気ランキング14選!専門家が厳選」をチェック!

目次

リストレットとは?

リストレットとは?

簡単にいうとリストレットとは、エスプレッソで抽出する過程の前半部分の飲み物。

エスプレッソの一般的な量のコーヒー豆を、半分の量の水で抽出します。

「濃いエスプレッソ」「強めのエスプレッソ」という言い方が近いですが、味わいはエスプレッソと同じではありません。

そもそもリストレット(ristretto)はイタリア語で「短い」「狭い」「制限付き」などという意味で、フランス語では「café serré」といいます。

逆にエスプレッソでお湯の量を増やしたものは、ルンゴと呼ばれます。

これはリストレットの反対を意味するイタリア語の「ルンゴ」(lungo)。

「長い」という意味で、英語では「long」(ロング)となります。

エスプレッソショットのカスタマイズタイプ

ルンゴはコーヒーの粉を通過する水の量がエスプレッソの2倍程度と多くなるため、強さは弱くなりますが、もっと苦くなります。

難しいことはさておいて、とにかくリストレットは「エスプレッソショットのカスタマイズ」と覚えておくといいでしょう。

エスプレッソ本場のイタリアではストレートのリストレットに砂糖を入れて飲む人が多いです。

イタリア流のエスプレッソについて詳しく知りたい方は「イタリア流エスプレッソとは?おすすめのマシンやコーヒー豆もご紹介」の記事もチェック!

あわせて読みたい
イタリア流エスプレッソとは?おすすめのマシンやコーヒー豆もご紹介 イタリア流エスプレッソって美味しいの?どんな特徴があるのかな? イタリア流で楽しむエスプレッソはどんなマシン・豆が必要なのかな? 今回はこういった疑問にお答え...

またエスプレッソ・ドッピオという飲み方もあり、リストレットとは反対に、エスプレッソを倍量にしたものになります。

つまり、エスプレッソコーヒー2杯分のコーヒー豆を使い、そのまま2杯分の量を抽出する方法です。

コーヒー専門家

2杯エスプレッソを頼むよりも、1つのコーヒーカップで倍の量を飲める方が手間も少ないし、ゆっくり味わえる気持ちになるね!

エスプレッソ・ドッピオについてより詳しい知りたい方は「エスプレッソ・ドッピオとは?飲み方からおすすめな人まで完全解説」の記事をチェック!

あわせて読みたい
エスプレッソ・ドッピオとは?飲み方からおすすめな人まで完全解説 エスプレッソ・ドッピオって何?どんな特徴があるの? エスプレッソ・ドッピオのおすすめの美味しい飲み方は? こういった疑問にお答えしていきます。 この記事の結論 ...

リストレット・エスプレッソ・ルンゴの比較

リストレットとエスプレッソ、ルンゴには明確な区別はないといわれています。

しかし、一般的には抽出された相対的な量は次のように説明されています。

名前リストレットを1:1とした場合抽出量
リストレット1:130ml
エスプレッソ1:260ml
ルンゴ1:3~490から120ml

リストレットと通常のエスプレッソとの違い

リストレットと通常のエスプレッソとの違い

リストレットと一般のエスプレッソと違うのは「量」と「味わい」。

コーヒー豆の量は一般のエスプレッソと同じですが、湯の量は半分です。

エスプレッソは、マシンのメーカーにより違いはありますが、コーヒー豆の量は7g~9g。

エスプレッソであれば湯の量は25ml~30mlくらいですが、リストレットの湯量は15〜20mlくらいと少なくなります。

しかもリストレットはエスプレッソの抽出過程の前半部分で終わるので、味わいが変わります。

エスプレッソの抽出過程において味が変化するという理由によります。

前半部分で抽出されたコーヒーの成分がリストレットの大半を占めますので、味がエスプレッソとは少し違うのです。

エスプレッソとは

エスプレッソ(espresso)とはイタリアが起源のコーヒー抽出法のひとつ。

専用のマシンを使って、深煎りで細挽きのコーヒー豆(一杯当たり約7g)に、高い圧力をかけてお湯で抽出する飲み物がエスプレッソです。

濃縮されているので一般のドリップコーヒーより量が少なく、非常にきめ細かい泡を含んだとろりとした感じの液体になります。

そのため濃厚な味になり、目が覚めるような強烈な味になります。

エスプレッソはイタリアやフランスなどでよく飲まれ、マグカップの大きさではなくデミタスカップで提供されます。

エスプレッソベースのドリンクを「リストレット」にカスタマイズして味の変化を楽しむことができます。

エスプレッソのことを詳しく知りたい方は「エスプレッソとは?おすすめのマシンから美味しい飲み方までご紹介」の記事もチェック!

あわせて読みたい
エスプレッソとは?おすすめのマシンから美味しい飲み方までご紹介 エスプレッソってよく聞くけど何かよくわからないな…。 エスプレッソを飲むためのおすすめのマシンが知りたい! こういった疑問にお答えしていきます。 この記事から分...

リストレットの味の特徴

リストレットの味の特徴

リストレットの味の特徴はエスプレッソより濃く、酸味や苦み、渋みは控えめ。

その理由は最初に抽出された濃い部分のみを使っていることによります。

苦くないのに濃度は濃いので、コーヒーのうま味とコク、果実味は感じられやすいです。

淹れたてをすぐに飲むとパンチが効いた味わいで、色を比べてみてもリストレットの方が濃い色。

砂糖やミルク、お湯で割るとノーマルなエスプレッソとの味の変化が楽しめます。

ストレートのリストレットは時間が経つと酸化が進んで、味や香りが変化するので淹れたてを数口飲んでみましょう。

海外では一般的にリストレットを含むエスプレッソにはブラウンシュガーなどの甘い砂糖をたっぷり入れてクイっと飲みます。

リストレットの美味しい作り方

リストレットの美味しい作り方

リストレットの美味しい作り方は簡単です。

エスプレッソマシンの水の量を半分にして抽出するだけ。

一般的なエスプレッソのコーヒー豆の量でOK。

もしもエスプレッソマシンのお湯の量がすでに設定されていたら、通常のプロセスでエスプレッソを抽出。

その後、エスプレッソの量が半分くらいでエスプレッソグラスを取り外します。

一方、水の量を増減できるエスプレッソマシンであれば、水を20mlまで減らします。

あなたがお持ちのエスプレッソマシンの機能により調整してください。

あわせて読みたい
【2021】直火式エスプレッソメーカーのおすすめ9選!使い方もご紹介 直火式のエスプレッソメーカーってどんなものがあるの?人気な商品が知りたい! 直火式エスプレッソメーカーの使い方を教えてほしい…。 今回はこういった疑問にお答えし...

エスプレッソの飲み方については「エスプレッソの飲み方とは?本場イタリアの楽しみ方もご紹介」の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
エスプレッソの飲み方とは?本場イタリアの楽しみ方もご紹介 エスプレッソの正しい飲み方ってどんなものがあるの?気になる…。 エスプレッソと言えばイタリアだけど、本場イタリアの楽しみ方は何かな? こういった疑問にお答えして...

多くのカフェでリストレットに変更できる

多くのカフェでリストレットに変更できる

リストレットの知識を知っていれば、今後あなたはカスタマイズにも活用できます。

エスプレッソベースであるカフェラテやカフェモカをリストレットにするように店員に頼んでみましょう。

苦みが控えめで濃度が濃い味わいのリストレットのカスタマイズが堪能できます。

いろいろ飲み比べて、楽しみましょう。

リストレットのカスタマイズ

リストレットをストレートで飲むのは、あまり一般的ではありません。

前述したように、海外でも砂糖を入れて飲むのが普通。

アメリカーノやロングブラックを作るために水で薄めたり、カフェラテやカプチーノのカスタマイズで店員にオーダーするとよいでしょう。

苦味が控えめのリストレットの味わいが強調されます。

アフォガードがおすすめ

たとえばリストレットの味わいをもっと体験したい方は、アフォガートはいかがでしょうか?

アフォガート(affogato)は、凍っているバニラ味のアイスクリームやジェラートにアツアツのコーヒーをかけて食べるイタリアのスイーツ。

そのかけるコーヒーをリストレットにカスタマイズしてみましょう。

抽出したてのリストレットと、ひんやりとしたアイスクリームとのコラボレーションで苦くて甘い絶妙な味わいが楽しめます。

アイスクリームが溶けていくプロセスとリストレットの出会いは特別な味。

あわせて読みたい
アフォガートとは?美味しい作り方・食べ方からおすすめまでご紹介 アフォガートって何?その意味が知りたいな…。 アフォガートの美味しい作り方やレシピが気になる! 今回はこういった疑問にお答えしていきます。 この記事から分かるこ...

エスプレッソベースのドリンクをリストレットに変更

一般的にエスプレッソがベースになっているドリンクには以下のようなものがあります。

そもそもエスプレッソとミルクは最高の組みあわせ。

したがってリストレットもミルク風味と相性がいいということになります。

ミルクと合わせるアイデアを基準にして、あなた好みのカスタマイズを研究するように探してください。

リストレットでより魅力的なコーヒーを楽しもう!

リストレットでより魅力的なコーヒーを楽しもう!

いかがだったでしょうか?

リストレットについて、気になる味の特徴から美味しい作り方までご紹介しました!

お伝えした重要なポイントは以下のとおりです。

  • リストレットとは通常のエスプレッソより抽出時間が短く濃厚な味わい
  • 味はエスプレッソより濃く、酸味や苦み、渋みは控えめ
  • リストレットの美味しい作り方はエスプレッソマシンの水の量を半分にして抽出する
  • 店員に頼めば多くのカフェでリストレットに変更が可能で、カフェラテなどのカスタマイズも可能

エスプレッソとは違う味わいのリストレットを飲んで、是非その魅力を堪能しましょう!

またエスプレッソで豆から挽きたいという方もいらっしゃるでしょう。

そこで人気でおすすめのエスプレッソ豆を「エスプレッソ豆のおすすめ人気ランキング9選!通販で買えて美味しい」の記事で詳しく解説しています。是非見てみて下さい。

あわせて読みたい
エスプレッソ豆のおすすめ人気ランキング9選!通販で買えて美味しい おすすめのエスプレッソ豆をランキング形式で知りたい! 通販で買えて手軽なエスプレッソ豆を教えてほしい…。 こういった疑問にお答えしていきます。 この記事から分か...
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる